« 4월 2009 | Main | 6월 2009 »

日本4、韓国3、オーストラリア1

サッカーのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)なんですけど
予選リーグが終わりまして、決勝トーナメント1回戦のカードが決まりました。

名古屋 vs 水原三星(韓国)
G大阪 vs 川崎
鹿島 vs FCソウル(韓国)
浦項(韓国) vs ニューカッスル(オーストラリア)


日本から出場した4チームは全て予選通過したので面目は保ちました。
残念なのは、川崎だけ2位通過となってしまい
その結果、決勝トーナメントで日本のチーム同士が潰し合いをすることですか。

韓国は3チーム。蔚山現代が予選落ち。
最終戦はホームでニューカッスル戦だったのだけど地の利は活かせなかったようで。

逆にFCソウルは奇跡の予選突破ですよ。
前節までの順位表が
1 G大阪     勝点15(得失点差+14)
2 山東魯能    勝点7(得失点差+2)
3 FCソウル   勝点7(得失点差+3)
4 スリウィジャヤ 勝点0(得失点差-19)

ソウルが予選突破するための条件は
G大阪 vs ソウル → ソウルが勝つ
スリウィジャヤ vs 山東魯能 → 山東が負ける

これだけ!

まず先に大阪の万博記念競技場で試合が行われました。
(余談ですが、この競技場の英語名ってExpo '70 Stadiumっていうのね)
ソウルにとってラッキーだったのは、ガンバがすでに1位突破を決めているので
この試合はレギュラーを休ませてきたこと。
そんなこともあり、やっとの思いではありしたが、勝利を飾りました。
ソウルで行われた試合はガンバにコテンパンにやられているので
まだ借りを返すまでには至らないだろうけど。

さあ、山東魯能が負けることを祈らなければ。
しかし・・・。スリウィジャヤはこれまで0勝5敗。
中国で行われた山東vsスリウィジャヤは、5-0で山東。
いくらスリウィジャヤのホームとはいえ分が悪そう・・・。

実際に前半終了時点では2-0と山東がリード。
こりゃあ、決まったなと誰もが思ったことでしょう。
山東の選手もここで心の隙ができたのではないかと思われます。

一方、スリウィジャヤは、最終戦でしかもホームなのだから
せめて地元ファンの前で恥ずかしい試合をするのはやめようと猛攻にかかります。
これが功を奏して、後半だけで4点というお祭状態。
見事、勝利を収め、山東を地獄に追いやり、ソウルを救ってしまいました。

最終戦でアウェイのチームが2-0からひっくり返されて
ロスタイムにトドメの1点を決められるって、どこかで見たことあるな・・・。


そういうわけで、中国から出てきた4チームは全滅。
山東魯能、北京国安、上海申花、天津泰達。
何がいけないのでしょうね。
テレビで何試合か観ることができましたけど
“カンフーサッカー”と呼ばれる彼らのプレーが随所に出ておりました。
19日にあった上海申花vs鹿島なんて
開始1分も経たないうちに上海の選手がもの凄い危険なタックルしてた。
勝たないことには先がないからという気合もあったのだろうけど。
お陰で鹿島は、引き分け以上で1位突破が決まるから
無理してケガでもさせられたらたまらないとばかりに
表現悪いけど逃げ腰な感じで試合をしておりました。

国際試合になると荒っぽいのかと思ったら
国内リーグでも荒っぽいらしく
カードを貰いすぎて、大事な試合で出場停止になったり
ひどいタックルのせいで大ケガしちゃったりと
あんまりいいことがなさそうな感じです。
全員がカンフーではないのだろうけど、少し考えたほうがいいかも。
ワールドカップ予選だって早々と敗退しているんだし。


それと、韓国代表メンバーも発表されていましたな。
現役Jリーガーが
DF:イ・ジョンス(京都)、キム・クナン(横浜)
FW:イ・グノ(磐田)
以上3名。

元Jリーガーが
DF:イ・カンジン(元・東京V)、オ・ボムソク(元・横浜FC)
MF:パク・チソン(元・京都)、キム・ジョンウ(元・名古屋)、チェ・テウク(元・清水)
5名もいるんですな。

キム・クナンが選ばれているのはビックリ(笑)。
本職のDFより、試合終盤のパワープレイ要員というイメージ??
それと、鹿島のパク・チュホとか選ばれないんすかね。
まあ、こればかりは監督の好みもあることですから。


あ、そうそう。韓国で思い出した。
日韓ワールドカップの時に赤い髪でモヒカンにしていた戸田和幸って
いま慶南FCにいるんだよね。
最近、試合に出ていないなあと思ったらケガしているみたいですが。
戸田のブログが個人的なツボと合っているらしく面白いっす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今週のLGツインズ

韓国プロ野球の話題です。
昨年、念願の観戦に行ってからLGツインズの動向が気になります。
ちなみに昨年はぶっちぎりの最下位(笑)
ソウルに本拠地を置く人気チームですが、いかんせん弱い。
今年は現在3位とまあまあ踏ん張っています。


10日(日)
サムソン 3-1 LG

サムソンの繰り出す4投手からわずか4安打・・・。


12日(火)
SK 100 020 015 106 | 16
LG 000 000 018 100 | 10

8回終了時点は4-1でSKのリード。
9回表にはSKが5点追加して9-1。
LGも今日はあきらめるのかと思ったら
何を燃えたのか9回裏に8点の猛攻で同点。
しかし、サヨナラまでには至らず。
結局、延長12回表に力尽きて6失点の大炎上。
12回裏、SKは先発要員の門倉を投入して試合終了。


13日(水)
SK 2-1 LG

前夜とは対照的に投手戦。
“新・日本キラー”ポン・ジュングンの好投も実らず。


14日(木)
SK 8-4 LG

逆転負けで4連敗・・・。

15日(金)

LG 221 034 523| 22
ヒー 305 500 301| 17

なんだ!?この試合は!!
LGは25安打、ヒーローズは15安打・・・。
12-13で迎えた7回表にペタジーニが逆転満塁本塁打を放った模様。
こんなメチャクチャな試合で面白かったのに
ヒーローズというチームはお客が入らなくて、今夜も2000人ちょっと。
先ほど、ネットのストリーミングでスポーツハイライトを見ましたが
両軍の首脳陣が腕組みしながら呆れていた(ように見える。言葉よくわからないのでね)

現在、ペタジーニは打率.429(1位)、11本塁打(2位)、33打点(2位)
頑張っているようですな。
ポン・ジュングンは防御率2.25ながら打線に恵まれず3勝4敗。


それからシーズン途中にSKへ入団した門倉は
7試合に登板して2勝1敗。防御率は3.74とこちらもなかなか健闘。

また韓国でプロ野球観たいなあ。Kリーグでもいい。
Kリーグといえば、昨年の王者でアジアチャンピオンズリーグにも出場中の
水原三星がなんと最下位(1勝5敗3分)に沈んでいるそうで。
首位は全北現代で、驚くべきは2位が光州尚武!やるな軍隊サッカー!
先は長いけどね・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

電動アシスト自転車に乗る

数日ぶりにいい天気だった本日。
JリーグのFC東京 対 京都サンガは
「エコDay (5月9日は自転車で味スタに行こう!!)」を開催。

私もイベントに参加すべく、実家から自転車を借りましたよ。
実家から味の素スタジアムはだいたい6キロくらい。
じゅうぶん行ける距離にあります。昨年も参加していますし。

昨年までと違うところは電動アシスト自転車だということですか。
母の自転車が普通のから変わったわけですよ。

この電動アシスト自転車って聞くところによると
最初は慣れなくて転んだりする人が多いそうで。
なぜなのか、乗ってみてわかりました。
1回ペダルを漕いだら、グーっと力強く加速したのです。
これは普通の自転車とは感覚が全く違います。
気をつけないといけないです。

風も爽やか。軽快に自転車を走らせました。
国道20号を延々と走るのが比較的平坦なのでラクです。
無事に30分程度で到着。「FC東京オリジナル反射ステッカー」を貰いました。
貰ったところで自転車に貼るわけではないのですけど。
Image624

試合はスコアレスドロー・・・。
点を取られそうな感じはまったくしなかったけど
点を取れそうな感じもあまりなかったなあ。
平山はわりと良かったと思うけど。
でも、フィールドの端じゃなくて真ん中にいて欲しいかな。

いちばん盛り上がったのは新日本プロレスの永田裕志が
試合前に挨拶(マイクパフォーマンス?)したときか??
さすがはプロレスラー。盛り上げ方が上手だと思った。
そういえば、最近プロレス見なくなったな。昔はよく見てたのに。

それから「エコDay」の一環で
東京ドロンパがデザインされたタンブラーが売り出されたので買ったのですが
(先代のは、昨年、ふがいない試合に怒って、スタジアムに忘れてきてしまった・・・)
あれ、味スタの席についているドリンクフォルダに入らないんだけど(爆)。
ちょっとだけならフォルダに刺さるから使えないことはないけどさ。
Image623

さて、行きがあるので、帰りもあります。
ここでアクシデント発生!!!
電動アシスト自転車のバッテリーが切れてしまいました・・・。
バッテリーがなくなれば、それはもはやただの自転車。
しかも、バッテリーを積んでいるから普通の自転車より重い(笑)。

行きとは違うルートで走行。
多磨霊園沿いに走ってみました。こちらのほうがいいかもしれない。

実家に帰り、母親に「バッテリーが切れた」と言ったら
「あ~。そろそろ充電なのはわかってたけど、今日は持つかなと思ってた」
・・・と、軽く返されてしまいました。仕方ないけどね。


所用があったので、すぐに現在の住まいに帰ったのですが
実家から西国分寺駅は徒歩20分ちょい。しかも上り坂。
途中、同級生の実家を通過しながら駅に到着。
さすがに今日はちょっと疲れたと思ったのに
武蔵野線は競馬場から帰る人が多い時間帯で座れず。
それどころか、千代田線も常磐線も座れませんでした。

そして至る現在。
両方の太ももが筋肉痛。
若いといえば若いのかも知れませんが
運動不足といえば運動不足ですね。

↓ついでにこの話題も

「J1千葉サポーター、立ち上がらず応援の小学生暴行」(夕刊フジ・2009年5月9日)

 2日に千葉・フクダ電子アリーナで行われたJ1千葉-鹿島戦で、千葉サポーターの小学生が同じ千葉サポーターに蹴られるトラブルが発生していたことが分かった。千葉は8日、事態を重く見て目撃者からの情報提供を呼びかけた。
 7日にクラブ側に寄せられた情報によると、ホーム自由席内で千葉サポーターとみられる来場者が、小学生が立ち上がらずに応援していることに腹を立て、背中を蹴った模様。この来場者は酒を飲んでいたとみられる。
(以下略)


よくわかんないけど、蹴っちゃいけないよ。
サッカー観戦するとわかるんだけど、スタンディングエリアってあるのよね。
東京はゴール裏がそれにあたりますが、そのエリアって私の認識では
別に座ってもいいけど、「見えないから座って」って言っちゃいけない場所って感じ?
一昨年くらいに、おばちゃんが「見えない!」って文句を言ってたけど
そういわれてもね・・・って思ったなあ。

難しい問題ではあります。ゴール裏はオンナ子どもが来るところじゃないと
大上段に構えて言う人もいますけど、そこまでのことはない。
でも、郷に入りてはみたいなこともあるから、立てるなら立ったほうがいい。
だからといって蹴っていいわけでもない。酒のせいにされるのも困る。
小学生の彼はもう二度とスタジアムには来ないんだろうな。それが残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大宮アルディージャの反逆

ゴールデンウィークも本格化ということで
今夜は東京vs大宮を観戦するため味スタに行ってきました。
Image602

Jリーグ公式試合通算入場者数1億人達成を記念したメモリアルカードが配られ
(その横の19とあるのは、SOCIOとかが貰える選手カード)
Image610

マッチデープログラムが、通巻200号の記念号で
(いつもより100円高い300円。記念ポスター付き。そっちにピントがあってる)
Image609

東京ドロンパの出現にちょうど出くわし(もう帰るところだったけど)
Image603

風は爽やか(いや、少し寒かった)、とてもいいお天気でした。


試合はと言いますと、個人的に頑張って欲しいと思っていた
ブルーノ・クアドロス(通称:青野さん)が初先発するなど
ちょっとメンバーをいじってきました。

対する大宮は、ブーイングをしようにもあまり知らない選手が多い。
いちばん大きなブーイングをされたのは、サブに入っていた藤本主税かな。
たぶん、もっとも有名な選手だったからではなかろうか(笑)。
聞くところによると、連戦を考慮して若い選手を多用したそうです。

まあ、今日は石川直宏のハットトリックに尽きますね。
最近のキレキレ具合が本当にスバラシイです。
青野さんも、まずまず安定したプレーをしていましたし
機を見て、グッと攻めに行くところがブラジル人だなって感じです。

つまらないファールが多かったり
攻め込まれてバタバタする場面はあったけど
今年の試合ではいちばん面白かったのではないでしょうか。
単純に見ていて楽しかった。勝ててなお良かった。
後半ロスタイムが“5分”と表示された時はビックリしたし
実際とても長くて、本当にドキドキしたけれど(笑)

さて、タイトルの「大宮アルディージャの反逆」ですが
先日、本屋をフラフラしていたところ、目に入ってきた本のタイトルです。
その近くには「栃木SC Jへの軌跡」というものがあり
こちらも強く心に引っかかったのですが
大宮は自分の心の中では5番目か6番目くらいのチームだし(中途半端(笑))
財布の中に500円分の図書カードもあったので買うことにしました。
こういうB級本って好きなので(大宮というチームがB級という意味ではない)。
Image611

NTT関東というチームがJリーグに参戦しますという話はよく覚えています。
チーム名を募集しますという広告も出ていて
当時、大宮に住んでいた友人のアパートの名前を応募しようかと思いました(爆)。
クレスト・・・。ベルピア・・・。応募しなかったけど。

かつて県庁所在地であった浦和市と商業都市として発展してきた大宮市は
ものすごいライバル意識があったらしい。
対外的な認識は交通の要衝である大宮のほうがメジャーで
浦和としては思うところがあったわけですが
サッカーチームという核ができて立場も肩を並べるかそれ以上になりました。
そうなると大宮だって黙っていられないわけで
ただ、もう浦和にすごいチームがあるから、同じ方法をとるわけにはいかない。

さらにその大宮と浦和は与野も巻き込んで同じさいたま市という名前に。
いやあ、もう面倒だ!(笑)
話はもっと細かいのですが、そのあたりの経緯は読んでいた面白かったです。

途中、中だるみ(失礼)があって
最後に藤本主税と波戸康広の話が載っていて、これは良かったな。
なんかこの二人好きになっちゃった。
内容はとてもいい話なので「ジャンクSPORTS」ばりにカットです。


大宮もいま連敗中のようなので、頑張って欲しいです。
私の韓国の友人も張外龍監督はいいよって言っておりました。
NACK5スタジアム大宮にもぜひ行ってみたいです。
一回だけ行ったことはあるんですよ。何年か前の天皇杯。
相手はアローズ北陸(現・カターレ富山)でした。
まだ改修する前の話だね・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 4월 2009 | Main | 6월 2009 »