« 8월 2010 | Main | 10월 2010 »

モヤモヤ晴れず

先週の土曜日、FC東京はアウェイ戦のジュビロ磐田に敗れたことにより
城福浩監督(通称:JFK)を解任いたしました・・・。

2008年は6位、2009年は5位という結果を残し
しかも、2009年はナビスコカップも制覇してくれたのですが
2010年はケガ人などの影響でチームは迷走。
9月18日現在で4勝9分10敗、降格圏内の16位に沈みました。

成績だけを考えると致し方ないという感じもするけど
JFKの目指していたサッカーは面白かったし
彼が説得したお陰で移籍をしなかった選手や、移籍をしてきた選手がいたわけなので
なんとも勿体無いという気持ちがかなり強いです。
ケガ人が少ない状態で、本来のポジションじゃない選手が出ない状態で
試合が出来ていたら少しは違ったのかなとも思うのですが
方向性は間違いないとシャムスカを引っ張って降格した大分の例もあるから
一概に何が正しいかったのかはわかりません。
今でも続けて欲しかったとは思いますけども。

ただ、解任を言い渡された朝のJFKの写真を見ると
顔色も悪くて目も虚ろっぽかったから、そう考えると休んでもらったほうがいいのかな。
またいつか東京で采配して欲しいですが、その前にどこかへ行ってしまいそう・・・。

新監督の大熊清氏はFC東京の前身・東京ガス出身で
旧JFLからJ2、J2からJ1へと昇格した時に監督をしていました。
98年だったかな~。東京ガスがJリーグを目指しますというイベントが
調布(だったと思う)で行なわれて、壇上の司会者さんが
「今日は大熊監督がいらっしゃっています」と客席を紹介したら
私の斜め前の人が、すくっと立って「大熊です」って挨拶してたっけ。
あの時は東京ガスを熱心に追っかけていたわけじゃないので
監督の顔なんて知らないから、ビックリしたのを覚えている(笑)
若かったし。当時まだ34歳くらいだったわけでしょ。

その後、記憶の新しいところでは南アフリカのワールドカップで
日本代表のコーチをしておりましたね。
凄いでかい声で指示を飛ばしていた方です。ご存知かしら。

9年ぶりの東京復帰。
前回のときは全員攻撃・全員守備のやり方が極端だったらしく
某有名選手から「部活サッカー」なんて揶揄されたりしたそうですけど
今のサッカーはフォワードも守備をするようになりましたから
時代が追いついてきたというかなんというかそんな感じでしょうかね。
ただ、私も原博実監督時代からの記憶はかなりあるのですけど
「部活サッカー」の頃はあまりよく覚えていないから
果たしてどんなサッカーをするのかまだはっきりはわかりませんね。


今朝は台風の影響で出かけるときは雨風強くて寒かったのですが
味の素スタジアムに到着すると見事な快晴。暑かったです。

Image920

本日は毎年開催されている「ブラジルフェスタ」でした。
このフェスタというと97年の川崎フロンターレ戦のトラウマがあるな~。
いまはドイツ2部リーグにいる鄭大世が大暴れして0-7という大惨事。
そんなことを思い出しながらブツブツ歩いていると

Image922

ドロンパも“心をひとつに”というハチマキで徘徊しておりました。

本日は特別にブラジル料理が売り出されるということでしたが
どえらい行列ができているものがありました。
それは、ローストチキン。おいしそうだけど、あんなに並んでいたら無理だわ。
私はそのような根性を持ち合わせいないので、比較的簡単に買えたものをゲット。

Image924

フェイジョアーダ。ブラジルの豆肉煮込みっていう感じでしょうか。

Image925

リングイッサ。ブラジル風生ソーセージ。
香辛料もたっぷりで、ゲップをするといつまでも風味が残るという・・・(爆)


Image928

それから今日は色々と必死でございましてね。
ゴール裏では青と赤の風船が配られまして、それで選手を鼓舞しようとしました。
風船をグルグル回しながら
♪オーレーオーレーオレ 東京が好き 女よりも仕事よりも東京
なんてやっておりましたら、試合開始の直前に
フェスタのイベントのひとつであるサンバの演奏がありまして・・・。
東京外国語大学のみなさまには若干のご迷惑をお掛けしたような気も・・・。
でも、うまい感じでコラボっぽくなった感じがしないでもない。
まあ、それは当事者じゃないとどう感じるかわからないけど。

Image931

ハーフタイムに行なわれた国際基督教大学のほうは特に問題なし。
しかし、サンバっていつのタイミングでやるのがいいんでしょうか。
件のフロンターレ戦は前半からメチャメチャにやられてしまったので
ハーフタイムにサンバ隊が登場した時は「それどころじゃないし・・・」って
テンションが低かったからね。

さて、本日の試合はといいますと・・・。
後半28分に大宮アルディージャの金久保にゴールを決められ・・・。
調べたら、Jリーグ初ゴールだったそうで・・・。
結局、これが決勝点となり0-1で終了・・・。
監督が交代したといっても、ケガ人だらけの選手は変わらないし・・・。
いい攻撃をしていた前半にひとつでも決まっていれば・・・。
ああ、今年はそんなことばっかりだった・・・。

アルディージャっていうと相性がいいという印象があって
実際、データではこれまでの戦績は13勝1分3敗で、6連勝中だったのよね。
ただ、見に行った試合で残念だったことが2回あって
05年5月は試合終了間際に大宮の森田にゴールを決められてドローというのがあったし
07年11月のホーム最終戦は、終了間際に相手ディフェンダーのレアンドロが
いきなり猛然とドリブルしたかと思ったらそのままゴールを突き刺したなんてのもあった。
アルディージャはあれであの年の残留をほぼ決定つけたんだっけ。
そうか、アルディージャは残留争いにはある程度の耐性みたいなものがあるけれど
東京にはそういうのがない感じがする。チームをまとめるベテランが欲しいです。
羽生早く帰ってきて。


とにもかくにも、腹を括るしかありません。
諦めるつもりなんてとんでもない。最後までヒヤヒヤしましょうぜ。
サポーターなんてマゾじゃなかったらやってられないんじゃないすかね。
(罵詈雑言方面の方も多少いらっしゃいますけど・・・)

目下のライバル大宮には直接対決で敗れ
神戸は引き分けで半歩前に進まれて
仙台は、なんと!東京からレンタル中の赤嶺が点を入れて勝っちゃった(苦笑)。
状況はかなり厳しいですが、まだ10試合あることですし頑張りましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 8월 2010 | Main | 10월 2010 »