« ザ・ノンフィクション | Main | 韓国プロ野球観戦ガイド »

10周年 FC東京

いよいよJリーグが開幕いたしましたね。
当方も大変心待ちにしておりました。
Tokyo1


FC東京を応援していますので、まずは年間チケットの購入。
こちら無事に届いております。特典はコースター。
もったいないので使えないですな。

セカンドクラブという存在のヴァンフォーレ甲府も
協力会員になりましたので、諸々が届きました。
1月31日までに入金してくれた人へのサービスということですが
年間チケットではなく、1口5000円の人間にもくれるというのは
ちょっとサービス良すぎかと思わなくもありません。

Kofu


SuicaやPASMOなどの非接触型のICカードを
スキミングから守るというカードも入っておりました。
ちょっとわからないんですが、カードをサイフから取り出さずに
サイフごと改札のところに持っていくのが好きな私なのですが
これを使うとそれもできなくなっちゃうのかな?
だとしたら面倒なので使いません(笑)


そういうわけで8日は味の素スタジアムまで行ってまいりました。
トーチュウの特別号外を貰って
マッチデープログラム、ファンブックを買い
チーム創設10周年を祝うネックストラップ付来場記念証明書を貰い
(公共施設としては日本初のネーミング・ライツを導入した
味の素スタジアムとのコラボ企画だそうです)
ゴール裏後方の席を確保し、試合開始を待ちました。
陽射しがとても眩しかったな。ちょっと暑いくらいだった。
グラウンドでキーパー陣がアップを始めたあたりから
こちらも「いよいよだ」というテンションが上がってきましたですよ。

Tokyo2

開幕戦のオープニングゲストは山本高広。
ごめん。この人を私は知らなかった。織田裕二のマネする人なのね。
ちょっと微妙だったと思うんだけど、東京の人は眼差しが暖かだった。
どうなんだろう。東京の開幕ゲストってちょっと変わってるよね。

試合は1対1の引き分け。まずまずのスタートだったと思います。
(ナオ!そこはシュートでしょ?ってのが2回くらいあったかな・・・)
城福サッカーへの期待感を抱かせる始まりだったな~。
新戦力が多かったのですけど、試合に出た選手はそれぞれ合格でしょう。
千葉から移籍した羽生は、ホントによく動くね。
明大在学中の長友もいい。たまにあるポカをなくそう。
ユース上がりの大竹は、流れを変える選手になるんじゃないかな。
ギリシャから来たブラジリアンのエメルソンも悪くはなかった。

しかし、それよりもなによりもビックリだったのはカボレっすよ。
昨シーズンのKリーグ得点王。移籍交渉が長引いて合流が遅れて
コンディション不足は否めないのだけど、でもすごかった!!
1年前、東京にいた某コスタリカ代表さんは
みんな心の中で「あれ?」と思いながらも
「いや、きっとこれから良くなるはずだ」と言い聞かせ続けたけど
結局、フィットしないままチームを去ったなあ(足がもうダメだったそうで)
でも、このカボレはオーラが違ったですよ。
よくこんな選手が来ましたね。ヨーロッパからもオファーあったのに。

♪カボレ カボレ そおカボレ くせになっちゃうカボレ
(シブガキ隊の『100%・・SOかもね』のメロディで。いや、マジでやってた)

対戦相手だった神戸についてもちょっと。
東京から移籍していった鈴木ノリオをブーイングしようと思ったら
90分間ずっとベンチだった・・・。
韓国代表・金南一のスライディングが早くて鋭かった(笑)


帰りに、JFLの横河武蔵野FCサポがチラシを配っていました。
JFLも来週開幕で、オープニングのアルテ高崎戦を
“聖地”国立競技場で戦うんですって。行けませんけど頑張ってね。
Jリーグの下部に位置するJFLですが
来年のJ2入りを目指すチームがいくつかあり、とても熾烈です。
まあ、横河は今のところ目指していませんが。
カターレ富山・ニューウェーブ北九州・ファジアーノ岡山
栃木SC・ガイナーレ鳥取
中には今年ダメだったら来年の保障はあまりない!みたいな
賭けに出たチームもあるようです・・・。


さて、次回は4月5日(土)の札幌戦の予定です。

|

« ザ・ノンフィクション | Main | 韓国プロ野球観戦ガイド »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55067/40446092

Listed below are links to weblogs that reference 10周年 FC東京:

« ザ・ノンフィクション | Main | 韓国プロ野球観戦ガイド »