« 上も下も大騒ぎなのです | Main | 週末の蹴球 »

獅子vs飛龍

野球のアジアシリーズ2008を観戦してきました。
今年の参加チームは・・・
日本・埼玉西武ライオンズ
韓国・SKワイバーンズ
台湾・統一セブンイレブンライオンズ
中国・天津ライオンズ

韓国以外はライオンズが登場。
韓国もサムソンライオンズってチームがあるんだけどね。
惜しいことをした。

台湾の統一セブンイレブンライオンズ。名前長い(笑)。
セブンイレブンといいますと、日本はヨーカドー、韓国はロッテですが
台湾では統一超商という物流システムの会社がやっているそうです。
っていうか、台湾野球界は賭博絡みで1チーム除名、1チーム解散で
来年は4チームになっちゃうんだけどアジアシリーズどころじゃないのでは?

中国は4回目の大会で初めて単独チームでの参戦です。
元・中日ドラゴンズの呂建剛がエースだとか。
北京五輪では台湾に勝利という快挙を達成したときに投げていたそうです。


さて、過去3年は上司と一緒に行っていたのですが
今年は出張で不在ということで気楽な単独観戦。
(正直いって、この上司さんの観戦マナーには関心しないし)
西武も日本シリーズでは非常にいい試合をして面白かったけども
応援するという義理はないので(日本人として・・・とか言われそう)
3塁側の内野指定席を確保。
SK応援団を近くで見ようかと思いまして(爆)。


この日の先発オーダー
<西武>
8 赤田(28) 68試合 .244 2本 13点 2盗
7 栗山(25) 138試合 .317 11本 72点 17盗
4 平尾(33) 55試合 .258 2本 9点 1盗
5 中村(25) 143試合 .244 46本 101点 2盗
D 後藤(28) 49試合 .301 12本 27点 0盗
9 佐藤(30) 59試合 .302 1本 11点 4盗
3 石井義(30) 108試合 .278 4本 29点 0盗
2 銀仁朗(21) 46試合 .125 0本 5点 0盗
6 水田(28) 17試合 .000 0本 0点 0盗
1 帆足(29) 27試合 2.63 11勝6敗0S

<SK>
4 チョン・グンウ(26) 124試合 .314 8本 58点 40盗
3 イ・ジンヨン(28) 95試合 .315 8本 53点 12盗
D イ・ジェウォン(20) 82試合 .315 3本 25点 2盗
9 パク・チェホン(35) 112試合 .318 19本 72点 5盗
5 チェ・ジョン(21) 114試合 .328  12本 61点 19盗
8 キム・ガンミン(26) 106試合 .271 3本 32点 16盗
7 パク・チェサン(26) 94試合 .274 1本 34点 21盗
2 チョン・サンホ(26) 81試合 .234 6本 23点 0盗
6 ナ・ジュファン(24) 118試合 .247 3本 46点 14盗
1 キム・グァンヒョン(20) 27試合 2.39 16勝4敗0S

ケガ人が多いということもあるんでしょうけど
西武のオーダーは、どこかのサッカー協会のエライ人が見たら
「なんじゃこりゃ~!!」って怒るんじゃないかしら(笑)。
まあ、ベストメンバー規定にはひっかからないんだけどね。

SKは北京五輪で痛い目に遭ったキム・グァンヒョンが先発。
初戦で来るか、決勝で来るか、意見がわかれていましたが。


19時頃、東京ドームに到着して席に向かうと
指定席なのに私の座席にはすでに人がいた(笑)。韓国の人。
まあ、誤解のないように書くと、内野指定席は入口でチェックが要るので
この人(正確には人たち)もチケットは持っているのですよ。
たぶんこの人の席は、この人の荷物置きになっているところなんだろうな。
本来はね・・・。
でもまあ、すぐ近くの席はガラガラに近かったので私はそこに座りました。
文句言ったところで「ケンチャナヨ」で終わりだと思うし。

SKの応援は、1人のコールリーダーと4人のチアという構成。
日本の都市対抗野球の応援団とスタイルがよく似ていますね。
それと、やってくるのは韓国人ばかりではないので(私か)
「かっとばせ ナルリョボリョ」とか書かれたプラカードを使っていました。
リーダーの人は声も身振りも大きくて、まさに舞台に立ったお笑い芸人っぽい。
チアはといいますと、近くで見ましたからそりゃあキレイでしたけど
(ケータイのカメラでは限界がありますが、肉眼はもっとはっきり)
Image414

当たり前ですが、日本人と韓国人って違いますから・・・ね。
まあ、5月にソウルで見たLGの応援団がすごかったから
あれと比べてしまうとね・・・。

本来は私の席だったところにいた人とそのお友だちは
2時間半くらいの間にそれぞれ4杯くらいビールを飲んでいました。
1杯800円なんですけどね。
周りでは団体で人が来たらしく、いきなりビール売りの人に
「すいません。ビール25杯」って注文していた。
この売り子さんラッキーだったね。
観客数の割に、今日の売上げは良かったんじゃないかと思いますよ。


試合は疑惑のホームラン(私は見ていない)や微妙なストライクなどの影響と
打てそうな感じのしなかった西武のテンションが相まって4-3でSKの勝利。
キム・グァンヒョンを引きずり降ろしたまでは良かったんだけど。

でも、なんだろうか。昨年も中日がSKに負けているし
北京五輪でも負けているし、そんなことがあるからなのか
屈辱的な気分というわけでもなかったかなあ。
SKを応援していた人も「当然」という空気だった。

というか、大会の雰囲気が年々淋しくなっている気もしないでもない。
今年から“コナミ”っていう冠スポンサーの名前がなくなり
テレビ中継もせず、大会公式パンフが売られている様子もなかった。
ちょっと残念ですわね~。行ってみると面白いのに。

|

« 上も下も大騒ぎなのです | Main | 週末の蹴球 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55067/43108338

Listed below are links to weblogs that reference 獅子vs飛龍:

« 上も下も大騒ぎなのです | Main | 週末の蹴球 »