« 9월 2010 | Main | 11월 2010 »

ガイナーレ

J1とJ2のその下のカテゴリーになるJFLですが
ガイナーレ鳥取が早くも優勝を決めました。

課題となっている債務超過の解消が達成できれば
来年からめでたくJ2に舞台を移すことになるわけですね。
(なんとかなりそうらしい)
山陰地方から初のJチームが誕生するってわけですよ。
将来的に遠征の楽しみがもうひとつ増えるってことになりますな。
あ、来年はないよ。来年は。

このガイナーレ鳥取は鳥取教員団サッカー部が前身のチームで
SC鳥取という名前を経て、Jリーグを目指すために2007年から
ガイナーレ鳥取と名乗っております。
チーム名の由来は、あちらのほうの方言「おおきい」という意味の「がいな」と
イタリア語の「SPERARE(願う)」を合わせたものなのだそうです。
まあ、最初はなんじゃそれ!?って思いますが、そのうちに慣れます。

2年くらい前にすごいお金を使ったのに昇格に失敗してしまい
チーム存続そのものが危なくなったこともあったので
ここのところは身の丈経営でなおかつ昇格を目指すという方針だったそうです。

しかし、ガイナーレにはどんな選手がいるのさ??って話ですけど
実はかなり有名な選手が在籍していますよ。

まずは、岡野雅行。野人ですね。
日本が初めてワールドカップ出場を決めたとき、最後にゴールを決めたあの人。
記録を見るとそんな試合に出ているわけじゃないようですが
最後を締める役割みたいな感じっぽいです。

それと、服部年宏。ジュビロの黄金期を支えた人。
フランスと日韓のワールドカップに出ています。
こちらはフル出場でチームをがっちりまとめていたみたい。

ボンバーヘッドこと小村徳男は2年前、ガイナーレを最後に引退。
マリノス時代の大活躍を覚えている方も多いかも。

昨年はシュナイダー潤之介も在籍しておりましたな。現在は横浜FC。
明星中→明星高→明星大。きっとサッカー選手としては珍しいルートではなかろうか。

元・青赤戦士は鈴木健児(24歳)と小澤竜己(23歳)が在籍中。
どっちもここのところあまり試合に出ていないようだが・・・。
鈴木は東京でも試合に出ているのを見たことないから印象がないな~。
スタッフのミスで選手登録を抹消されてしまったということしか覚えてない。
小澤(オザワじゃなくてコザワ)はもっと活躍すると思ったんだけど。


何年か前、まだSC鳥取といっていた頃
Jリーグを目指したいけど、チームの拠点が米子市にあるのに
試合が開催できる規格に合ったスタジアムは鳥取市にしかなくて
それで色々と大変なのよっていう記事を読みました。
関東からすると鳥取県って一括りに考えがちですが
鳥取と米子って100キロくらい離れているから文化も別らしい。

100キロあると米子では盛り上がっていますっていっても
鳥取では他人事みたいな感じでしょうからね。
チームの認知を広げるのにかなり苦労したようです。

ちなみに鳥取市にあるのが、とりぎんバードスタジアム。
鳥取市営サッカー場の命名権を鳥取銀行が取得しました。

米子にある準本拠地は、どらドラパーク米子陸上競技場。
略称は、どらパー。略しすぎるとよくわからんぞ(笑)。
米子市にある丸京製菓って会社が東山運動公園全体のネーミングライツを取得して
当初は、どらやきドラマチックパークって名前にしていて
それをさらにわかりやすく変えたそうです。
行ってみたいなあ。どらパー。

現在、JFLの順位は
1 鳥取 71
2 町田 54
3 SAGAWA  54
4 Honda 51
5 松本 48
(以下略)

J2に昇格するための条件の一つに4位以内というのがあるのですが
2位の町田はこのまま4位以内でも設備が整っていないという理由で昇格不可。
3位・SAGAWA、4位・Hondaは昇格を目指さないチーム。

でも、その下の5位にいる松本山雅が実はJ入りを狙っています。
去年の天皇杯で浦和レッズに勝ったことで、名前が知れ渡ったチームでございますね。
4位までの差は勝点3。残り試合は5。行けるかもしれません。
ただ、残りのカードをみるとちょっと厳しい感じもするけど頑張ってほしい。
ゴールキーパーの石川扶は、東京のスピードスター・石川直宏の弟。

昇格すれば、遠征の楽しみがもうひとつ増えるってことになりますな。
あ、来年はないよ。来年は。
でも、アルウィンってスタジアムがいいらしいので興味はあります。


とりあえずはガイナーレ鳥取。
鳥取県出身の知り合いがひとりだけいるんですけど
この件に関してどうお感じになっているか知りたいような気もしますが
ちょっと疎遠になってますし、別に連絡を取りたいわけでもないので
まあ、いいです(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

FC東京マンスリーグッズ

「2010FC東京マンスリーグッズ第8弾として
“東京ドロンパら~めんどんぶり(ブロマイド付き)”を
10月3日(日)湘南ベルマーレ戦より販売いたします。
ぜひ、この機会にお買い求めください。」

Image911


Image912

これです。

□商品詳細
【価 格】1,890円(税込)
【サイズ】どんぶり:陶器、約18cm口径、ブロマイド:L版
【特記事項】付属する東京ドロンパのブロマイドのうち
100点が東京ドロンパの直筆サイン入りとなります。
直筆サイン入りブロマイドが当たるかは、開けてみてのお楽しみ!!

Image913

これですね。右下にドロンパのサインが入っています。
どんぶりですけど、私にはちょっと小さいかなあ。
これでお茶漬けとか食べようかしらね。

ああ、そういえば本日は珍しくタオルマフラーを忘れてしまいまして。
なくてもよかったんですけど、なんか新しいのが欲しくなっちゃったので
背番号17の数字が入ったものを買いました。
現在の17番は韓国代表にも選出されているキム・ヨングン(20歳)でございます。
彼の全所属チームは全州大学校。
全州といえば、なんといってもビビンバでございますね。
よし。東京ドロンパら~めんどんぶりっていう商品名だけど
石焼にしないバージョンのビビンバをこれで食べよう。そうしよう。


それと、本日は東京ヤクルトスワローズとFC東京のタイアップ試合でした。

Image910

スワローズマスコットの、つば九郎・つばみ・燕太郎が来ていました。
つば九郎が会場のスタッフにちょっかいを出していました。
燕太郎のアクロバチックな踊りが見事でした。

この日の会員限定お宝グッズ抽選会の賞品のひとつに
ナイトゲームで行なわれるヤクルトvs横浜の始球式が出来る権がありました。
魅力的な商品でしたが、野球観戦までは無理なスケジュールだったので断念。


いずれにせよ、たとえ相手が最下位のチームであっても勝つというのは嬉しいね。
ロスタイムに入って、ゴール裏から「眠らない街」が聞こえてきたときは
なんかジーンときた。泣いている人もけっこういたし・・・。
チームとしても11試合ぶりの勝ちですが、個人的にも勝ちゲームの観戦が
開幕戦(3月6日)とナビスコの予選(5月22日)以来という(笑)。

勝ったからいいけど、危ない場面もたくさんあった。
日本代表にも選出された権田のセーブが光りましたね。いや、ほんと。
ザッケローニさん。良かったら代表の試合でも使ってみてください。
とにもかくにも明日からは頑張ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 9월 2010 | Main | 11월 2010 »