« ドラフト会議から1日 | Main | ・・・ーツの秋とスポーツの秋 »

スポーツの秋とスポーツの秋とスポ・・・

春のセンバツ出場の判断材料となる高校野球秋季関東大会は
前橋商、慶応、習志野、高崎商がベスト4に進出。
例年、関東地区は関東大会・東京大会あわせて6校くらいが出場するので
この4強は当確なんでしょうね。
前商、高商がダブルで来るんだ。色々揉める・・・いや燃えるんでしょう。
あと1つくらいが関東大会から選ばれるとなると
習志野に延長11回の末に敗れた下妻二が印象いいですわね。
個人的に期待していた水戸桜ノ牧は前商にコールド負けだし。
21世紀枠はある得るかも知れんけど。


天皇杯サッカー4回戦。
FC東京はベガルタ仙台相手にかろうじて勝利。
気を抜くなといわれてもなかなかうまくいかないことがあるようで。
その他、国士舘大学は鹿島アントラーズをPKまで追い詰める大健闘。
こんなことがあるからカップ戦って怖いです。
それから、唯一、地域リーグのカテゴリーで残っていた松本山雅は
ヴィッセル神戸相手に0-8の完敗。
先日の全社でのダメージ(主に心の)が残っていたのかな。
もっとも、前半で退場者を出してしまったようですけど。


13日から野球のアジアシリーズがありますけど
マイミクのベイマリ明洞さんに教えてもらった情報だと
今年は日韓台中のすべてでライオンズが出る可能性がありました。
中国は昨年までの連合チームではなく単独チームの参加となり
すでに天津ライオンズ(中国リーグ3連覇)が出場を決め

台湾もCPBLシリーズで勝った統一ライオンズが出場決定。
それはいいんだけど、記録を見たらシリーズの相手だった
兄弟エレファンツには元ロッテの小林亮寛がいたんだね。

韓国のサムソンライオンズは
韓国シリーズのひとつ前のプレーオフで
斗山ベアーズに敗れてしまいました。残念・・・。
その斗山もレギュラーシーズンでぶっちきりだった
SKワイバーンズに1勝4敗とあっけなく敗退。
あれですよ。SKには北京オリンピックで大暴れした
キム・グァンヒョンっていう若い左腕がいますよ。


J1、J2の下のカテゴリーであるJFLも佳境です。
残り4試合という段階で
1位 HondaFC  勝点66 +35
2位 栃木SC     勝点55 +20
3位 ファジアーノ岡山 勝点55 +19
4位 カターレ富山   勝点54 +19
5位 ガイナーレ鳥取  勝点51 +20

優勝はHondaでほぼ確定なんですけど
それと同じくらいに大切なのはJ2への昇格争いです。
昇格するには色々と条件があるんですが
Jリーグに準加盟していて、しかも4位以内に入ること。
現在2位の栃木は財政基盤がやや弱いものの、お客さんが入ります。
心配なのは7月19日の勝利以降の成績が0勝4敗5分という失速ぶり。
3位の岡山は急激に強化をしすぎて栃木よりも財政が不安なのだとか。
でもね、岡山市って来年から政令市になるから。頑張らないと。
4位のカターレ富山は問題なのは順位だけですって。
北陸地域初のJリーグチーム誕生なるか。
5位のガイナーレ鳥取は必死です。
これまでの地盤だった米子市にはJ規格のスタジアムがないので
鳥取市に移転したのですが、米子と鳥取って100キロ離れていて
これまでのような観客動員が望めず、そもそもチームの財政が厳しい。
でも今年昇格できないと来年はさらに厳しそうだし・・・

もうひとつ、ニューウェーブ北九州というチームがあるんですけど
現在9位・・・。準備もまだ遅れているみたい・・・。


秋深まると色々またありますから楽しみですね。

|

« ドラフト会議から1日 | Main | ・・・ーツの秋とスポーツの秋 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55067/43001281

Listed below are links to weblogs that reference スポーツの秋とスポーツの秋とスポ・・・:

« ドラフト会議から1日 | Main | ・・・ーツの秋とスポーツの秋 »