« 3월 2008 | Main | 5월 2008 »

第13回 多摩川クラシコ

「多摩川クラシコ」とは、多摩川を挟んで対峙する
FC東京と川崎フロンターレが試合をすることでございます。
2000年に一緒にJ1へ昇格した良きライバルという感じですか。
これまでのJリーグでの対戦成績は東京の3勝5分4敗。
昨年の対戦では0対7という“大虐殺”がありました。

さて、今年はといいますとまず味の素スタジアムで対戦。
3月の開幕戦でも場内のモニターで対決を煽るCMを流していました。
ヴェルディからフロンターレに復帰したフッキが威勢よく吠えていました。
・・・が、色々あってフッキはヴェルディに復帰してしまったので
CMはちょっと作り直し。ケチがついてしまいました。

↓こちら「多摩川クラシコ」の宣伝YouTubeです。
http://jp.youtube.com/watch?v=9eqZ88sOzo8&feature=PlayList&p=032FADE5E687209B&index=4

さらに対決を煽るため作られたポスターでは
ジェフから東京に移籍した羽生と
ジェフからフロンターレに移籍した山岸がファイティングポーズを取りました。
・・・が、羽生はケガのためこの試合は欠場。残念でございます。

マッチデープログラムはディフェンダーの佐原が表紙を飾りました。
佐原はフロンターレから東京にレンタル移籍中の選手。
フロンターレサポはブーイングするかと思ったら拍手でしたね。
逆のパターンだったら東京サポはどうしていたんだろう。

ソシオ等に配られる選手カード。本日はキーパーの塩田。
私の相方と同郷の日立市出身。
大学は今住んでいる龍ヶ崎にある流通経済大学。
そしてチームはFC東京。
一方的にただならぬ縁を感じます(笑)。
このところ、試合前とかに「塩田コール」をすると
かつての宮沢みたいにもっともっとと両手でアピールしてきます。
だんだん風格が出てきました。

さて、試合はといいますと、最初からハイテンションです。
今回は応援のリードが良かったのかキックオフ直前に
スターティングメンバー11人の名前をコールできました。
個人的にはこうやってみんなの名前を呼べるといいなと思ってます。
他の人がどう思っているかは知りませんけどね。

周囲も熱くなっていて、直前まで仕事の話をしていた
サラリーマン風の男性は人が変わったように
相手選手のファールに対して「今のカードだろ!?」ってキレてました。
ちなみにこの人、ハーフタイムでは静かに仕事の電話をしてた(笑)。

19分。北朝鮮代表の鄭大世にゴールを決められました。
「まさか、今回もか?」という思いが頭をよぎった人が多かったのでは。
昨年、鄭大世に前半だけでハットトリックを決められているのです。
そこをなんとか25分にカボレが押し込んで同点。
今回は違う!と安心させてくれました。そして歌いましたよ。
♪カボレ カボレ so カボレ クセになっちゃう カボレ
(シブがき隊「100%…Soかもね!」のメロディに乗せてお願いします)

26分、谷口に入れられましたが、43分に赤嶺が同点弾を叩き込んでくれて
前半は2対2で終了。雰囲気は悪くない。

そして、後半途中からユース上がりの18歳・大竹が登場。
直後の63分でした。ループ気味に放ったシュートが見事にゴール!
19歳以下の日本代表でもある大竹のJ初ゴール。
将来、日本代表にも行くであろう(希望ですけど)大竹の歴史的第一歩。
これを見ることができて本当に良かったです。

トドメは70分に今野のゴール!
パスで完全にフロンターレ守備陣を崩しました。
もう興奮がおさまらず、周囲の知らない人たちとハイタッチですよ。
私自身、この酸欠状態の熱狂を味わうのが久々。
いや~、なんて楽しいんだろう。
そんな1日でした。
試合が終了した直後から雨が降り始めました。
それまでは熱気で空も遠慮したのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

韓国プロ野球観戦ガイド

2008guideb


今年も買いましたのよ。例のマニアック本を。

室井昌也・編著
『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2008』(小学館スクウェア)

こちら韓国野球委員会公認というお墨付きでございます。
内容はサムソンから東京ヤクルトに移籍した林昌勇(イム・チャンヨン)の紹介
球場ガイド(リニューアルだそうです)
全8球団の監督、コーチ、選手(写真つき)&申告選手、軍保留選手(722名)
各種成績一覧などなど・・・。
かなりの充実っぷりですね。なんだ。私は回し者か??
この本は今年で5年目だそうですが、私自身は3冊目となりました。

Image202

韓国野球にまつわるここ1年の話題はというと
アジアシリーズで韓国のチームが初めて日本のチームに勝ちましたね。

存続が危ぶまれていた現代ユニコーンズが解散し
ウリ・ヒーローズが誕生しております。
外資系投資会社のセンテニアル・インベストメントが買収して
チームの命名権をウリタバコという会社に売りました。
ちょっと前に近鉄バファローズがこのやり方をしようとして
周囲の猛反対にあって頓挫しましたよね。

本拠地もそれまでの水原(スウォン)からソウルに移転。
現在は木洞(モクトン)野球場で試合をし
2010年に新球場が完成したらそちらに移転するそうです。

それはいいんだけど、2013年完成予定の安山ドームは
どこのチームが使うんだい??

ロッテジャイアンツ(知らん人からいわせるとホント紛らわしい名前ね)は
ジェリ・ロイスト監督を起用。韓国プロ野球初の外国人監督なんだってさ。


パラパラと本をめくって面白がっているところなのですが
試合日程を見て気がつきました。
いま、母親等を連れてソウルに行く計画を立てているのですけど
どうやら土日のプロ野球はデーゲームのようなのです。
2008年はソウルにチームが3つもありますから
試合のない日というのはまずありません。
こ~れ~は、チャンスじゃないのかな??
あの人たち、アカスリエステに行きたいとか言ってるから
午後のこの時間帯に行ってもらえば私はフリーじゃな~い??
試合が夜だとさすがに韓国が初めての親を置いていくわけにはいかないけど
アカスリとバッティングさせてしまえば問題解決っぽくない?
だいたいのところはホテルまで送迎をしてくれるので
終わったら部屋で休憩でもしてもらって
私が戻ってきたら夕食に出かければいい。
こいつはいいアイデアだなあ。一気に可能性が広がった気がする。
せっかく観戦ガイド本を買ってるのだから実際に観に行きたいよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 3월 2008 | Main | 5월 2008 »