« 5월 2008 | Main | 7월 2008 »

ウリヒーローズ 高津投手

やっぱね。一度観戦に行きますとその後の経過が気になりまして
韓国プロ野球の動向をチェックしていますよ。
平日の夜はネットのストリーミングで「スポーツハイライト」を見たりして。
この番組は実にあっさりしていて展開がよくわからないときがあるけど(笑)。


ウリに移籍した高津臣吾投手が韓国で初セーブをあげたそうですよ。

明日の朝あたりには朝鮮日報の日本語版にも記事が載るかしら。
⇒ http://spn.chosun.com/site/data/html_dir/2008/06/29/2008062900749.html

29日のLG戦の8回1アウト1・2塁というピンチで登板して
それを2三振で切り抜け、9回も2つ三振を奪ったとか。
今回が3試合目の登板。だんだんと本領を発揮しつつあるみたい。
LGには99年から02年まで同僚だったペタジーニがいますが
この夜は対戦がなかったようです。
(ペタは今のところ34試合出場 .353 1本塁打 17打点)

初登板はまだ様子見で点を取られたんだけど
前回の登板はうまく抑えました。タイミングが合わないらしい。
そして今回がさらにナイスピッチング。
横手から遅い球を駆使して、コントロール良く投げ分けるという投手が
韓国にはあまりいないみたいですね。

折りしもこれが、日本・アメリカ・韓国の3ヶ国通算で700試合登板。
そんな記念をセーブで飾ったわけね。
この3ヶ国でセーブを記録した投手って初めてみたいですよ。
(日本・286、アメリカ・27、韓国・1)


「다카쓰」ってハングルでは書くんですが、普通に読んだら「ダカス」だわね。
特に「ツ」はハングルに音がないので大変みたいですよ。
「とんかつ」は「トンカス」ですし。
「スポーツ」は「スポチュ」だし。


とにかく頑張ってほしいものです。
広島工業高校時代は背番号10の二番手投手。
亜細亜大学でも小池(近鉄→中日→近鉄→楽天)の影に隠れて二番手。
ヤクルト入団はドラフト3位。
1位は専修大学の岡林で、2位が東北福祉大学の小坂。
地味に入ってきたけど、結局はいちばん長持ちでしたね。
やってみないとわからないというかなんというか
勝手に勇気づけられて、なんか嬉しかったですね。


最後に現在のウリヒーローズですが3連勝中ですけど
順位は下から2番目の7位。
最下位は試合観戦してから好きになりつつあるLGツインズ。
これがまた7位とは7ゲーム差でダントツのビリ。

トップはSKワイバーンズでこれまた2位とは10ゲーム差。
まさにぶっちぎり。
ただまあ、韓国はちょっと変則のプレーオフをやるんで
最終的にどうなるのかはわかりませんけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

週末から月曜にかけてのスポーツあれこれ

「東北楽天 vs 巨人」

岩手・宮城内陸地震があった翌日に東北楽天のエース・岩隈が力投。
「野球なんかやっている場合か!」という意見もあると思うけど
「大変な状況だからこそ気が紛れていい」という意見もあるみたい。
なんにせよ、個人的にはこういうことだって社会貢献だと考えているので
これからも頑張ってほしいかなあなんて。


「西武 vs 広島」

広島の外国人投手・ルイスが10勝到達一番乗り。
どんな投手か全く知らなかったけど、いい選手を連れてきましたなあ。
来年あたり巨人が引き抜いたりして・・・?(笑)
3年契約で国内移籍には膨大な違約金が発生するそうですが。


「前ヤクルトの高津がウリ・ヒーローズ入団へ」

現役続行を希望していた高津が韓国球界へ行くんですね。
ウリというチームは昨年まであった現代ユニコーンズが解散して
新たにできたチーム。ソウルがホームです。いま最下位。
在日の選手が韓国でプレーしたというケースはたくさんありますが
日本国籍となると今回が4人目だそうですよ。

森一馬(元社会人・一光)、入来智(元ヤクルト)、塩谷和彦(元オリックス)
まあまあ成績を残したのは入来兄くらいかしら。

日本(14年):36勝43敗249セーブ
米国(2年):8勝6敗27セーブ
・・・とこんな実績のある選手が行くのは初めてですから
本当に頑張ってほしいですね。


「横浜・小池と中日・石井のトレード」

チーム防御率4.77と苦しむ横浜がまた痛みを伴うトレードですね。
石井は横浜出身だからとはいいますが
小池も横浜出身で・・・(笑)。

この石井は生まれつき耳が不自由で
それゆえ“サイレントK”なんていう異名がある左の豪腕です。
ちょっと伸び悩み気味だったのでチャンスかも。

一方、小池は小技もできて大きいのも打てる外野手。
今年は出場機会に恵まれていなかったみたいです。


「C大阪 vs 甲府」

日曜はネットの速報でこれをチェックしていたのですが
後半から出場した選手に“香川”という名前があり目を疑いました。
え?香川って土曜日に日本代表の試合に出ていたじゃん。
しかも、あれはタイでの試合・・・。
でも、間違いなくその香川でした。
早朝に大阪へ帰ってきて、2時間くらいの仮眠をしてからチームに合流。
C大阪の監督も「準備はできているか?」って聞いたそうで。
チームの中心選手であるとはいえ、なかなかできませんよ。
いや~。19歳って若いね~。ゴール決めてるし。


「ソウル vs 東京」

ソウルワールドカップスタジアムではプレシーズンマッチ。
ソウルと東京の定期戦が開催されてましたね。今年で3回目。
1回目はソウルでチェ・ヨンスの引退試合も兼ねて。
2回目は国立で。これ行った。ジメジメした天気だった。
今年から東京に加入したカボレは昨年のKリーグ得点王。
カボレに対しては相当のブーイングがあった模様。
ネットのストリーミングでチェックできるという情報を得て
実際に見始めたのが後半に入ってしばらく。
日本でいうと松木安太郎みたいな解説の人がいました。
はっきりは見えない映像で、あまりわからないハングルですが
選手の名前をちゃんと言ってくれたのでなんかわかりました。
「イシカワソンス~!シュ~~!!」
やたらと石川ナオの名前が出てきたところを見るとキレていたみたいです。

あと、気になったのはソウルのギュネス監督(日韓W杯のトルコ監督)の横に
通訳と思しき若いキレイな感じの女性がいたのですが(何分不鮮明なもので)
通訳と言えば監督の分身といえる存在なんですけど
ギュネスが怒鳴ったらあの女性も怒鳴るんだろうか・・・。

スコアは1-1のドロー。通算2敗1分。そろそろ勝ちたいね。


「高校野球」

早くも沖縄では予選が始まったんですね。
今年は90回記念大会で東千葉・西千葉、北埼玉・南埼玉、北神奈川・南神奈川
東愛知・西愛知、北大阪・南大阪、東兵庫・西兵庫っていう感じで
出場校が増えるそうで、思わぬ伏兵が出てくるのかな。
我が母校は1回勝つと次は早実ですって。
ハンカチ王子が全国制覇したときにも対戦しているんですよ。
控え投手にひねられて、王子は調整登板で出ただけだったけど。


スポーツあれこれと言いながら、野球とサッカーしか触れてないわ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャムシルで見た選手

新外国人選手のウィルソン選手、入団!

9日、前キア・タイガース(韓国)のウィルソン・アントニオ・バルデス選手(登録名:ウィルソン選手)と正式契約を結び、神宮球場で入団発表を行いました。背番号は「45」、契約期間は1年です。

ウィルソン選手はスワローズ入団について、次のように抱負を語っています。

「スワローズに入団でき、チームの一員となれ、素直にうれしいです。誰も知らない国でのプレーですが、チームの力になれると思う。スピード、肩、守備、それに打撃面、一生懸命やるところを一日も早く首脳陣に見てもらいたい。塁に出たら次の塁だけでなく、次の次の塁も積極的に狙う走塁、守備面では考えたプレーで勝利に貢献したい」

東京ヤクルトスワローズHP(http://www.yakult-swallows.co.jp/)より


このウィルソン選手って、私が先月24日に韓国プロ野球を観戦した時に出てたわ。
KIAで9番ショートだった。
발데스ってハングル表記が3文字だから、てっきり韓国人かと思ったら違った(笑)。
47試合 打率.218 1本塁打 16打点 13盗塁
・・・という成績だったから、特に目立っていたわけでもないんだね。
失策も6あったようだし。
私が観戦した試合を最後にチームを離れたらしい。
その後、投手を補強したので、大砲じゃない外国人よりは投手のほうがよいんでしょ。
まあ、日本も韓国も外国人選手に求めるのはそういうケースが多いから仕方ない。

さて、宮本の負担を減らすためとか言われていますがどうするのかな。
サードにコンバートさせて、ショートにこのウィルソンを使うらしい。
環境が変わると化ける選手もいることだから
こればっかりはやってみないとわからんのです。
メチャクチャ打つかもしれない・・・かも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 5월 2008 | Main | 7월 2008 »