« 日韓比較「マラソン」 | Main | プロ野球も終盤っすね »

四国アイランドリーグ観戦

行ってきましたよ。もちろん、初観戦。
淡路島へ観光に行きまして、その足で徳島へ行くことになり
日程を調べてみたら徳島で試合があるじゃないですか。
ただし、メインで試合を行っている鳴門市ではなく
この日は阿南市での開催とのこと。
阿南市ってどこですか?地図を見る。随分と南ですね。
徳島県庁から1時間の距離という紹介がされていました。

この日のカードは
徳島インディゴソックス vs 高知ファイティングドッグス

最近のトピックスとしては、高知FDは経営者を公募していることと
徳島ISはリーグの連敗記録を更新中ということですか。

鳴門大橋を渡って、徳島県をズンズンと進みます。
鳴門→徳島→小松島と通過して阿南に突入。
この日の会場であるアグリあなんスタジアムを目指しました。
Kanban


アグリあなんスタジアムは徳島県南部健康運動公園にありまして
JAあなんが命名権を買って、このような名前になっています。
運動公園自体はといいますと、まだ野球場しかありません。
2012年までに陸上競技場兼球技場、ソフトボール球場、テニスコート
そして、アーチェリー場が完成の見込みだとか。
野球場も完成したのが今年の5月。
そのせいか、まだ周辺の整備も進んでいないようで
土地勘がない人にはわかりにくい場所にありました。
あと、桑野駅から徒歩20分とありますが、無理かなと思います(笑)。


Ground Ouen

3時頃に現場へ到着。ちょっと遅くなってしまいました。
今年のホームゲームは残り2試合。阿南では最後の開催とあって
既に駐車場は満杯で、少し離れた臨時駐車場に車を停めました。
チケットを買い、さっそく入場。
収容人数は5000人と大きくはありませんが
グラウンドは両翼・100 m、中堅・122 mと充分な広さ。
高校野球の予選あたりは問題なくできそうです。
この日は「小松島西高with徳島大学デー」ということで
エコをテーマに展示やイベントを行ったり
物産展なども催されていました。
地域のお祭りみたいな感じでとてもいいと思います。

球団グッズコーナーを覗きます。
是非とも選手名鑑は入手したいと思っていたので見てみると
発見いたしました。500円と表紙に書いてあったので
お願いをすると「100円です」というお返事。
シーズンも残り少ないので在庫を残すよりはいいということかしら。
タオルマフラーも買いました。割と好きなグッズです。
するとなんと「今ならメガホンもお付けします」とのこと。
シーズンも残り少ないので在庫を・・・(以下略)。
Mega


スタンドに目を向けます。
レフトスタンド側には高知FD一人応援団の方。
タイコを持ち、口ラッパで応援していました。
サッカーの下部リーグに行くとよく見かける光景らしいですが
私が実際に目にしたのは今回が初めてです。
その彼の近くでは数人の人が高知FDに声を送ってました。
高知から来た人なのかどうかはわかりませんけど。
一方、徳島ISには3人の応援団の方がいました。
“インディゴ”だからなのか、絶叫の最後は
いわゆるインディアン風に手を口につける離すを繰り返して
「アワワワワ~」というのを必ずやっていました。
こちらは地元ということもあって、応援する人がたくさんいて
特に子どもの姿が目立ちました。
小さいうちから英才教育(?)を施すのは良いことです。

試合は・・・。
選手の成績を見ればよくわかるのですが
リーグを通じて投高打低の傾向にはあるようですけど
その中でも徳島ISの貧打ぶりが伺えます。
しかも、徳島ISは投手も層が薄い。
そもそもの枚数から足りない感じがいたします。
なんでこうなってしまったんでしょうね。
私は四国ILウオッチャーじゃないので経緯はわかりませんが。

そういうわけで高知FDのペースで進んでいきました。
徳島ISも時折粘りを見せて点を取るのですが
そうするとすぐに高知FDが点を返します。
追いつけそうで追いつけない・・・。
9回裏もランナーを貯めたのですが
オーストラリアから来たアティングが凡退・・・。
応援団の人が「オーバーザフェンスの意味を教えてくれ」と
叫んでいたのですが、それは届きませんでした。

これで徳島ISは16連敗。
横断幕を片付けているおばさまが
「何回打たれたら気が済むんねん!」と怒っておりました。
こういう怒りは決して悪いことではありません。
それだけ地元のチームという思いが出てきたともいえます。

9月24日現在の2007年後期リーグ順位は
1位 香川OG(22勝13敗4分け)
2位 愛媛MP(24勝15敗1分け)
3位 高知FD(20勝16敗4分け)
4位 徳島IS(6勝28敗5分け)

ちなみに前期リーグもだいたい同じような傾向だったみたいです。


試合終了後は監督、コーチ、選手がゲートで出迎えてくれました。
これはあるんじゃないかなあと思っていたので
実際にやっているところを見てなんか嬉しかったです。
選手名鑑を見ると大二郎内野手が流通経済大学出身とあったので
「龍ヶ崎からやって来ました」と握手を求めに行ったら
「え~?!そんな遠くから」とマジにビックリしていました。
頑張れ。大二郎。この日は途中交代だったけど。
それから、負けがついてしまい成績が2勝13敗となった益田投手。
小平高校出身とのこと。実家から比較的近くだ!頑張ってくれ~。

この日の観客は1702人。健闘したなあという反応でした。


Sta1

Sta2


最後の写真は徳島駅にあったポスターです。

|

« 日韓比較「マラソン」 | Main | プロ野球も終盤っすね »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55067/16585465

Listed below are links to weblogs that reference 四国アイランドリーグ観戦:

« 日韓比較「マラソン」 | Main | プロ野球も終盤っすね »