« 9월 2007 | Main | 11월 2007 »

全社

現在“全社”開催中。
よく知らないので調べてみた。
全国社会人サッカー選手権大会というのが正式名称で
JリーグやJFLに参加しているチーム以外の社会人チームが
一ヶ所に集まって行われるトーナメント大会なのだよ。
地区予選を勝ち上がった31チームと地元枠1チームの32チーム。
出場枠はその地域の登録チーム数の比率によって変わる。
東北は出場枠が1だけど、関東は7みたいにね。

この全社に優勝すると11月に行われる全国地域リーグ決勝大会に
全社枠として出場することができるのだ。
ちなみに全国地域リーグ決勝大会とは各地域リーグの優勝チームと
前回の決勝大会でいい成績を残した地域にもうひとつ枠が与えられ
(2007年は東北、東海、中国、九州の枠が2で、その他は1)
この全社枠とそのほか推薦枠のチームなどを加えて
その中でリーグ戦を行い、上位2位までに入れるとJFLに昇格できるのだ。
J1・J2の次のカテゴリーがJFL。頂上が見えてくる位置だ。

つまり、近い将来のJリーグ入りを目指しているのだが
地域リーグでの成績が思うように伸びなかったため
全国地域リーグ決勝大会に出場が決まっていないチームが
その出場枠を得るために全社で優勝を目指す・・・。
そのような位置づけとなっている。

たとえば
北信越リーグ4位のツエーゲン金沢。
四国リーグ2位のカマタマーレ讃岐。
九州リーグ3位のV・ファーレン長崎。
このあたりが一発逆転を狙っているチームであろう。

しかも、今回の全社に必ずしも地域リーグ優勝チームが出ているわけではない。
リーグ戦のほうに力を注いで、全社は捨てたチームもある(たぶん)。
そうなると逆転を狙っているチームにとってある意味チャンスである。
よし!頑張ろう!!ということになるのだが、実は、全社様はキツイ。
何がすごいって、その日程である。

1回戦 10月13日
2回戦 10月14日
準々決勝 10月15日
準決勝 10月16日
決勝 10月17日

高校生だって5日連続で試合はしないと思われる・・・。
週末ごとに試合しろと言われても、遠征にはお金がかかる・・・。
そう考えると一ヶ所集中開催がもっとも効率がよいとも言える。
ただし、準々決勝から決勝はド平日だ。
前述のようなプロを目指しているチームはいつ試合をしてもいいだろうが
社会人サッカー選手権なので社業の傍らでプレーしている人が大半のはず。
勝ち進んでしまったら、やはり有給休暇を取らないといけないのだろうか。
それともどうしても外せない仕事があるので帰ってしまい
その結果、戦力が落ちてしまうのか。こちらのほうが有力であろう。
なかなかマゾっ気たっぷりな大会であるといえよう。

今回の出場チームで気になったのがもうひとつ。
それは、藤枝市役所。
東海リーグ3位の強豪チームなのだという。
どうも静岡のサッカーどころというと清水と思いがちだが
実はこの藤枝もなかなかのものらしい。
そんな市役所チーム。最強の公務員である。
しかしながら、サッカーがうまいということだけで人材を取れないので
強化をするのは大変だとか。まあ、そりゃそうだ。
残念ながら2回戦敗退。公務に穴を開けずに済んだ(?)。

あと、関東リーグ7位ながら出場をしたT.F.S.C。
東芝府中サッカー部だそうだ。全く知らなかった。

そして17日の決勝戦は
「FC Mi‐Oびわこ vs 矢崎バレンテ」に決定。

FC Mi‐Oびわこは佐川急便京都サッカー部が母体。
2005年に廃部となり、滋賀県草津市で活動していた
FC Mi‐O キャットフィッシュを受け皿として存続。
滋賀からJリーグを目指すとのこと。
一方、矢崎バレンテは矢崎総業の関連会社、矢崎計器島田製作所を
母体としたチームだそうだ。こちらはJFLを目指しているとのこと。

矢崎バレンテは東海リーグ2位が確定していて
既に全国地域リーグ決勝大会出場が決まっているので
全社枠はFC Mi‐Oびわこに与えられる事となった。

そうか。V・ファーレン長崎は準決勝敗退か。痛恨だな。
九州リーグは2節を残して

1位 ホンダロック 49
2位 ニューウェーブ北九州 48
3位 V・ファーレン長崎 47

しかし、V・ファーレン長崎は試合消化が1試合多い。
次節、ホンダロックとニューウェーブ北九州が共に勝てば
最終節を残してV・ファーレン長崎の2007年は終わり。

カードを見ると
【10月27日(土)】
ニューウェーブ北九州-熊本教員団
ホンダロック-新日鐵大分
【10月28日(日)】
海邦銀行SC-ニューウェーブ北九州
V・ファーレン長崎-ホンダロック

可能性があるとしたら
4位の新日鐵大分がホンダロックに勝つことを祈る。
どうもこれだけのようだ。
ニューウェーブ北九州は9位と10位との対戦である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長崎セインツ、四国ILへ

「四国アイランド、来季は九州2チーム加え6チームに」

 野球の独立リーグ・四国アイランドリーグを運営するIBLJ(本社・高松市)は、経営難の高知ファイティングドッグスを存続させ、来季から長崎セインツ(長崎県佐世保市)と、新たに発足する福岡県のチームを加えた計6チームでリーグ戦を行う方針を固めた。
(2007年10月12日3時7分 読売新聞)

一度観戦に行くとやっぱその後のことが気になるものです。
四国ILは九州から2チーム加えるそうです。
じゃあ、名称が四国のままじゃいかんのでは・・・。
それにしても長崎セインツってどんなチームなのよ。

ウィキペディアによりますと
「長崎セインツは、長崎県佐世保市に拠点を置く野球クラブチーム。2008年春の開幕を目指すプロ野球独立リーグ・九州リーグに、長崎県を拠点とするチームとして参加する予定。
前身は社会人野球の佐世保ドリームスターズである。2006年10月、九州リーグ参入を目指し、同チームを発展的に解消した。監督は元ソフトバンクホークスの2軍コーチ河埜敬幸。チームアドバイザーは福本豊。選手らはハウステンボスなどで働きながら野球に臨んでいる」

ふ~ん。なるほどね。有名な方を監督に招いているんですね。
しかし、ここで気になるのは九州リーグってありますよ。これは??

またまたウィキペディアで調べてみますと
「九州リーグは、九州、山口県にある既存のクラブチーム全8チームをプロ化して発足する予定の野球の独立リーグのことである。1県1チームで、2008年4月開幕予定。シーズンオフ後に選手への雇用機会を提供するキャリアサポート制度もあり、協力企業としてはハウステンボスが決まっている」

その8チームというのが
山口きららマウントG
福岡オーシャンズ9
佐賀魂
長崎セインツ
大分ソーリンズ
熊本レッドスター硬式野球クラブ
宮崎ゴールデンゴールズ
硬式野球倶楽部「薩摩」
・・・だそうです。
どこもプロ野球のOBがチームに関わっているようで
これはまたすごい構想じゃないですかと思ったんですけど
ということは、来年の春にこのリーグは開催できないってことでしょ。
なんだ?これは計画が頓挫なのですかと思い検索するとこんな記事が。


「九州2チーム来季参戦か-四国アイランドリーグ」

 九州で野球の独立リーグ設立を目指している長崎セインツ(長崎県佐世保市)など2チームが、来季の四国アイランドリーグへの参戦を検討していることが28日、分かった。もう1チームは現在、発足準備を進めている福岡のチームになる見込み。実現すれば、来季の四国ILの公式戦は四国4、九州2の計6チームで争われることになる。
 長崎セインツの地頭薗哲郎球団代表(48)が明らかにした。四国ILを運営するIBLJの鍵山誠社長(40)は「今の段階では何もコメントできない」としたが、以前から経営安定化のため、リーグの広域化を公言しており、現実味を帯びそうだ。
 地頭薗代表はこの日、さぬき市の志度球場で行われた四国IL香川・徳島連合チームとの交流試合のため来県。「来季の九州リーグ発足は難しいが、選手には実戦の場が必要。長崎と福岡で四国アイランドリーグに参戦し、第一歩を踏み出したい」と強い意欲を見せた。
 同代表は、四国IL側との話し合いについて「前向きに進んでいる」と強調。採算性についても「確保できる」との見通しを示し、今後は試合日程の調整や移動手段など、具体的な詰めの協議を進めていくという。
 四国ILは今年3月、地頭薗代表がつくった九州独立リーグ準備室と業務提携を目的としたパートナーシップ契約を結んでいる。
(2007年8月29日9時35分 四国新聞)

なるほど。夏の終わりにはこのような話が出ていたのね。
とりあえず、来春の九州リーグ発足は難しいことはわかりました。

問題はやはり移動手段なのでは?
私は旅行で佐世保から小倉まで高速バスを利用したことがあるのですが
この距離の移動で3時間かかりました。
さらに四国へ渡ろうと思ったらどうすればいいんでしょう。
フェリーは主なもので・・・
小倉から松山(7時間、夜中発早朝着)
別府から八幡浜(2時間半程度)
佐伯から宿毛(3時間)
まあ、このあたりを使うしかないのかなあ。
陸路は厳しいでしょ。

で、九州リーグが開催できそうだとなったらこれまたどうすんの?
色々動きがありますな。注目してみないとね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

後半44分 財前

今日は早く帰ってマリーンズvsホークスを観たかったのですが
思いのほかシゴトが終わりませんで
結果は帰りの電車でケータイの速報で知りました。

道中長いもので、ついでにスポーツをチェックしておりますと
本日はJ2も開催されていたのですね。
ベガルタ仙台vsモンテディオ山形は1対1のドロー。へえ~。
この試合は「みちのくダービー」と呼ばれていまして
さぞかし盛り上がったんだろうなあと想像されます。
得点者を見ると、後半44分に山形の財前宣之が決めている。
PKなのだそうですけど、なんにせよ終了間際に追いついたのね。

ちなみにこの財前選手、今年で31歳なのですが
今は旅人をなさっている中田ヒデが「財前は天才だ」と
言ってしまうほどの選手で将来をかなり嘱望されていたのですが
ひざの靭帯を3回も切るという災難がありまして
サッカー人生としてはかなりご苦労をなさっております。
まあ、普通の人だったら心がポッキリ折れてるね。

しかも、彼は1999年の途中から2005年までベガルタに在籍。
2002年のベガルタJ1昇格に大きく貢献していて
(チームは2年でまたJ2に降格しているけどね)
仙台市民からの人気は絶大だったと聞きますよ。
それが、2005年限りで戦力外通告を受けまして
こともあろうかベガルタのライバルであるモンテディオに移籍したのです。
「いらないよ」と言っちゃったんだけど
まさか隣の県に行ってしまうとは思わなかったでしょうね。

なので、みちのくダービーの時のベガルタサポも思いは複雑で
モンテディオに行きやがってというブーイングと
まだ頑張ってほしいという拍手が入り混じるとか。
どっちかというとブーイングのほうが強いのだろうけど。

余談ですが、逆に長い間モンテディオを支えていた永井篤志選手が
今年からベガルタに移籍しているのよね。
色々交錯、かなりややこしい。

今日の試合、どうだったのかなあ。
試合終了間際ですよ。モンテディオにPKが与えられて
それを蹴るのが好きだった(今も好き?)財前。
ユアテックスタジアム仙台に訪れた15600人のうち
ベガルタを応援している人が13000人くらいでしょ。
場内を激しいブーイングが包むわけです。
それをもろともせず冷静に蹴りこむ財前。
決まった瞬間、静まる場内・・・。
お~。なんか妄想が広がるね。シビレちゃう。
バカですか?バカですね。つける薬もない。


さて、いよいよ佳境を迎えたJ2の昇格争いですけど

コンサドーレ札幌 75(残り7試合)
東京ヴェルディ  74(残り7試合)
――↑↑自動昇格ライン↑↑――
京都サンガ    71(残り8試合)
――↑↑入れ替え戦ライン↑↑――
ベガルタ仙台   70(残り7試合)
セレッソ大阪   68(残り8試合)
湘南ベルマーレ  65(残り7試合)
アビスパ福岡   64(残り7試合)

序盤あれほどリードしていたコンサドーレが失速。
「白い恋人騒動」が大きかったのかなあ。
もうダメかと思われたヴェルディがなんと昇格圏内に。
まあ、ヴェルディってそんな好きじゃないけど
そろそろ、東京ダービーを観たい気もするな・・・。
ベガルタも今日、土壇場で追いつかれて
勝点3だったのが勝点1になっちゃったのが
あとになって悔やまれる結果とならなければいいんだけど。
しかしまだわからないよ。7チームにチャンスがあると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プロ野球も終盤っすね

プロ野球もパは日本ハムがリーグ優勝を飾り
あとはクライマックスシリーズを待つのみ。
セもリーグ戦が大詰めという段階に来ましたね。

この時期になりますと、引退を表明する選手も出てきますし
来シーズンに向けた戦力の見定めとか行われますね。

こちら9月30日の西武ライオンズのオーダーです。
(出場試合数は29日までのもの)
相手が最下位のオリックスということもあって
ゲームはいわゆる消化試合となっております。

9 大崎 (23歳・1年目) 4試合
4 片岡 (25歳・3年目) 112試合
7 栗山 (24歳・6年目) 108試合
6 中島 (25歳・7年目) 139試合
D G.G.佐藤 (29歳・4年目) 132試合
3 黒瀬 (22歳・4年目) 10試合
8 松坂 (22歳・4年目) 1試合
2 細川 (28試合・6年目) 135試合
5 原 (23歳・1年目) 8試合
1 帆足 (28歳・7年目) 13試合

平均年齢が25歳をわずかに割り込みます。若い!
一応、それなりに主力は出ているようですけど
磐石なのはショートの中島くらいでしょう。おそらく。

先頭打者の大崎選手って・・・。
調べてみると常総学院から青山学院を経て入団のルーキー。
知らないな~。まあ、しかたないけど。
黒瀬選手は県岐阜商出身。松坂選手は東海大仰星出身。
これまた若いのを試しましたね。

途中出場だと、水田選手は大阪桐蔭高からプリンスホテル。
今年で7年目。15試合の出場。
来季のテストとはいっても意味合いが少し変わるのかしらね。
代打で出場の選手会長・赤田選手。9年目。今年16試合。
彼がシーズン通して活躍できていればもう少し違ったかも。

その他、個人成績データを眺めていると
こんな選手、あんな選手、おりますね・・・。
後藤選手なんて、メジャーに行った松坂選手と高校で同級でしょ。
法政大学時代は主砲として活躍してた。
彼のプロ初ホームランを見たんですよ。ええ。4年前のことらしいです。
ちなみに2軍では3割以上をマークしていました。ここが壁か・・・。

高校通算86本塁打を誇った大島選手も来ないな。
いまどちらかというと中距離ヒッターというイメージ??

投手に目を向けると、河原投手・・・。
今年、3試合登板で0勝2敗 防御率12.19か~。
巨人で輝いていた頃の姿はもう望めないのかな??

どうもこの時期は、来年危ない選手に目が行ってしまうな。
いかんいかん。いかん・・・のか?

一方、同じ消化試合でも若干様相が違う北海道日本ハム。
リーグ優勝を決めたので主力を休ませて
ポストシーズンに使えそうな若手のテストです。
森本はフル出場をしているのでDHで出しましたけど。

D 森本 (27歳・9年目) 141試合
7 川島 (24歳・2年目) 7試合
3 稲田 (28歳・4年目) 81試合
8 工藤 (27歳・3年目) 69試合
6 陽  (20歳・2年目) 52試合
9 紺田 (27歳・5年目) 92試合
4 高口 (24歳・2年目) 0試合
5 飯山 (28歳・10年目) 102試合
2 鶴岡 (26歳・5年目) 54試合
1 武田 (29歳・2年目) 34試合

まあ、別にいいんだけど4番・工藤って・・・(笑)。
170センチの小兵で明らかにそういうタイプではないでしょ。
オーダー全体を見ても、どれだけピストル打線なんだ。
飯山選手だって108試合と書いてあるけど基本は守備固めの人だし。
しかも、出場試合数が少ないとはいえホームラン打ってるの森本選手だけ。
チーム本塁打も73本と12球団でもダントツ最下位ではあるけどね。

まあ、もう優勝決まったし。

Jリーグでいうところの最強規定もへったくれもございませんねえ。
あれも、色々とケチが付きました。上の方はイメージを下げましたね。
戦力のほかに権力がいるなんて、何かの記事にあったけど
それは確かにあるのかもしれませんよ・・・。
権力というか政治力というかそんなものがない弱い立場の私としては
川崎に同情するほかありませんけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 9월 2007 | Main | 11월 2007 »