« 10월 2007 | Main | 12월 2007 »

ドラフトの下位から育成に・・・

ドラフト会議がありましたね。
注目は大学ビッグ3と呼ばれる選手なんでしょうけど
個人的には下位が気になります。
特に四国や北信越の独立リーグの選手ですかね。

ヤクルト
6位 三輪正義 内野手(香川)
育成 小山田貴雄 捕手(高知)

千葉ロッテ
育成 宮本裕司 捕手(高知)
育成 小林憲幸 投手(徳島)
育成 白川大輔 内野手(高知)

オリックス
育成 梶本達哉 投手(愛媛)

東北楽天
育成 内村賢介 内野手(石川)

しかし、面白いのは彼らの今年の成績です。
ヤクルト6位 三輪内野手は.214 0本塁打 19打点・・・。
ただし40盗塁。これか!

ヤクルト育成 小山田捕手 .195 2本塁打 18打点
千葉ロッテ育成 宮本捕手 .288 5本塁打 26打点
千葉ロッテ育成 小林投手 4.76 2勝3敗1S 
千葉ロッテ育成 白川内野手 .211 0本塁打 10打点
オリックス育成 梶本投手 2.27 15勝6敗1S
東北楽天育成 内村内野手 .271 0本塁打 30打点 31盗塁

数字以外で見ているものがあるんですねえ。
徳島の選手が育成とはいえ指名されるだなんて(笑)。
指名されなかった選手で言えば香川の松尾投手なんか
防御率1.72 15勝3敗ですよ。今季のMVPなのに。
なにがいかんのでしょうか・・・。

いま、ネットで調べたら小山田捕手のお父さんって
ヤクルトが優勝した時に池山が遺影を掲げていた
小山田ブルペン捕手なんだってね。
覚えてるよ。家族の方がスタンドにいて涙流してた。
それを見てこっちもグっときたんだ。

あ、それともう一人。
千葉ロッテの育成枠の大谷龍次外野手。
日立製作所厚木・・・。野球部あるのかな。すごいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アジアシリーズ!!

昨日行ってきましたよ。
中日ドラゴンズ-SKワイバーンズの試合に。

今年の韓国プロ野球を制したSKワイバーンズは
仁川(インチョン)にホームを置くチームです。
監督は去年、一昨年と千葉ロッテでコーチをしていた金星根(キムソングン)。
加藤初(投手)、大田卓司(打撃)、福原峰夫(守備)と日本人コーチがいます。
ちなみに金星根さんは高校まで日本にいたので日本語は不自由しません。

じゃあ、SKってどんな会社なのかと調べますと
韓国なのでいわゆる財閥なのですが、石油精製や通信が軸だとか。
もともと鮮京(SUNKYOUNG)という会社なので「SK」ね。

サッカー・Kリーグの済州ユナイテッドの親会社でもあります。
かつて油公(ユゴン)っていうチームでした。
油公は石油を扱う国営企業で、民営化した時にSKが買収したんですと。
初めて韓国に行った96年当時、ガソリンスタンドは油公だらけだったけど
いまはSKだらけになったね。そういえば。
私の初Kリーグ観戦は一和天馬(イルファチョンマ、現・城南)と油公の試合。
一和の高正云(コジョンウン、後にC大阪入団)がハットトリックしたらしい。
(ずっと金度勲(キムドフン)だと思ってたんだけど、年代が合わなかった)
キーパーは当時、サリチェフ、今、申宜孫(シンウィソン)。
ロシアから韓国に帰化したKリーグ伝説の選手だね。
油公は誰がいたのかさっぱり覚えていない(笑)。

そうそう。SKっていえばワールドカップのときに
「テーハンミングク!!」ってソウル市庁前の広場とかが
暴動・・・いや大騒ぎになりましたでしょ?
あの赤いTシャツを仕掛けたのが、ここのSKテレコムだそうですよ。
話せば長くなるのでこのへんにしますけど。

さて、アジアシリーズなんですけどね、上司と一緒の観戦でした。
上司との観戦は今年初めてですか。毎年何試合か行くんですけどねえ。
「サムライさんが韓国に詳しいから韓国戦に行こうよ」と言うので
そのようになりましたが、実際に詳しいということもあるでしょうが
本当のところは上司さまが韓国チームのチアリーダーを見たかった!
・・・はず、です。たぶん。スケジュールの都合も・・・あるか。
でもまあ、チアのネエさんは確かにキレイですし
日本にはない応援スタイルなのでそれはそれで面白いです。

それにしても今年は事前の盛り上がりがさっぱりなかったので
観客はガラガラかなあと思ったら、案外入っていましたね。
自由席を購入し、2階席(なのかな)へ・・・。
とりあえず大会のパンフレットを買おうと思ったのですが
2階席には売っているところが見当たらず、さまよっていると
1階席の入口ではチマチョゴリを着たおねえさんが
チアーズスティックを配っておりました。
球場では開けないで家で膨らましてみました。


617778441_180

さらに歩いているとギャラリーがありまして
韓国と台湾のリーグのユニフォームが飾られていました。
こちらに掲載したのは韓国のチームのユニフォームです。


617778441_149

ついでに徘徊をしておりますと、なにやら異様な熱気の人だかり
それも、主におばさま・・・。
何事かというと、タレントのリュ・シウォンが始球式と
球場内だけで聴けるというFM放送のゲストに出ていたのです。
そのFM放送をしているブース付近にカメラを構えた人・人・人。
ちょっとおかしいんじゃ・・・いやいやすごい熱気でした。
試合なんかそっちのけというか最初から興味なしで。


617778441_86

そういえば帰りの水道橋駅前には
今日の始球式の模様などを撮影して、売っているおっちゃんがいました。
肖像権もへったくれもない(笑)。
売れるのかよ!と思ったら、おばちゃんが買っていた・・・。

試合はというと、アジアシリーズで初めて日本のチームが負けましたね。
一昨年の千葉ロッテ、昨年の北海道日本ハムに比べると
今年の中日はなんか気が抜けていたというか
こういう時、パ・リーグのチームはがっついた感じなのに
セ・リーグはどういうわけか淡白ですよね(イメージ)。
決してやる気がないわけじゃないのでしょうが。
サッカーの天皇杯で格下のチームに苦戦するJ1チームみたいでした。
若手を起用したんだけどうまく機能しないみたいな・・・。
まあ、10回戦えば何回かは負けますよ。仕方ありません。

SKの先発投手・金広鉉(キムグァンヒョン)は高卒ルーキー19歳。
鳴り物入りで入団したのですが、今年の成績は3勝7敗。
いやあ、彼に自信をつけさせましたね。
確かにいい球を投げていたと思います。これで化けるかもよ。

詳しい戦評については他の人に任せます~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

降格と昇格と

Jリーグも残り4節ということで
残留・昇格の争いにも目が行く今日この頃ですね。

J1からJ2に落ちてしまうというのは大変なことで
まず収入がガタンと減ります。
放映権料の分配金がJ2に落ちると3分の1くらいになりますし
J2になるとJ1ほどの広告効果がないから
当然、広告料も下がるし、お客も減る。
その上、J1でやりたいという選手や
J2でプレーさせるにはもったいないという選手は
引き抜かれてしまうので戦力もダウン。
まさに負の連鎖が起こります。
できることならJ2に落ちないほうがいいに決まっている。

で、現在ですが、横浜FCの降格が既に決定。
残り1.5がどうなるかということです。

14位 大分(32)
15位 大宮(30)
16位 広島(30)
17位 甲府(26)

これがワタクシの私情込みスーパーコンピュータで計算いたしますと
最終的には

14位 甲府(34)
15位 大宮(33)
16位 大分(33)
17位 広島(31)

・・・になるのではなかろうかと。なってほしいかな、と。
注目は11月11日の大宮vs大分ですか。
大宮公園が1年半の改修を経て、NACK5大宮スタジアムに変身。
そのこけら落としでまさか無様な試合はできまいと思われます。

広島は苦しいですね。あの戦力がありながらという感じはします。
開幕戦でFC東京は広島にズタズタにされたんですが
あの時は優勝するんじゃないかと思ったくらいなんですけど。
清水・川崎・G大阪と強いところばかり残っていますから・・・。

甲府には私情たっぷり注いでいます。
14位なんてありえないのでは?とツッコミが入りそうですな。
最終節はホームでFC東京戦。これ私も観戦しに行くんですが
「空気の読めないFC東京さん」としては、やってしまう気もしますけど。
一応、2番目に応援しているチームなんでね・・・。
まあ、落ちてもいちばん痛手が少なそうなのもここだとは思うけど。


J2はといいますと

1位 札幌 (87) 残り3試合
2位 東京V(84) 残り3試合
3位 仙台 (79) 残り4試合
4位 京都 (78) 残り4試合
5位 C大阪(75) 残り4試合

これもワタクシの私情込みスーパーコンピュータで計算いたしますと
最終的には

1位 札幌 (94)
2位 東京V(88)
3位 仙台 (87)
4位 C大阪(87)
5位 京都 (84)

・・・になるのではなかろうかと。なってほしいかな、と。
次節11月11日に札幌は鳥栖を下して昇格決定かなあ。
東京Vもラスト前の11月25日に2位を確定させそう。

問題は入れ替え戦に挑むこととなる3位ですよね。
血みどろの戦いになるのは
11月10日の東京Vvs仙台ですかね。
予想ではこの試合引き分けにしています。
負けたほうはちょっと大変になりそう・・・。
仙台が勝つと仙台が自動昇格の2位で、東京Vが3位。
東京Vの勝ちは予想できません。私情込みスパコンなので(笑)。

C大阪は残り4試合怒涛の4連勝となりそうですが
相手が東京Vにしても仙台にしても最終的に得失点差で涙かな・・・。
序盤のつまずきが大きすぎた感じです。

入れ替え戦は、大分vs仙台・・・。
個人的には仙台なんだけど
大分は落ちてしまうと経営が持たない気がする。
だから大分で!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 10월 2007 | Main | 12월 2007 »