« 7월 2007 | Main | 9월 2007 »

1日遅れ佐賀雑感

今年の甲子園はとんでもないことが起きましたね。
佐賀県立佐賀北高等学校の優勝ですってよ。
誰が予想した??
普通の県立進学校がやってのけた奇跡なんて言われてます。
まあ、一応ね「運動部推進指定校推薦」というのはあるそうですけど。

公立高校が優勝したのは96年の松山商業以来11年ぶり。
ただ、ここは実業科の伝統校であることを考えると
メインが普通科という高校の快挙は84年の取手二高まで遡るのね。
春の甲子園だと95年の観音寺中央高校というのがあるけれど。

この、佐賀北ですけどね。
調べてみますと、昔あった佐賀高校(旧制・佐賀中)という学校が
佐賀西・佐賀北・佐賀東の3つに分離しているんですって。

佐賀高校の伝統を色濃く受け継いでいるのが佐賀西。
佐賀城の別名である「栄城」を受け継ぐのもこの学校。
主なOBは元・ダイエー投手の渡辺正和(現・福岡大学助手)など。
佐賀県のナンバーワンスクールなんで多士済々です。

佐賀北は佐賀西に佐賀高の養分を吸い取られて
自由闊達という雰囲気だけが残った感じ(失敬)。
これまではあと一歩のところで競り負ける学校だったらしい。
主なOBは元・ダイエーの岸川勝也(現・巨人コーチ)など。
中越典子はみんなニュースで見ただろうから知ってるね。

佐賀東はよくわからないですけど、ここも甲子園出てます。
体育科があるのもこの学校みたいですし。
主なOBは元・西武の辻発彦(現・中日二軍監督)。
それと、はなわ。でも、ホントはこの人って関東出身でしょ(笑)。


あと、これは随分前に福岡の人から聞いた話なんだけど
“九州の序列”みたいのがあって、ちょっと曖昧だけど
【福岡・鹿児島・熊本・長崎・大分・宮崎・佐賀】
たしか、こんなのだった。なんでこうなのかというと
長崎まではそれぞれの国立大学に医学部があるからだとか。
ちなみに時は流れて、大分も宮崎も佐賀も
それぞれあった○○医科大学を吸収して、全てに医学部ができました。
(余談ですが、山口も九州だということも言っていました)

どっちにしても佐賀が最下位だと言われてしまうらしい。
(あくまで福岡県民目線なんで)

佐賀にはテレビ局が1局のみ。基本は福岡のテレビ局を視聴しています。
関東は関東広域圏といって東京の電波を見ているんだから
あまり関係ないといってしまえばそれまでですがね。

佐賀空港は地方空港苦境の代表例として扱われている・・・。
バスで40分も走れば福岡空港に行けるし。本数が全然違う。

だから、はなわが歌でネタにするのか。


話を試合に戻しましょう。
広陵高校はやりにくかったでしょうね。ほとんど佐賀北応援でしょ。
公立高校がいいところまでくるとこうなるのは仕方ない。
私も公立を応援してしまう。
同じような状況は、実際に見たわけではないのですけど
80年に都立国立高校が西東京大会の決勝まで行ったときが
ものすごかったらしいね。神宮球場5万人ほとんどが国立応援。
対戦相手だった駒大高校もさぞかしやりにくかったでしょう。
ちなみに99年に都立城東高校が東東京大会の決勝に来たとき
その時に戦ったのも東に移転していた駒大高校なのね。

だからちょっと話題になっている微妙な判定もさ
“佐賀北ホームの雰囲気”になっちゃうとあんなことも起こり得る。
別にそんな判定をしようとかいう悪気はなくて
なんかしらないけどなっちゃったんだよ。
その直後にホームラン打っちゃった副島くんがえらい。
本人が望むなら東京の私立大学はどこでも行けるんじゃないのかな。

これもよく引き合いに出されるけど、94年の佐賀商業を思い出すね。
満塁本塁打を打って優勝を決めた西原キャプテンは
あれで駒澤大学でも野球を続けることが決まったんだものね。
今は地元に帰ってサラリーマンなんだとか。
打たれた方の樟南のバッテリーはすごい注目されてたけど
エースの福岡は大学で壊しちゃって今は福岡でサラリーマン。
捕手の田村は広島に入ったけど目が出ず、今はスカウト。

高野連がどういう見解を出したのかは知らないけど
涙を流して喜んだんでしょうな。公立校が優勝したんで。
だからといって、特待生がダメとか野球留学がダメとか
一方的な結論にもっていかれるのだけは避けて欲しいものです。

なんにしても、こういう学校が優勝してしまうと
人間やればできると勇気づけられるような気もするけど
逆に自分の体たらくぶりも実感してしまうよね(笑)。
この感覚を味わったのはヴァンフォーレ甲府のJ1昇格以来だ。
あれもJ1・J2の入れ替え戦で
年間予算6億の甲府が、30億の柏に勝っちゃったんだもんね。
あれもたいそう感動したけど、言い訳もできなくなったもんなあ。

まあ、そういうことです。とにかくすごい。おめでとっす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007夏、遊びすぎ

15日は日立柏サッカー場に行きました。
Kas534559502_141


「柏レイソルvsサンフレッチェ広島」(J1)の試合。
柏駅から徒歩20分。立地としては悪くないです。
まあ、実際のところ今の住まいから最も近いのがここなんですが。
会場はといいますと思いっきり日立の敷地内で
スタジアムは古い建物です。問題になっているそうですがね。
でも、グラウンドがとても近いのでとてもよろしいです。

見た感じ満員御礼でしたが、発表された観客は1万人ちょい。
もともとキャパがそれくらいしかないんだね。
迫力は凄かったです。あの臨場感はスバラシイ。

試合内容は特に今から書くことはしませんが
ひとつ言えることは、フランサってうまいな~。
東京にああいう選手が欲しいな~という感じでしょうか。


翌16日は笠松運動公園陸上競技場へ。
Mit534559502_174


「水戸ホーリーホックvsアビスパ福岡」(J2)の試合。
笠松は行政でいうと那珂市ですが、最寄駅は東海駅。
試合当日はシャトルバスが出ていますが
おおよそ試合が行われるとは思えない雰囲気の東海駅でした。
車でやってくる人が多いということもありますし
水戸というチームがそもそも観客動員に苦戦しています。
水戸市内にスタジアムを用意しないとダメかしら・・・。

なんでまたこの日の試合を観たかといいますと
平日夜開催の試合に限り、茨城県民は半額だからです。
1000円で観戦できるなんて安いものです(電車乗ってるけど)。

試合前、水戸サポの人が衝撃の発言をしておりました。
「昨年の9月からここ笠松で勝っていません!!」
え?まじ??ほぼ1年もメインスタジアムで勝ってないんだ。
確かに前日までの成績は3勝20敗7分けで最下位(13位)だけどさ。
勝たないとお客さんも遠のくよね。やっぱ。

この日の観客は2000人ちょい。
スタジアムのキャパが2万人くらいらしいのでちと寂しい。
でも、本当に試合を観たい老若男女が来ているので
ある意味、濃密な空間。これから大きくなるという雰囲気でした。
まだまだですが、コアサポの気合も良かったですよ。

試合はあと5分耐えれば勝てたのですが
J1復帰を目指す3位・福岡に追いつかれてしまいました。

17日(金)
8時14分、上野駅発の新幹線で山形へ。
11時ちょうど。山形駅到着。
14時36分の仙山線に乗って仙台へ。
16時1分に到着。

この日、仙台から近い松島では花火大会があるらしく
浴衣を着た女の子とその彼の多いこと。雨なのに。
私はというとフルキャストスタジアム宮城へ野球観戦。
Ful533095676_153


花火はともかく、野球は中止になるほどの雨ではないし
東北楽天の先発は田中だったので営業サイドはやりたいはず。
ポンチョと弁当を買い、スタンドへ。
スタジアムの中も外もとてもいい雰囲気でした。
行ったことないですが、韓国や台湾の野球場ってこんなかな?
それと、かなり地元民に愛されてますよ。とてもいいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 7월 2007 | Main | 9월 2007 »