« 12월 2008 | Main | 2월 2009 »

東京ドロンパ

今日、FC東京の2009シーズン新体制が発表されたんですが
いちばんの注目は・・・コイツ(笑)。

Dorompa_090123

東京ドロンパです。
FC東京のホームページより拝借しました。

【プロフィール】
1998年10月1日、港区麻布狸穴町(まみあなちょう)で生まれる。
六本木と東京タワーのほぼ真ん中に位置する狸穴町、いわゆる生粋の都会っ子である。遊び場はもちろん噴水の素敵な狸穴公園。

【キャラクター】
・ ずば抜けた運動神経の持ち主。得意は、ダンスやローラーブレード。
・ 流行に敏感
・ 元気でおっちょこちょい
・ 正義感が強く、熱い男で、でも涙もろく、サービス精神旺盛で周りの人を喜ばせるのが大好き


い・・・いいんじゃないかしら。

実は昨年末あたりに特許庁に意匠登録されたというキャラが
どういうルートなのか知らないけどネット上に流れてきまして
大論争を巻き起こしていたのです。

Dorompa_090123_02



こちらもFC東京のホームページから拝借してきました。

まあ、これならいいですけど
初めて見た彼は、ユニフォームも着ていないし、スパイクも履いてない。
いわゆる、素っ裸の状態で「マジっすか!?」というものだった(笑)。
「ちょっとこれはカンベンしてほしい」という意見が多かったかな。

それだけに、ぬいぐるみになった姿を見たときは
ちょっとホッとした感じがしますよ。

いま、Jリーグでキャラがいないのは栃木、徳島、岐阜だけらしいすね。
つまり、J1でキャラがいなかったのは東京だけ。

古くからの東京サポには「キャラは要らない」という空気があると思います。
何もないのがむしろ東京らしい。わからないでもありません。
でもチームは、子どもの心を掴むためにキャラが必要と考えたんですね。
ここの溝はたぶん完全には埋まらないでしょうが
周囲を見る限り、概ね好評という雰囲気かな。

どうなるかな。東京ドロンパ。
清水のパルちゃんみたいに人気者になるといいなあ。
アウェイの日本平でコラボとかやってくれないかしら。


今日のMXテレビ「FC東京ホットライン」で
“東京ドロンパ紹介コーナー”があって
それがYou TubeのTOKYO MX公式ページにもアップされています。
5分くらいあるので、真剣に見なくてもいいです。
いちばん気になったのはドロンパくんがしゃべるところ。
プライバシー保護のため音声を変えてあります的な奴で
ああ、しゃべらなくていいよ。ドロンパくんって感じ。

http://jp.youtube.com/watch?v=aovB7wqXmLs&feature=PlayList&p=712416576148EF7D&index=0

「FC東京ホットライン」をこんなにまじまじと見たのは初めてですが
目黒邑さんという出演者が終始カミカミで・・・(笑)。
毎週ああなのかな??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「Runner of the Spirit」でもいいですが・・・

私が1年にわずか2日しかないという
自発的に朝早く起きる日。しかも、相方より早く・・・。
それが箱根駅伝。
正月モードから現実モードへ切り替わるためのリハビリともいえます。
ちなみに今年は、2日に相方さまが高校の友人と会うとのことで
実家方面へ出かけてそのまま宿泊。ひとりテレビ観戦です。
相方さまは「駅伝だけはどうしても馴染めない」そうですし。

今年から新しいテーマソングができまして、久石譲氏の作曲なんですと。
まあ、それはいいんですけど、まだ耳に慣れないというか(笑)。
『水曜どうでしょう』がDVD第10弾から予告編の音楽が新曲になり
複雑な思いをしたのと一緒かな・・・。


さて、今回もテレビの前でフル参戦でございます。
地デジのデータ放送を時々チェックしながら。
これは便利ですわ。

順位ごとにつらつらと・・・。
思い入れのあるところとそうでないところで長さが違いますけど。


1位 東洋大学(8→14→9→9→1→2→2→1→1→1)

おめでとうございます。出場67回目にして初優勝。
大会直前に不祥事があって出場そのものが危ぶまれたんですが
監督と部長が責任を取って、本戦には出られることとなりました。
変な話、あれでチームとしてはまとまったのかもしれませんね。
それにしても見事としかいいようがありませんよ。
“新・山の神”こと柏原選手の活躍もすごかったですが
彼だけで優勝できるわけじゃないですから。


2位 早稲田大学(1→6→2→1→2→1→1→2→2→2)

いや~。確かに強いっす。
オリンピックにも出た竹澤がキッチリ区間新を出して見事でした。


3位 日本体育大学(6→9→8→4→3→4→3→3→3→3)

日体大の何がいいかって、走り終わった後の選手がコースと観衆に向かって
キレイな姿勢で挨拶をしていたところですね。


4位 大東文化大学(9→16→14→14→9→6→7→6→5→4)

「山の大東」が復活でしょうか。
昨年は9区で無念の棄権だったわけですから良かったです。


5位 中央学院大学(11→3→4→6→4→3→4→5→4→5)

昨年の3位は決してまぐれではなかったってことですよ。
個人的にいちばん感動したシーンは2区の木原が日大のダニエルと
息の詰まるデッドヒートを展開したことです。
通勤の電車でいつも見える大学だから親近感ありますよ。


6位 山梨学院大学(4→1→1→2→5→5→5→12→9→6)

実家が山梨なのでどうしてもこのチームは気になります。
モグスばかりが注目されるけど、9区の中川だって区間賞。
もっと誉めてあげておくれ。


7位 日本大学(22→2→3→10→8→9→10→10→10→7)

ダニエルのあの走り方・・・好きです。


8位 明治大学(3→7→10→3→7→7→6→4→6→8)

「平成に昭和以来の明治のシードなるか」っていう実況良かったです。
43年ぶりなんですってよ。
あと、明治の安田選手ね。生命保険みたいだった(笑)


9位 関東学連選抜(16→12→13→13→13→11→9→13→12→9)

最後に麗澤大学の佐野選手。区間2位ですってよ。喰いましたね


10位 中央大学(13→5→6→12→11→10→11→8→8→10)
11位 国士舘大学(5→10→11→8→6→12→13→11→11→11)
12位 東京農業大学(14→4→7→11→12→13→12→7→7→12)

この辺のシード権争いは熾烈でしたね・・・。


13位 駒澤大学(19→8→17→18→15→15→14→14→13→13)

たぶん、こんな順位で終わるって誰も予想していなかったのでは?
体調が悪い選手が多かったのかしら・・・。


14位 専修大学(15→19→21→17→14→14→15→16→15→14)
15位 神奈川大学(2→17→16→16→16→16→16→19→17→15)
16位 亜細亜大学(20→13→20→21→19→20→21→21→20→16)
17位 拓殖大学(12→15→15→15→17→17→19→17→19→17)

あまりテレビに映る事もなく下位に沈みましたね・・・。


18位 東海大学(18→18→5→7→21→19→17→15→16→18)

昨年は10区での棄権ですから、今年は襷が繋がったというのは良いですけど
こんな順位になってしまうとは・・・。


19位 順天堂大学(23→21→23→23→18→18→18→18→18→19)

こちらも昨年の5区途中棄権を乗り越えて
しかも、リタイアした小野選手がリベンジの区間2位には感動した。
でも、この順位か・・・。意外だわ。


20位 帝京大学(7→11→12→5→10→8→8→9→14→20)

8区までシード権内だったのに
ラスト2人が区間最下位か・・・。


21位 上武大学(17→20→19→20→20→21→20→20→22→21)

初出場は繰り上げもなく無事にゴール。
歴史の一歩を刻みましたね。


22位 青山学院大学(21→23→18→19→22→23→23→22→21→22)

33年前はゴールまで残り150メートルで棄権。
その時以来の出場で、順位はともかくとして見事に襷をつなぎました。
アンカーの宇野選手が、その残り150メートル付近を振り返り
大学の襷を握り締めながら、笑顔でゴールしたシーンは泣けた。


23位(記録なし) 城西大学(10→22→22→22→23→22→棄権)

8区途中で無念の棄権。号泣する石田選手にこちらも切なくなった。
でも、繰上げでスタートした9区のキャプテン・伊藤選手が
棄権なので記録なしという扱いなのですが、なんと!!
タイムは区間賞の山梨学院の中川選手より早かったそうです。


<放送の感想>
CMが多いのはこの不景気の世の中、逆に意味では喜ばしいけど
長いのはちょっとカンベンして欲しい。その間に何かあったらどうするの。
そのCMはコラボだの、駅伝を意識したものだの色々あって面白かったけどね。
田村正和が「駅伝見たいなあ」って呟いていたけど
たぶんテレビの前で「それはこっちだ!」ってツッコんだ人が多いと思うよ。

以前はもっと下位チームにカメラを向けていた気がするんだけど・・・。
城西のリアイアを報道できなかったのは放送としてはミスなのでは。

解説こと早稲田大学応援団長の瀬古さん・・・。どうかな・・・。
日テレってどのスポーツやっても偏りますよね。そういう方針なのかな。
来年も同じようなら、音声はラジオにすると思う。

「Runner of the Spirit」ですが・・・。
エンディングは誰がなんといっても「I must go」でしょう。やっぱ。
これで正月も終わりなんだというグーッとくる寂しさがいいんですよ。
ほら。F1のエンディングは「In This Country」がいいじゃない。

11日放送の「もうひとつの箱根駅伝」は期待していいのだろうか。
ここ数年は徳光さんの番組のほうが質が高いらしいけど。

日記を書きながら、そのままテレビをつけていたら高校サッカースタート。
国学院久我山の田邉草民(たなべそうたん)がハットットリック。
そうたん君は春から東京に入団します。楽しみですな。


まあ、でも、箱根駅伝を見ると元気を貰いますよ。
明日から頑張らないといけないなって真剣に思います。
その思いがずっと続いていればもっと立派になっていたんだろうけど(爆)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 12월 2008 | Main | 2월 2009 »