« 10월 2009 | Main | 12월 2009 »

ひとつの時代の終わり

本日は味の素スタジアムに行ってきたのですよ。
FC東京とヴィッセル神戸との対戦です。
早いものでこの試合が今シーズンのホーム最終戦。
淋しいね。

ラストということで、今シーズン限りで退団をする藤山選手と
今シーズン限りで引退をする浅利選手のセレモニーがありました。

藤山と浅利・・・。
ともにFC東京の前身である東京ガスから所属している選手です。

藤山は私と同い年。
鹿児島実業では前園と同級生なんですよ。
東京ガスに入った頃はガスの検針をしながらサッカーをやっていたとか。
通称“ミスター・トーキョー”もしくは“社長”。
チームは、来シーズンはスタッフに転身して欲しいとお願いしたそうですが
本人がまだ現役にこだわりたいということで退団となりました。

浅利は私の1つ下。
現在、Jリーグでは2人しかいないらしい社員選手。
東京ガスからの出向という形でプロの選手ではありません。
(もう1人は、大宮の斉藤選手。NTT東日本からの出向)
こちらはケガで苦しんでいるのと、米本の台頭により引退を決意したそうです。

これで東京ガス時代を知る選手はFC東京からいなくなるのかな。
ひとつの時代の終わりという感じがしますね。


会場に着いて席を確保しますと、そこには青い紙が置いてありました。
周囲を見るとエリアによって青い紙と赤い紙がわかれているようで
どうやら選手入場の時にそれを掲げればいいということがわかりました。

そして、選手入場。
紙を掲げて選手を迎えます。
するとスタジアム全体から、「お~」という歓声があがりました。
何事かと思ったら、実は席に置いてあった紙は
青と赤の他に白がありまして
その白い紙が数字の7と8を表現していたのです。
(PL学園の人文字みたいなやつね)
浅利の背番号が7、藤山の背番号が8。
チームの功労者に経緯を表した見事なイベントだったと思います。
ちょっと、いやかなり胸がジーンときた。


試合はといいますと、まだ降格の可能性があった神戸が守りを固めていて
なかなか攻め手がない状態でした。
神戸は引き分け以上で残留が決定ですからね。
ちょっとイライラする展開が続き
このまま0対0の引き分けかも・・・と思った後半42分。
コーナーキックのチャンスでズドン!とシュートが決まりました。
誰?誰がゴール決めたの??
あ!平松!?平松だってよ!!!
そうか~~。よかったな~~~~。
平松は水戸から今年移籍してき選手なのです。
ポジションはディフェンダーでセットプレーでは一発もあるという評判でしたが
J1とJ2の違いなのか、チームのやり方の違いなのかわかりませんが
試合ではなかなか活躍できずにいました。
ただ、大変に明るいキャラクターで試合以外の部分で目立っておりました。
そんな平松が今日はプレーで結果を出しました。

4分という長いロスタイムを経て、やっとこ試合終了。
勝った!勝ったぞ!!

今夜のヒーローである平松のインタビュー。
普段は明るく振舞っていましたが、本人は相当悩んでいたらしく
インタビューを受けながら泣いていました。
それを見てこちらも胸がジーン(笑)。
まだ致命傷になりかねないミスをするので危なっかしい時もあるけど
これでやっと東京の一員になったという日が今日なのかも知れないね。


試合後のセレモニーはまず城福監督から挨拶。
なぜかいきなり感極まっている様子。
熱い人なので、どうやらもともと涙もろいタイプのようですが
今夜は何に対してグッと来ていたんだろうか・・・。
ひとつハッキリしているのは、それも見てこっちもジーンとしていることだけど(笑)。

そして、藤山、浅利の順番で挨拶。
いや~、なんであんなに心に染みるのだろう。
特にご両親や奥さんに向けて感謝のことばを言っている時なんて・・・ね。
挨拶をする本人もここの部分では感情を抑え切れていません。
声を詰まらせて絶句なんかしていると、こっちももらい泣き(笑)
周囲を見回すとハンカチを持っている人が多数。マジで。
奥さんとお子さんが出てきて花束の贈呈。
ああ、もう今日はとことんだな。やられっぱなしですよ。


東京は暫定5位ですか。
まだ4位になる可能性があるんですよね。
暫定4位・広島の最終節の相手は京都・・・。
お、お~う・・・。京都か~。
せめて引き分けてくれるといいんだけど。
でも、今日の試合で浦和に勝ってるからな~。
東京は勝てなかったのに、京都が勝ったのは悔しいけどね(爆)。

まあ、明日試合の清水の動向も関係あるから
他力本願の他力本願なのですけども。
わずかでも可能性があるのなら、それに賭けてみたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ナビスコ決勝!!

千駄ヶ谷駅に到着したのは10時頃でした。
早くないのはわかっていましたが、行列がまさに長蛇!!
徹夜で並んだ人が数百人いて
始発で来るなどして早朝から早くも3000人くらいが集まっていたらしい。

そんなJリーグ・ナビスコカップ決勝戦。
FC東京 vs 川崎フロンターレ

Image862

普段はゴール裏へ行くのですが、徹夜組・早朝組には適いませんので今日は無理。
幸いにも、私よりも少し先に知り合いとその彼女さんが来ていたので
私の分の席も確保してもらいました。

Image863

2階席でしたけど、眺めの良いグッドな席。
難点は日当たりがよくて、ずっと眩しかったことですか・・・。

試合開始は14時。席に着いたのは11時30分。
待ち時間がちょっと長めですけど仕方ないですね。

Image866

試合開始前の光景。
東京サイドは青と赤の風船を使っていてとてもキレイでした。

Image868

飛びまくっている白い物体はトイレットペーパー。
国立競技場は紙ふぶきを使うのは禁止なのだそうです。
そのような条件の中、トイレットペーパーですか・・・。
グレーゾーンを攻めましたね(笑)。
後でわかった話ですが、当初はこのトイレットペーパーも禁止だったのを
サポーターのリーダーが交渉に交渉を重ねてOKを勝ち取ったんですって。

Image869

一方、川崎サイド。
星がキレイ・・・(笑)。

試合はといいますと、前半22分に米本が先制ゴール!
無回転の凄いシュートでしたね。
さらに後半14分、平山がヘディングで追加点!
クロスをあげた鈴木も見事だったけど。

それ以外は
シュート数が東京10・川崎17
コーナーキックが東京4・川崎12
という数字でもわかるように、本当に怖かった(笑)
ミスに助けられ、キーパーの権田に救われ・・・。
交代で出した選手も長友、平松、佐原と最終的に何バックだよ!?って感じだった。

Image872

無事に2-0で試合終了。
5年ぶり2度目のナビスコ制覇を果たしました。
試合が終わる頃には、すっかり日も傾き始めていました。
なんかもうすぐ冬なんだなって思います。

表彰式もとても感動したのですが
それ以上にグッときたのは
今年で引退が決まっている浅利の涙を見てしまったときと
同じく今シーズン限りで退団が決まっている藤山の号泣を見てしまったときかな。

浅利はプロ契約ではなく東京ガスから出向という社員選手。
昨今のJリーグでは珍しい存在。彼の存在があったからこそ、米本の成長があります。
ミスター・トーキョーこと藤山は東京ガス時代からの生え抜き。
来シーズンは指導者にという打診を断り、現役の道を模索。
時代の流れとはいえ、淋しいっすね。

あ、石川がピッチに登場したのも嬉しかった。ウルウルしたな。


試合後は新宿から京王線に乗り飛田給へ。
味の素スタジアムで行なわれた優勝報告会に参加してきました。
1万人来たそうです。

Image876

城福監督の挨拶がありました。

試合に向けた準備がいちばんできていたのは浅利だったのだけど
戦術上の都合でどうしてもベンチからも外さないといけなかった。
ベンチ入りメンバーから外れた浅利は一人ロッカーで号泣だった。
そんな浅利の無念を背負って、お前ら半端な試合をするんじゃねえぞ。
今日の試合前のミーティングでガツンと言ったそうです。

こんなことを話す城福監督本人も泣いていましたけど。
そういう話はこっちも泣いちゃうから困ります(笑)。

その他、選手の話とかもとてもよかったです。
ちょっと書き切れません。

ただ!ただですよ。とても寒かったのは辛かった!!
19時の調布市付近の気温は8度でした。


ヘラヘラと笑いながら帰宅。
昨夜は1時間おきくらいに目が覚める感じで
相方さまから「遠足に行く前の小学生か!」と言われましたが

帰った後は、こんなことあった、あんなことあったとうるさいものだから
相方さまから「遠足に行ってきた後の小学生か!」と言われました。
しばらくは許してください(笑)。

Image877
Image878

今日は新聞を数紙買って、さらにヘラヘラ。
でもさすがに疲れが残っていまして、1日が長かった・・・(笑)

Image879

| | Comments (0) | TrackBack (0)

決戦前夜!!

FC東京と川崎フロンターレで争われる
今年のJリーグ・ナビスコカップ決勝ですが
チケットは発売20分で完売状態だったとのこと。

私はFC東京の年間チケットを持っておりまして
その関係から優先販売があり、難なくゲットできましたが・・・。
さらに、(建前上は)準決勝を観戦した人だけが買えるという
オリジナルデザインのチケットも手に入れておりましたので
トータル2枚のチケットを持っていました。

あとは当日を待つ!という状態だったのですが
世の中では、チケットを入手できなかったと悲しむ人が溢れ
その一方、オークションサイトでは一儲けをたくらむ輩がチケットを大量出品。
何といいますか、めんどくさいですなあ、そういうことするのって。
サッカーに興味がないんだったらチケット買わないでくださいよ。

そういうことから少しでも“被害”をなくすことを考えて
余計にチケットを押さえたという意味も実はあるのです。
・・・ウソです。
年間チケット枠で1枚手に入ることが確実だから、それは保険と考え
本当はオリジナルデザインチケットが欲しかったというのが真実だけど(笑)。

不要になったチケットは、周囲に希望する人がいれば譲ろうと思ったのですが
残念ながら、そのような人は登場せず・・・。趣味の合う人が少ないからね。
ネット上で血眼になってチケットを探していた人にお譲りしました。
もちろん、定価です。

ただ、あれですよ。
今日あたりオークションサイトを眺めますと、まだまだ多く出品中なのね。
しかも、額面割れしているものもありました。
オークションではなく、チケット難民を救うための臨時サイトでも
「譲って!」よりは「譲ります」のほうが圧倒的に目立っていたので
メチャクチャな商売にはなっていない気がする。
だんだん、こういうことに慣れてきたのかな。いいことだけど。

本日の昼休みは新宿のギャラリー2まで行きまして
マッチデープログラムを買ってきました。気まぐれに2部。
いつもはスタジアム内で売っているものなのですが
今回のゲームの主催者はFC東京じゃなくてJリーグなので
こういう措置になった模様です。
明日、千駄ヶ谷駅に臨時のチームショップが出店するから
たぶんそこでは売っている気がするけど、確実に入手したかったし。

あと、これを着て応援しよう!という青赤のビブスがまだあったので
それも貰ってきました。

コンビニではエルゴラッソも買いました。

さて!!
いよいよですね~!!
今日は谷間の出勤日ということもあって人も少なかったせいもあり
職場内も静かで、1人で勝手にソワソワ感があがってしまい
いつも以上に仕事が手につきませんでした。普段も大したことはしてないけど。
国立競技場付近は早くも並んでいる人がたくさんいて徹夜をするらしいですよ。
羨ましい話ですが、前日も仕事で翌日も仕事だし
体力はおっさん化が進んできているのに真似はできません(爆)。
早朝に起きて、始発の乗るというのも、おっさん化の壁が・・・(苦笑)。
だいたいさ、もの凄い寒いんですけど。帰る頃は雨降ってたし。
大丈夫なのでしょうか??

私は生活のペースがあまり崩れない時間に会場へ向かおうかと思っています。
そうはいっても、おそらく試合開始の4時間前、開場の1時間前には着くのかな。
千駄ヶ谷駅の改札を出て、目の前に広がる光景は長蛇の列でしょう。
開場まで1時間並んで、その行列はなかなか進まないから
中に入るまで1時間くらいかかるでしょ10時に着いて、席に辿り着くのは12時。当然、いい席なわけがない。
席数よりもチケットを多く売っていることはないだろうから
一切の無抵抗を決め込むのなら、どこかには座れるでしょうし。

さて、寒さ対策と時間つぶし対策をして、明日へ備えることにしますかね。
Image863


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 10월 2009 | Main | 12월 2009 »