昨日のデーモン閣下

NHK大相撲中継のゲストにデーモン小暮閣下がいらしていました。
不祥事の続くNHKもとうとう悪魔に魂を売ってしまったのです。
ああ、世も末です。

このデーモン閣下ですが、相撲の世界では
かなりのマニアであることが知られております。
「デーモン小暮のオールナイトニッポン」で育った世代としては
とうとうこの日が来たかと感涙を覚えずにはいられませぬ。
私は最後の1時間くらいしか見れなかったけどかなり面白かった。
大相撲を実況したくてNHKに入ったという岩佐アナと
元・大関の貴ノ浪というマッチングも良かった。
貴ノ浪の「青森出身の力士が・・・南部が、津軽が・・・」というのもグー。

ただ、ネットを検索してみると幕内の中継よりも
BSでやっていた幕下までの取り組みの方が面白かったらしい。
ちきしょー。見れば良かった。

それにしても、なつかしいなあ。オールナイトニッポン。
『ウィキペディア』で調べてみると、87年4月から90年5月にかけて
閣下は月曜の深夜をジャックしていたわけですよ。
前任者は中島みゆき(79年4月~87年3月)で
2部には辻仁成(87年10月~89年10月)や
寺内タケシ(現・日テレプロデューサー、89年10月~90年12月)なんて面々も。

閣下のラジオはどんなコーナーがあったっけ?と
引き続き『ウィキ』で調べてみるんだけど
実際こうしてみると覚えていないもんだなあと思う。

「夜霧の横綱審議会」
「あなたのお名前なんて~の」
「どうするどうなるベイブの近藤」
「パンストを脱がせたい女」
「みんな終わらせてやる 」

くらいかなあ。リストを見てピンときたのは。
ベイブの二階堂ちゃんがいきなり妊娠して
近藤ちゃんのほうが路頭に迷ったんだっけ。
パンスト・・・は、名物ディレクターの中山氏が
嫌な女の紹介する投稿を集めて
「天誅くらわしてやるー!」とか絶叫してたやつだよね。

ルーク参謀という絶妙の合いの手打ちもいたし。

いつぞやお盆か何かに渋滞情報を流したときに
交通情報センターの人に閣下が
「こういう真夜中に渋滞している人間をどう思う?」と聞いて
「ザマアミロですね」的な発言をしてしまい
あとで問題になったなんてこともございました。

そんな思い出に浸りながら
月曜日のお仕事はテキトーにやったふりをして過ごしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)