« 獅子vs飛龍 | Main | アジアへの夢は天皇杯に »

週末の蹴球

<J1>
11月29日
清水(7位・49) - 千葉(17位・35) (日本平)
鹿島(1位・57) - 磐田(15位・36) (カシマ)
川崎(3位・54) - 神戸(8位・47) (等々力)
横浜FM(11位・42) - 東京V(16位・37) (日産ス)
G大阪(9位・47) - 浦和(4位・53) (万博)
柏(10位・43) - 大分(5位・52) (日立柏)

11月30日
大宮(13位・39) - 京都(12位・40) (NACK5)
F東京(6位・52) - 新潟(14位・39) (味スタ)
名古屋(2位・55) - 札幌(18位・18) (瑞穂陸)

優勝争いも、残留争い、ACL出場権も混沌。過酷。熾烈。
東京目線で行きますと、残り2試合はともに残留がかかっているチーム。
個人的感情としてはどちらも残って欲しいチーム。
東京がアジア(できれば優勝)に行けて、新潟・千葉が残留(入替戦含)するには?
コンピューターがヒートしてしまいそうです・・。


<J2>
11月29日
水戸(10位・47) - 横浜C(11位・46) (笠松)
甲府(7位・58) - 福岡(9位・52) (小瀬)
草津(8位・53) - C大阪(4位・63) (正田スタ)

11月30日
愛媛(14位・37) - 山形(2位・72) (ニンスタ)
鳥栖(6位・61) - 仙台(3位・67) (ベアスタ)
熊本(12位・43) - 広島(1位・94) (熊本)
湘南(5位・62) - 岐阜(13位・39) (平塚)

注目ポイントは山形が昇格を決めるかどうかですね。
とりあえず負けさえしなければいいとは思いますけど。
相手は下から2番目の愛媛だし。
3位の仙台も入替戦出場濃厚とはいえ
C大阪と湘南は数字の上ではまだ可能性を残しているので安心できません。


<JFL>
11月30日
佐川滋賀(12位・44) - 北九州(9位・49) (佐川守山)
富山(3位・61) - 岡山(4位・59) (富山)
ホンダ(1位・71) - 高崎(17位・20) (都田)
横河武蔵野(7位・53) - 琉球(16位・26) (武蔵野)
栃木(2位・62) - 刈谷(8位・50) (栃木G)
ジェフR(15位・29) - 三菱水島(18位・15) (フクアリ)
流経大(6位・54) - 鳥取(5位・57) (龍ヶ崎)
ソニー仙台(11位・46) - TDK(13位・41) (ユアスタ)
佐川印刷(10位・48) - MIO草津(14位・37) (西京極)

JFLは最終節です。既にHondaの優勝と
栃木SCとカターレ富山が4位以内を決めてJ2昇格が“内定”。
残る興味は4位、つまりJ2へ行けるのは
ファジアーノ岡山かガイナーレ鳥取かという一点!
勝点の差はわずかに2!!
岡山は先週、昇格が内定した富山とのアウェイ戦。
富山は凱旋試合でもあって、しかも最終節。大観衆が予想されます。
地元でいいところを見せたいだろうから、簡単な試合にはならなさそう。
鳥取はなんと6位まで上がってきた流経大とのアウェイ戦。
龍ヶ崎たつのこフィールドは近いんですが、味スタへ行くので残念。
東京から貸し出し中の小澤、鈴木の活躍なるか。


<全国地域リーグ決勝大会>
11月28・29・30日の3日間で3試合の決勝ラウンドin石垣島。
ホンダロック、V・ファーレン長崎、レノファ山口、町田ゼルビアが出場。
先週あった予選リーグを激闘の末に勝ち抜いたわけですから
もうあとひと踏ん張りってところですかね。
3位に入ればJFLに昇格できると思うので、なんとか1勝はしたいところ。
特にV・ファーレン長崎は後がない感たっぷりの浪人生っぽい立場だからね。

初日の結果は・・・。
長崎 5-0 ホンダロック
町田 2-0 山口

V・ファーレン長崎が一歩抜け出したな。


<Kリーグ>
韓国の優勝の決め方はちょっと独特でしてね。
まず、【6強プレーオフ】ってのがあって

蔚山(4位) 0(4PK2)0 浦項(5位)
城南(3位) 1-2 全北(6位)

蔚山と全北が勝ち抜け。
ちなみに、蔚山には呉章銀(元・東京)、城南は金正友(元・名古屋)
全北には林裕煥(元・京都)、崔兌旭、曹宰榛(共に元・清水)がいます。


そして次が【準プレーオフ】
蔚山 1-0 全北

この結果、蔚山はリーグ戦では4位終了でしたが
最終的に3位という扱いとなり、来年のACL出場権を獲得したみたいです。


次なる戦いは【プレーオフ】
11月30日
FCソウル(2位) - 蔚山現代ホランイ

ちなみにソウルには金殷中(元・仙台)、金珍圭(元・磐田)などがいます。


最後は【チャンピオン決定戦】
12月3日
水原三星ブルーウィングス(1位) - プレーオフ勝者

水原には李雲在(中川家の弟似)、安英学(元・新潟、名古屋)などなど。面子豪華。
それにしても優勝までの道のりは険しいね。

あと、ACLの残り1枠はFAカップの優勝チームに与えられるそうです。
ベスト4に残っているのが
浦項(5位)、慶南(8位)、大邱(11位)と
高陽国民銀行(Nリーグ所属)
アマチュアの高陽国民銀行が優勝してもACLには出られないそうですけど。
けっこう強豪みたいですよ。今回もソウルと全北を倒しました。
大邱は李根鎬が代表で爆発中。台風の目か??

|

« 獅子vs飛龍 | Main | アジアへの夢は天皇杯に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55067/43258945

Listed below are links to weblogs that reference 週末の蹴球:

« 獅子vs飛龍 | Main | アジアへの夢は天皇杯に »