« 新潟 | Main | カメルーン戦から1日 »

1年ぶりの駒沢

本日はJリーグナビスコカップの「東京vs新潟」を観戦してきましたのですよ。
会場は駒沢。昨年のナビスコカップ以来の訪問となります。
これから年に1回は駒沢で開催というのが定番になっていくのでしょうか。

ワールドカップ関連で4人(長友・今野・徳永・石川)が試合に出られないうえに
キム・ヨングンが出場停止。先週のリーグ戦のメンバーから5人いなくなります。
加えて米本と平松が長期離脱中。
どんなメンバーが来るのかと思ったら・・・(カッコ内は今年度に迎える年齢)

GK 権田(22)
DF 椋原(21)
DF 森重(23)
DF 高橋(23)
DF 中村(25)
MF 梶山(25)
MF 羽生(31)
MF 鈴木(28)
MF 松下(27)
FW 平山(25)
FW 重松(19)

GK 塩田(29)
DF 阿部(19)
MF 大竹(21)
MF 田邉(20)
MF 幸野(17)
FW 赤嶺(27)
FW リカルジーニョ(22)

若いなあ・・・。17歳の幸野がベンチ入りしているし。
懸案となっていたセンターバックは大卒新人の高橋が初登場。
結論からいいますと、すっごく良かったです。
守備もそうですが、前半に平山へ出したパス。あれが心を掴んだね。
今後に大いなる期待を抱かせるデビュー戦でございました。
あと、あれね。一方的な感想ですが、試合開始から最後の挨拶まで
トータルして“東京学芸大卒”って感じがしました。気のせい?(笑)

ただ、試合は・・・。90分プラス3分まで引き分けを覚悟しましたよ。
羽生のナイスな守備からチャンスを掴んで
最後は大竹が角度のないところからシュートを決めてくれました。
いやあ、よかった。
大竹も鮮烈デビューを飾ったけれど、昨年から今年まで苦しんでいるから
これをきっかけにまた輝いてくれるとありがたい。

ワールドカップ後のレギュラー争いが激しくなるような試合を希望したけど
ちょっと、まだ・・・かな?


今年も駒沢に通うことができての感想。

あの雰囲気はなかなかよろしいです。
誰かが「大きいマンションが見えなかったら、地方のスタジアムみたい」と言っていた。
確かにそんな感じがする。

『やべっちF.C.』の取材でテレ朝の竹内アナが来ていた。顔小さいなあと思った。

選手カードを貰う列と食べ物を買う列とその他の通行客という
三重クロス状態になってしまっているのに、みんな大して文句も言わず並ぶのはエラい(笑)

駒沢大学駅から競技場までの道が狭いので帰りなどは特に混雑するわけですが
あの近辺に住んでいるちょっとオサレな感じの人たちが明らかに困惑した顔をしている。
悪気はありません。13000人ほど来ただけです。

自宅に帰りましたら、タイの混乱の影響を受けていたという
“ドロンパボール”が届きました。
長旅お疲れ様です。

ああ、あとあれだ。
本日、キャプテンマークをつけていた長身選手を見て思うのですが
本人がやりたいことと、周囲が求めていることにギャップがあると
なんだかんだで色々と複雑ですなあ・・・なんて、自分に置き換えて考えました。

|

« 新潟 | Main | カメルーン戦から1日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55067/48431673

Listed below are links to weblogs that reference 1年ぶりの駒沢:

« 新潟 | Main | カメルーン戦から1日 »