« 11월 2008 | Main | 1월 2009 »

天皇杯準決勝「東京vs柏」

12月29日の午前9時。
東京駅に着きますとシステムの障害とやらで
東北、上越、長野、山形、秋田の新幹線がストップしていて
人が溢れておりました。怒号も飛び交っておりました。
その隙間をすりぬけて私は東海道新幹線へ。

サッカー天皇杯準決勝「FC東京vs柏レイソル」
静岡県袋井市のエコパスタジアムで開催されるのです。
東京から新幹線で掛川に行き、そこから在来線でひとつ目の愛野で下車。

Aino

新幹線の時からそうでしたが、本当に東京サポばっか。
隣の日経読んでいたおじさんも、カバンにはマフラー入っていたし
前の席の老夫婦も青赤グッズを持っていた。

愛野駅からは上りの道をテクテク歩くこと15分ほどでスタジアム到着。
暖かな陽気もあって、けっこう汗をかきました。

Sta

試合に臨むテンションも一緒に上げるため、ここは上りなのでしょうか。
駅前はそれほど開発されていません。コンビニが1軒、スーパーが1軒・・・。
車でもアクセスしやすいよう駐車場もけっこうあるし、歩道も広めですけど。
一応、ワールドカップが開催されましたからね。

Goal

ゴール裏のちょっとずれたあたりに座席を確保。
雰囲気はなんとなく味スタに似ている感じ?
味スタもピッチは近くないけど、エコパはさらに遠いという印象。

お腹がすいてきたので、現地調達主義の私はスタジアム内の売店へ。
しかし、これが・・・。長蛇の列。しかも、全然動かない(苦笑)。
“浜松餃子”とか魅力的な文字が見えたんだけど。
挙句、どうやら私に順番が来る前に食べ物は売り切れる見込みだとか。
あ~。サークルKに寄っておくべきだった。お昼は断念することに。

それにしても、これくらいの規模のイベントなら開催経験があるのでは?
・・・と、若干不満も覚えたりして。

13時試合開始。
どうひいき目に見ても6:4くらいで東京サポが多い。
前半31分には柏からレンタル移籍中の鈴木達也がゴールを決めた。
古巣相手にシュートを叩き込むなんてなんたる因縁。
これで元日が見えてきたといっても言い過ぎではありません。

ところが、後半に入り柏はフランサ、李忠成を立て続けに投入。
流れが変わります。
後半23分に、そのフランサが同点ゴールを決めて
こう着状態がしばらく続いた後半43分。決められました。
よりによって李忠成に・・・。
FC東京ユース出身。トップチームに昇格するも芽が出ずに柏へ移籍。
本人は東京時代のことをいい思い出にはしていないようですが
うまくいかなかったのは、半分は自分のせいだろ!ボケェ!!
・・・と、文句を言ってやりたいところなんですけど
まあ、見事なシュートでした・・・。
フランサとのワンツーも立派・・・。
チュンソンはいい選手になりました・・・。ええ。

ロスタイムは4分ありましたが、柏に守りきられて試合終了。
元日にコクリツという夢は儚く散りました。


ガックリ肩を落としながら愛野駅に到着すると
ちょうどやってきたのが3両編成の電車。
普段ならそれでいいのでしょうが、今日はエコパに12000人来ています。
そのうち半分が電車に乗るとして、これはとても捌けません。
案の定、この電車には乗れず、さらに15分待つことに。

15分後の電車も同じようにギューギューの状態で掛川へ。
私は、掛川から新幹線に乗ります。
しかし、帰りの時間が読めなかったので切符を持っていません。
それを確保する為に行列へ。20分並んでようやくゲット。

行く前に想定していた時間よりはるかに遅れて新幹線に乗り込みます。
そしたら、指定席を取っているのにもかかわらず
私の席には柏サポのガキ・・・いや、お子が座っていて(苦笑)
丁寧な口調で蹴散らしました。やれやれ、今日はついていない。

Fuji

道中、暇だったら読もうと思って買った雑誌も全く開かずに
なんとなく外を眺めておりました。特に寝るわけでもなく。

この後、実家に寄ることにしていたので、お土産でもと思ったのですが
こうなったら、これ以上静岡で金は落とさんぞ!ということになりまして
(実際、電車代以外で使ったのは、コーヒー1本のみ。静岡県に罪はないけど)
小田原で下車。

Kamaboko

お正月も近いので鈴廣の蒲鉾を購入。

Suga

北条早雲像を遠くから眺めて、今度は小田急へ。

Romance

ちょうどロマンスカーがやってきたので新百合ヶ丘まで乗車。
その後、小田急の在来線、JRを乗り継いで実家へ。
「静岡までサッカー観戦に行った」と親に伝えたら呆れられた。

そして、今は龍ヶ崎にいる・・・と。

決勝は「ガンバ大阪vs柏レイソル」ですか。
まあ、正直言ってレイソルは嫌いなチームじゃないですけど
どっちかといったらガンバに勝って欲しいような、どっちでもいいような。


アジアへの夢はまた来年に。
思えば、今年の初めは主力が抜けて、ガタガタになりかけて
先行き不安という空気が広がっていたのに
いざ始まると年末まで色々と楽しむことができて、良かったですよ。
よくテレビで「夢をありがとう」とか「感動をありがとう」とか
言っているのを聞きますけど、正直なところ私はその表現は嫌いなんですが
いま心に思うことは「いい夢を見させてもらった」って感じですか。
また来年も頑張ろうかな・・・ってね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

アジアへの夢は天皇杯に

4年ぶりくらいでしょうかね。蘇我駅に降り立ちました。
こちら千葉市にあります。千葉駅から5分程度。

Image471

なんで、蘇我っていう名前なのか調べたら
ヤマトタケルの妻であるオトタチバナヒメが
海神の怒りを静めるために身を海に投じたのだけど
奇跡的に助かって「我、蘇り」と言ったかららしいです。
大化の改新の蘇我氏と関係があるのかどうかはわかりません。

蘇我ってどんなところかというと、川崎製鉄(現・JFE)の企業城下町ですね。
JFE体育館、川鉄千葉病院、社宅や独身寮などがあります。
もちろん、JFEが目的だったわけではありません。

フクダ電子アリーナに行ったのですよ。

Image474

Jリーグの今シーズン最終戦である
「ジェフユナイテド千葉 vs FC東京」の観戦です。
今年、東京には千葉から羽生が移籍しているので
千葉サポにしたら許しがたき存在なのだと思いますが
そんなことを言っていられる余裕が全く無い状態で最終戦となりました。

5日現在のJリーグは
15位 磐田 (37)
16位 東京V(37)
17位 千葉 (35)
・・・という状態。16位は入れ替え戦、17位は自動降格。
せめて、入れ替え戦に進むため、とにかく勝たないといけません。

一方、東京も
2位 名古屋(58)
3位 川崎 (57)
4位 大分 (55)
5位 東京 (55)
来年のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)に出場できる3位の可能性が
わずかではありますが残っていたので
こちらも勝つ気マンマンだったわけですよ。

前回の蘇我駅下車はシゴトだったし、スタジアムができる前でした。
今回降りてみて、駅の周辺はそれほど変わった感じはしませんでしたが
国道を跨いだ途端に以前とはガラっと変わっていましたね。

試合開始1時間半前に到着。
ピッチが近くていいスタジアムですね。
しかし・・・。それよりもなによりも・・・。


寒い!!!!


この日の関東は寒冷前線の影響で風が強くて、それが吹き込みました。
なにしろここは、千葉港がすぐそこという海の目の前ですから。

アウェイのエリアはトイレも売店もすごい行列・・・。
普通のアミューズメント施設だと、こんな状態だったら
怒り出す人が絶対にいると思うのですけど
サッカーは不思議なもので「あ、これがアウェイなんだな」なんて
妙な納得をしたりしておりました。

スタジアムの雰囲気はすごかったです。
窮地に追い込まれた黄色い人たちが出す迫力は見事でしたよ。
対する青と赤の集団もなかなかだったけどね。

Image484

試合は前半39分にカボレ、後半8分に長友がゴールを決めて2-0。
正直いって、この時点で千葉のJ2降格はほぼ決まりだと思いました。
焦る千葉の攻撃はチグハグだったし。

しかし、東京も決定機を何回も外していて
そのうえ、千葉の敵・羽生が故障か何かで交代してから流れが変わりました。
後半29分、新居に「ありゃ??」というゴールを決めてから
そこからは怒涛・・・。11分の間に4点も取られてしまいました・・・。
魔の時間帯だったというか、火事場の馬鹿力というか。
磐田とヴェルディが苦戦しているという情報も当然知っていたろうし。

逆転されてからしばらくは巻が下がった位置にいて
「お前はディフェンダーかよ!?(笑)」っていうくらいに体を張っていました。

そして、試合は2-4で千葉の勝利。

Image485

しかも、磐田とヴェルディが敗れたという朗報も舞い込んで
せめて入れ替え戦に・・・と思っていた千葉が奇跡のJ1残留決定。
スタジアムDJが「残留が決まりました!」と叫んだ瞬間に
17000人のうち14000人くらいの黄色い服を来た人が
わ~!!と盛り上がって、一斉にバンザイをしている様子は壮観でした。
東京サポは「負け方が悪い」とは思いつつも
千葉の残留には拍手を送っていました。
磐田とヴェルディのサポからKYと非難されそうだけど・・・。
でも別にこちらも負けたくて負けたわけではないし。
結局、東京の最終順位は6位。さりげなく清水に抜かれたのが悔しい。

ACL出場の夢は天皇杯でということになりました。
準々決勝の相手は、その清水です。勝ちたいなあ。
準決勝に進出したら観戦に行きますよ。エコパまで。


京葉工業地域の工場群をバックに、この日は帰途へ。

Image488

Image489

とにかく寒かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 11월 2008 | Main | 1월 2009 »