« ・・・ーツの秋とスポーツの秋 | Main | 獅子vs飛龍 »

上も下も大騒ぎなのです

<11月9日現在のJ1順位> ()は勝点
1 鹿島(54)
2 浦和(53)
3 名古屋(52)
――(↑ACL出場ライン)――
4 大分(52)
5 川崎(51)
6 東京(51)
7 G大阪(47)
8 神戸(46)
9 清水(46)
10 柏(42)
11 京都(40)
12 横浜(39)
13 大宮(38)
14 新潟(38)
15 磐田(36)
――(↓入れ替え戦ライン)――
16 東京V(36)
――(↓自動降格ライン)――
17 千葉(35)
18 札幌(17) ※降格決定

もう、すごいドキドキの状態なんですよ。
今年のJリーグは近年にない大混戦状態。
なんと、それにFC東京も絡んでいるという嬉しい展開。
残り3試合でまだ優勝の可能性があるなんてことはあったかな。
2003年があともう少しって感じだったね。
せめてACLには行ってほしい。そしたら韓国は行くぞ。
いまKリーグは、水原・ソウル・城南・蔚山あたりが優勝争い中。
蔚山とかと対戦になると遠すぎでキツそうだけど
元FC東京の呉章銀がいるからやや魅力的・・・。

もっと大変なのは残留争いですか。
既に降格決定の札幌はともかくとして
11位の京都くらいから17位の千葉まで可能性があるという大混乱。
カギを握るのは大宮ですか。残り3試合は新潟・京都・磐田と対戦。
妄想しすぎて吐きそうになる(笑)。
東京のホーム最終戦は新潟戦。他の2試合で頑張ってください。
しかも、最終節はアウェイの千葉戦。残留決めていてくれないかな。




<11月9日現在のJ2順位>
1 広島(91) ※昇格決定
2 山形(71)
――(↑自動昇格ライン)――
3 仙台(66)
――(↑入れ替え戦ライン)――
4 湘南(62)
5 鳥栖(61)
6 C大阪(60)
7 甲府(55)
8 草津(53)
9 福岡(51)
10 水戸(47)
11 横浜FC(45)
12 熊本(42)
13 岐阜(39)
14 愛媛(36)
15 徳島(26)

広島に続く自動昇格は山形がかなり濃厚。
残りの3試合が熊本(12位)・愛媛(14位)・水戸(10位)と比較的ラク。
入れ替え戦も仙台がこのまま行きそうな感じだけど
残りが横浜FC(11位)・鳥栖(5位)・草津(8位)と、やや難敵。
仙台が1勝2敗もしくは3連敗で
湘南、鳥栖、C大阪のいずれかが大逆転というのもなくはない。
怖いですね。いや、ホント。

私のセカンドチーム・甲府は残念な結果。序盤のつまずきが痛かった。
後半の戦いはまあまあ良かったし
猛烈な強さで復帰を決めた広島の4敗のうち2敗は甲府がつけたもの。
このような感じでいけば来年は!!と思うけど
選手が来年も残るかわからないし
スポンサーが来年もついてくれるかわからないし
サポーターだって来てくれるかどうかはわからない。
監督も札幌の監督だった三浦監督に変わるとかいう噂もある。
三浦監督はJ2のチームをJ1に引き上げるという仕事に長けていて
ある意味、適任であるともいえるけどかなり守備を重視する人なので
攻撃サッカー(守備がもろい)をしてきた甲府が
大転換を迫られるのかもしれないわけで、それもまた寂しい。




<11月9日現在のJFL順位>
1 Honda FC(69) ※優勝
2 栃木SC(58)
3 カターレ富山(57)
4 ファジアーノ岡山(55)
――(↑J2昇格ライン)――
5 ガイナーレ鳥取(54)
6 横河武蔵野FC(53)
7 流通経済大学(51)
8 FC刈谷(47)
9 ニューウェーブ北九州(45)
10 SAGAWA SHIGA FC(42)
11 佐川印刷SC(42)
12 TDK SC(40)
13 ソニー仙台FC(40)
14 MIOびわこ草津(36)
15 ジェフリザーブズ(26)
16 FC琉球(26)
17 アルテ高崎(17)
18 三菱水島FC(15)

JFLはHonda FCの優勝が決定。
残る興味は、どのチームがJ2に昇格できるのか。
昇格できるのは、Jへ行く意思を見せているチームで、4位以内に入ること。
生涯アマチュアのHondaを除いて、実質の枠はあと3。
栃木SC(58)、カターレ富山(57)、ファジアーノ岡山(55)、ガイナーレ鳥取(54)
この4チームから3つが選ばれると考えてよさそう・・・。

注目はファジアーノ岡山。
残り3試合が横河武蔵野、栃木SC、カターレ富山。
全部厳しい試合になりそうです。

妄想では栃木SC、カターレ富山、ガイナーレ鳥取が4位までに入りそう。
栃木と富山は昇格が認められそうだけど、鳥取は難航するかも。
それでも最終的にはOKとなって、2009年のJ2は18チームになると。




<11月23日開幕 全国地域サッカーリーグ決勝大会>

グループA(会場:福岡)
長野パルセイロ(北信越/長野)
ホンダロック(社会人大会枠/宮崎)
沖縄かりゆし(九州/沖縄)
バンディオンセ加古川(関西/兵庫)

グループB(会場:高知)
カマタマーレ讃岐(四国/香川)
日立栃木UVASC(関東/栃木)
V・ファーレン長崎(九州/長崎)
アイン食品(関西/大阪)

グループC(会場:鳥取)
レノファ山口(中国/山口)
静岡FC(東海/静岡)
グルージャ盛岡(東北/岩手)
松本山雅(社会人大会枠/長野)

グループD(会場:鳥取)
佐川急便中国(中国/広島)
町田ゼルビア(関東/東京)
矢崎バレンテ(東海/静岡)
ノルブリッツ北海道(北海道)

グループリーグで1位になったチームのみ石垣島で行なわれる決勝ラウンドへ。
もし仮にJFLからJ2に3チーム昇格したら
決勝ラウンドに行く4チームのうち3チームがJFL昇格になるのかな。
(2チームJ2だったら、2チーム昇格+3位は入れ替え戦)
そうなると何としてでもグループ1位を勝ち取りたいところだけど
どの組も厳しそうですね・・・。楽なところひとつもないよ。


まあ、つまり長々書いて私が思ったことは
Jリーグを春開幕→秋閉幕から秋開幕→春閉幕しようと
上の人は言っているんだけど、なかなかうまくいかないんじゃないの?
・・・ってことで。この件に関してはまたいずれ。

|

« ・・・ーツの秋とスポーツの秋 | Main | 獅子vs飛龍 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55067/43077092

Listed below are links to weblogs that reference 上も下も大騒ぎなのです:

« ・・・ーツの秋とスポーツの秋 | Main | 獅子vs飛龍 »