« 4월 2007 | Main | 6월 2007 »

チャリで味スタ

5月26日の名古屋との試合は自転車で行こう!
そんなイベントが組まれていたので、乗ってみること。

当初は1人での参加のつもりでしたが
“遅れてきた母の日”ということで、相方も実家に来たので
自転車を2台借りて行くことになりました。
Map446389509_46

実家は国分寺や国立との境に近いので
冷静に考えると調布にある味の素スタジアムはやや遠いです。
目算で片道8キロくらいありそう。
FC東京のHPで出ていたルート図よりも
さらにずーっと左へ行ったところだもんね。
でもまあ、なんとかなるよ。

暑いくらいの天気の中でスタート!
でも、風がとても気持ちいいです!!
そんなことを思ってからわずか数分後。
相方の乗っている自転車の後輪に異常発生!
慌てて近くにあったサイクルショップに駆け込みます。
空気を入れるところのバルブがもう古いからこれが原因では?
ということなので、それだけ交換して再スタート。
時間もなかったし。

Toha446389509_205


お~。順調な滑り出し。東八道路を進みます。
ところが!!やっぱりタイヤはダメでした!!
多磨霊園付近でこれ以上の走行を断念。
そこに自転車を置いて、相方にはバスと電車に乗ってもらいました。
ん??
なんだって??
キミは一緒にバスには乗らなかったのかい?
はい。そうです。
自転車で行けば「FC東京反射ステッカー」をくれるというので。
もう、バカとでもなんでも言ってください(笑)。

一人でペダルをこいでいて思い出しました。
平坦な道でラクだと思っていた東八道路ですが
府中の免許センターから国際基督教大学あたりまでは
ダラダラと続く上り坂だったんですね。これはキツイ!
なんとか自転車を降りずに走破しましたが太ももに来た!
これを相方に走らせるのはかなり酷だと思います。
大沢の交差点で右折。人見街道からは下り坂~。
ああ、これはいい。
でも、帰りはこれが上りになることは・・・考えない。

余談ですが、帰ってから地図を確認したところ
大沢まで行かずに、二枚橋のところで曲がれば良かったらしいです。
うわ~、ムダに足へ負荷をかけたっぽい。無念。

苦労の末、東京外大の横を通り抜け、無事にスタジアムへ到着。
試合はすでに始まっていました。
あとで合流する相方のことを考えて着席エリアで席を探しましたが
なんか自由席の入りは良かったようで見つからず。立ち見することに。

Si446389509_181

試合はというと・・・。
頼むから勝った試合をたまにはテレビ以外で見せてくれ!!
昨年、ホームでは7勝9敗1分け。
今年はいまのところ2勝4敗。
私は、ことのごとく負けゲームに当たっています。疫病神か!
色々と思うところはあるのだけども
汚いヤジとか基本的には言いたくない性分としては
最後に「クソレフリー」のコールはどうなんだろう。
あれをやるメリットってあるのかなあ。
終了間際の赤嶺のプレーがPKじゃないのか??っていうのが
最大の要因だとは思うけど。実際、PKに見えたけどね。
でも、帰ってから録画した放送を見たら
まあ・・・。PKじゃなかったね。あれは。

キング・オブ・トーキョーことアマラオが来ていて
「シャー!」をしてくれたから
今日はそれに免じて許しましょうってところですかね。
やっぱ、赤嶺はもっと長い時間使ったほうがいいのでは?
(ゴン中山のような泥臭いプレーをする選手です)

試合終了後、再び別行動をし、多磨霊園付近で合流。
パンクを修理して実家に到着。すっかり夜でした。

現在、早くも両太ももは筋肉痛です。
運動不足を実感しつつ、シップを貼ってケアしておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2000本安打ですよ

今夜は東京ドームに行ってきましたのよ。
「北海道日本ハムファイターズ vs 東北楽天ゴールデンイーグルス」
また楽天かよ・・・。まあいいか。
今夜、ファイターズの田中幸雄選手が
2000本安打を達成するかどうかという大事な試合です。

さて。田中幸雄って誰なのよ?という方のために解説。
1985年に都城高校からドラフト3位でファイターズに入団。22年目。
同級生はPL学園の桑田・清原ですね。
この年、指名された人でいまも現役ってこの3人だけ。

通称は“コユキ”。
なんでかというと、彼がチームに入った頃、同姓同名の人がいました。
もう1人の、田中幸雄さんは投手で身長が190センチとでかい。
それと区別するために“小さいほうの田中幸雄”ということで
略して“コユキ”となりました。
でも、184センチだから、小さくはないです。
スコアボードには“田中雄”って書かれていましたね。

1年目から試合に出場し、2年目からはレギュラー。
堅実な守備と勝負強い打撃が魅力の選手ですね。
若い頃はファイターズ不動のショートとして君臨し
最近はレフトやファーストを守りながら精神的な柱という存在。
ここ数年は代打屋さんというイメージでもあったね。

今でこそ、北海道に移転して成功を収めているファイターズですが
東京にいた頃は本当に地味なチームでした。
地味ゆえ、気軽に試合を観戦できるチームとして
そういう意味では個人的には重宝していたんですけど。

そんな日陰だった頃のファイターズを支え続けた田中幸雄ですよ。
球界きっての人格者としても知られている田中幸雄ですよ。
チーム生え抜きとしては初めて2000本安打に達しようとしていますのよ。

行くしかありませんじゃないですか。ええ。当然ですよ。
シゴトなんか定時ダッシュですよ。当たり前です。
むしろ、ちょっと早めに出たくらいだもの(笑)。

6時半、東京ドーム到着。
Yu437209451_180

予想通り、当日券売場は混んでいました。
ダメよ。先に買っておかないと。スイスイ通過。
一塁側内野指定席に座りました。けっこう埋まってるね。
最終的には2万人くらい来たらしい。
東京にはまだコアなファイターズファンという人もけっこういるし
どうやら私の周りは北海道から来た人がポツポツいたみたい。
あとは修学旅行生ね。野球好きの先生がひとりいたりすると
コースのひとつになるらしいですが
まさかこんないい試合に当たるとは思っていなかったろうに。
Yu3437209451_40

その、いい試合の運命の瞬間は4回裏に訪れました。
幸雄選手、本日2回目の打席。場内は“幸雄コール”の嵐。
その中で見事にライト前ヒット!!うお~!!
ドーム内が興奮に包まれます。
プレーは一旦中断し花束贈呈などのセレモニーが行われました。
いやあ、いいシーンを見た。
そこからは敵も味方もなく、みんながおめでとうの祝福。

そんなハッピームードに隠れてしまったけど
試合はゴールデンイーグルスが11対6で勝ちました。
21年目のベテラン・山崎武司が
4打数4安打3本塁打5打点の超大暴れ。
6回表に3本目を打ったときはファイターズファンも拍手してた。

あ、あと“稲葉ジャンプ”って、本当に球場が揺れるんだね。


試合後、3塁側ベンチあたりでこの試合のヒーローである
山崎選手のインタビューが行われていました。
でも、この日のプロ野球のヒーローは幸雄選手なので
場内は“幸雄コール”の嵐。そんな中でインタビューも気の毒です。

インタビューが終わった(ように見えた)あと
ゴールデンイーグルスファンが一斉に“山崎コール”。
これは山崎選手に届いたらしく、手を上げて応えてました。
その時、暴れっぷりに感動すら覚えたファイターズファンからも
“山崎コール”が起こりました。いい光景だ~と思っていると
今度はゴールデンイーグルスファンから
“いいぞ!いいぞ!幸雄!”というコール。
いいなあ、こういうファンの間にある連帯感ってやつ。

そんなこんなで、10時も過ぎたのにスタンドに残っている人たちは
幸雄選手がカーテンコール的に出てきてくれるのを待ってました。
“幸雄!幸雄!幸雄!”
なかなか出てきません・・・。ちょっと遅いな・・・。

するとレフトスタンドのゴールデンイーグルスファンが
“行くぞ幸雄ホームラン センターオーバーホームラン
弾丸ライナーだ 飛ばせ運べ幸雄“
・・・と、幸雄選手の応援歌を歌い始めました。
盛り上がる場内。

これにまた呼応して、今度はファイターズファンが
“乱れる雲を討ち 嵐に向かう男
立ち上がれ山崎 名古屋の意地だ“
・・・と、現在、打撃二冠王の山崎選手の応援歌を歌いました。
さらに盛り上がる場内。

さらにしばらく待って・・・・。
ようやく幸雄選手がグラウンドに出てきてくれました。
それまで以上の大盛り上がり。
ライトスタンドに向って走る幸雄選手。
それを必死で追いかける報道陣。
いいですね~。
もっと見ていたかったのですが、そろそろ電車が厳しくなったので
私は東京ドームをあとにしました。
日付が変わる前に帰ってきて「すぽると」で確認。良かった。

幸雄選手。本当におめでとうございます。
今日、2002本まで安打数を延ばしたんですから
まだまだ頑張ってくださいよ。シーズンオフに引退とか言わないように。

Yu2437209451_37

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ナックファイブスタジアム大宮

なんと、Jリーグの大宮がホームとしている大宮公園サッカー場が
「ナックファイブスタジアム大宮」になるんですと。
6年の契約で、売却額は1億8000万円。
いわゆるネーミングライツってやつですな。
4社から応募があって、NACK5に決まったとか。

ウィキペディアによりますと、ネーミングライツ(命名権)とは
「人間や事物、施設、キャラクターなどに対して名称をつけることのできる権利である。1990年代後半以降、スポーツ、文化施設等の名称に企業名を付けることがビジネスとして確立した」
・・・というものです。はい。

日本で最初のネーミングライツ導入は
「サントリー東伏見アイスアリーナ」(1997~2006)なんだってね。
公営施設として初ということになると、我がFC東京も使う
「味の素スタジアム」(2003年3月~)なのだとか。

世界だと、イチローや城島がいるマリナーズ(アメリカ)の
「セーフコ・フィールド」のセーフコって保険会社でしょ。
去年まで高原がいたハンブルガーSV(ドイツ)の
「AOLアレナ」のAOLはYou've Got Mail!の会社でしょ。

最初は日本でこのネーミングライツが定着するかどうか
かなり懐疑的な目で見られてきたけれど
なんだかんだ頑張っているという印象ですね。

調べてみると(というかウィキを読んでると)けっこう面白い。

サッカーだと、前述の味スタのほか
主に横浜マリノスが使う「日産スタジアム」(2005年3月~)
ジェフ千葉の「フクダ電子アリーナ」(2005年10月~)
ベガルタ仙台の「ユアテックスタジアム仙台」(2006年3月~)
大分トリニータの「九州石油ドーム」(2006年3月~)
ヴィッセル神戸の「ホームズスタジアム神戸」(2007年3月~)
アルビレックス新潟の「東北電力ビッグスワンスタジアム」(2007年3月~)
モンテディオ山形の「NDソフトスタジアム山形」(2007年4月~)
ヴォルティス徳島の「鳴門・大塚スポーツパーク」(2007年5月~)

徳島のは知らなかった・・・。すごい最近のことね。
鳴門総合運動公園を「鳴門・大塚スポーツパーク」といい
それぞれ、サッカー場を「ポカリスエットスタジアム」。
野球場を「オロナミンC球場」。
体育館を「アミノバリューホール」。
武道館を「ソイジョイ武道館」って名前にしたんだって。
さすが徳島といったら大塚製薬。影響力がすごいらしいよ。

あと、柏レイソルの「日立柏サッカー場」とか
ジュビロ磐田の「ヤマハスタジアム」は
事実上のネーミングライツってことになるのかな??

次は野球で~す。
オリックスが使っている(かつてメインで使っていた)
グリーンスタジアム神戸が最初のネーミングライツで
「Yahoo!BBスタジアム」(2003年4月~2005年3月)

「スカイマークスタジアム」(2005年3月~)
いまメインの球場となっている大阪ドームが
「京セラドーム大阪」(2006年7月~)ですか。

東北楽天は「フルキャストスタジアム宮城」(2005年3月~)
福岡ソフトバンクは「福岡Yahoo!JAPANドーム」(2005年3月~)

西武は2005年3月~2006年12月が「インボイスSEIBUドーム」。
2007年1月からは「グッドウィルドーム」ですね。

なんだかパ・リーグのチームばっかり。

ネーミングライツはなにもスポーツ施設だけじゃなくて
2006年10月から渋谷公会堂が「渋谷C.C.Lemonホール」に。
“渋公”って言いやすかったのに、どう略すのでしょう。

箱根ターンパイクは「TOYO TIRESターンパイク」。
道路では国内初のネーミングライツなんだけど
箱根ターンパイクって実は私道だからできたことなのだとか。

「サロンパス ルーブル丸の内」。これは映画館としては国内初。

大分県立総合文化センターは「iichiko総合文化センター」。
さすが大分といえば麦焼酎。名前を売るというよりは
なんか文化事業って感じがしますな。
その他、細かいものも含めると相当あるみたいですね。
契約にかかる費用も年間数億から数千万まで。
地域の事情に合わせて色々と設定されている模様。

で、ナックファイブスタジアム大宮なのですが
14日の記者会見が行なわれて
司会が大野勢太郎さん、小嶋亜由美さん・・・。
え?いいの?大野さん司会って??(笑)
調印式には当然ながら相川市長が来るわけだけど
この人、バリバリの浦和出身で前浦和市長だぞ(笑)
まあ、それはシゴトだからいいとして
問題なのは現在、スタジアム工事中でそれが終わるのは秋。
となると、本格稼動は来年。J2に落ちてる可能性が・・・。
まずいぞ~!なんとかしろよ~。
たぶん、4番目くらいに大宮が気になる。
大宮公園は友人が住んでいたのでよく入り浸ったし。
大宮駅から氷川神社を抜けて歩いていくという
歩行ルートもなかなか味わいがあっていいし。
(今日は本当に試合あるの?というくらい静かなときもある)
そういうわけで頼みます。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

安山ドームってなるのかね


http://www.chosunonline.com/article/20070512000036
(野球:韓国初のドーム球場建設へ)

できるらしいね。いよいよ。
京畿道(キョンギド)の安山(アンサン)というところにできますよ。
安山というのはソウルからバスで1時間くらいのところ。
人口が70万人くらいで海沿いらしいので勝手に船橋と仮定します。

安山市が土地を無償で提供。
ショッピングセンターなどの文化複合施設の中にドーム球場を建設。
費用1兆9000億ウォン(約2463億円)。
2010年に完成予定。
・・・こんな感じ。
韓国はスタジアムと一緒に映画館だの何だのという施設も一緒にして
その地域の拠点にするということをよくやっているね。

ドーム球場を作ろうという話は結構前からあったのですが
金銭面の問題、土地の問題など色々あって頓挫してきました。
でも、日本・韓国・台湾のチャンピオンと中国選抜が戦う
アジアンシリーズが日本で行われている現状がつまらなかったんでしょう。
でも、晩秋の韓国でナイトゲームを野外でするのは拷問ですから
そう考えるとドーム球場が必要になるんですね。

あ、そうだ。
『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2007』(小学館スクウェア)
(関連HP:http://www.h6.dion.ne.jp/~k-bb/)
今年も買いました。マニア心をくすぐられて面白いっす。
選手名鑑を見てもさすがにわからない人だらけなんだけど
たまに日本に在籍していた選手もおります。
元・巨人のチョ・ソンミン(もう34歳なんだ)。
横浜→楽天ときて今年から韓国のセドリック。
広島→台湾と流れてきたレイボーンとか・・・。

いま、在日選手や日本国籍選手はいないらしい。
変わりに指導者が結構おりますよ。
SKというチームの監督はキム・ソングン氏。
この人、ちょっと前まで千葉ロッテのコーチ。
他に、加藤初(巨人)、大田卓司(西武)、福原峰夫(阪急)。
ここは日本語が通じるなあ。

この観戦ガイドはガイドというだけあって各球場の案内とか
アクセス方法、チケットの買い方とかが紹介されていて
いや~、ホントに観に行きたいです。
Kリーグと韓国プロ野球。いいなあ。ウズウズしちゃう。

ただ、観客動員では苦戦してるのよね。野球もサッカーも。
今年は例年に比べるとかなりいいようなんですけど

http://www.chosunonline.com/article/20070514000053
(韓国プロ野球、10年ぶり観客100万人突破最短記録を更新)

現在の平均観客動員は
トップのLGが17,024人。2番目のロッテが14,635人。
人口規模が日本とは違うから簡単な比較はできないけど
そんなに多いわけではないものね。

どうも代表レベルの試合は野球もサッカーも入るんだけど
リーグ戦となるとまだまだ改善の余地があるようです。

さてさて、ドーム球場のお話に戻ります。
15日に球団招致などについて会見をするそうですが
資金を現代証券が中心で調達し、施工は現代建設が行う予定。
ということは、どこのチームがやってくるといったら
やはり現代(ヒョンデ)ユニコーンズでしょ?

現在、ヒョンデは安山と同じ京畿道の水原(スウォン)におります。
でも、数年前から「ソウルに移転して~」と宣言していて
水原には“仕方なく”本拠地を構えております。
そんな姿勢ですから観客動員も全然よろしくないですし
だいたい、水原という場所はヒョンデのライバルである
大財閥・サムソン(三星)の関連企業がたくさんあって
ヒョンデには居心地が悪い上に
Kリーグのスウォンサムソンというチームもありまして
はっきり言ってこちらの人気が絶大なのです。
そりゃあ、移転したくなるね。
豊田市にマリノス(親会社・日産)がいるようなもんだもの。

というわけで、これでまた韓国へ行く楽しみが増えそう。
たまには夏とか秋に行きたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大型連休(千葉にて)

海浜幕張に行ってきました。

0504423592335_45


0504423592335_210

まずは幕張メッセで行われているフリーマーケットに。
毎年、ゴールデンウィークに行われていて
日本最大級のフリマといわれております。今年で13回目。
主催者側に知り合いがいるので、無理を言って招待券を貰いました。
前回行ったのは4年前かなあ。
じゃあ、私はフリマで何か買ったのか・・・。
いや、何も(笑)。
目的がないのでただフラフラ歩いて
オリエンタルマーケットでトルコのケバブを食べただけ。
あとは人の多さに圧倒されました。

0504423592335_95

ほどほどに堪能したあとは、徒歩で千葉マリンスタジアムへ。
千葉ロッテvs東北楽天のゲーム観戦です。
千葉マリンは2年ぶりかな。その時も楽天戦だったっけ。
そういや、去年観たプロ野球も楽天が絡んだ試合が目立ったな。
札幌ドームでも東京ドームでも。

しかし、いい天気すぎて暑い。眩しい。
帽子かタオルを持っていくべきだった・・・。

2年ぶりともなるとマリンスタジアムの風景も変わります。
いま、みんなでチェッカーフラッグを振るんだね。
3万人近くがグルグルと・・・。自分も買おうかと思っちゃった。

そういえば早川という選手が人気あった。
西岡や今江といったあたりの歓声が大きいのは当然として。
それに比べると実績に乏しい早川がなぜ?と思ったら
周囲が口々に「ケンフナ」という単語を発している。
「早川はケンフナだ」「ケンフナはすごいね」など。
何の事かと思ったら、県立船橋高校出身なんだって。
千葉県公立御三家のひとつとかで
地元では宇宙人しか入れないと言われているそうな。
そりゃあ人気あるね。だって両チームあわせても
先発メンバーで千葉出身だったのは早川だけ。
ちなみに彼は県立船橋→立教大学→本田技研→オリックスと来て
今年から千葉ロッテなのですが途中の過程はどうでもいいようです。

千葉ロッテの先発は今シーズン未勝利の悩めるエース・清水。
今日もピリっとしない感じでしたが、なんとか抑えていたのに
6回の表に憲史が満塁ホームランをガツーン!!
「あ~あ・・・」
実はその前の山崎に押し出しをしてしまい、かえるか?と
みんな考えたんだけど、エースのプライドに任せたら・・・。
さすがに交替する時は大ブーイングでした。どうしたんだろ。

試合は6対2。楽天のリードで9回裏。
ツーアウトながら満塁。ホームランで同点の場面。
打者は9番の塀内。これは代打だろう。
・・・と思ったら、塀内はそのまま打席へ。
「9番 セカンド 塀内」(「え~」と、どよめく場内)
ベンチには里崎も堀も竹原もいるし
怪我をしているズレータだって一打席だったら・・・。

楽天はここでタイムを取ってマウンド付近で相談。
一呼吸をおきに行ったというのもあるのでしょう。

そのあと、千葉ロッテのファンは偉かった。
ウグイス嬢さんが「バッターは塀内」と再度アナウンスすると
今度はそれまで以上に大きな声で塀内を後押し。
「塀内!塀内!」
ホームラン打てとは言わないから、せめて次の西岡に繋いで!!

その結果は・・・!!
三振・・・。
遠くからでもわかるくらいに落胆する塀内。
代打を出す事は簡単だったのでしょうが
将来の主力となる選手なので(といっても8年目)
長期的な視野に立って経験を積ませたんでしょうなあ。

そんなわけで、マリーンズが負けたのですごすごと帰宅。
球場から駅までは徒歩20分くらいあったけど
電車の移動自体は1時間弱。近いんだなと思いました。

そうそう、今年はですね。私が行った試合は
ホームが負ける確率が高いぞ。今のところだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大型連休(調布にて)

05051422434238_91

連休の後半がスタートです。
味の素スタジアムに行ってまいりました。
「FC東京vs鹿島アントラーズ」です。
本日は“ゲゲゲの鬼太郎デー”ということでございました。
なんで鬼太郎か。作者の水木しげるさんが調布在住なのです。
深大寺には鬼太郎茶屋なんてのもあるしね。
境港ほどではないにしても調布は鬼太郎を押しています。

05053422434238_146


「新宿さぼてん」のカツサンドも
ゲゲゲの鬼太郎ランチクロス包み仕様でございました。
バカ売れで、なんとかギリギリでゲットできましたよ。

そして、あの妖怪が味スタにやってくるというので
誰が来るのかと思ったら、なんと、目玉のおやじ!!
「妖怪がついているから頑張れ」
「自分を信じていれば勝利はついてくるのじゃ」
・・・という言葉をかけてくれた上に
「東京!東京!」というコールまでしてくれて大爆笑。
やってくれるぜ。

試合はというと、前半はまずまず。
そして、後半には元コスタリカ代表で
ドイツW杯でも2ゴールを決めたというワンチョペが
とうとう、ようやく、やっとこゴールを決めてくれたのですよ。
なかなかチームにフィットしなくて困ったちゃんだったけど。
もうそれは、大歓声。うお~~~~!!!!!

でも、2分後には追いつかれてしまい
最終的にはもう1点取られて負けてしまいました。
私が最後に味スタ勝利を観たのはいつのことだろう。
思い出せません・・・。

ロスタイムにペナルティーエリア内で
「ハンドじゃねえの?」というのがあったけど
前の試合で失点を見逃してもらっているから、プラマイ0かしら。

なんだろうか。
ワンチョペを下げないほうが良かったのでは?
そろそろ茂庭が必要なんじゃないか?
赤嶺の投入ポイントはなかったのだろうか・・・。
などなどシロウト考えをめぐらせながら帰りました。

05052422434238_119


まあ、そのまま帰るのはあまりにも切ないので(笑)
上野の中央改札前に出来た「ラトリエクルール 36」という店へ。
チーズケーキを中心とした定番商品をはじめ
季節でしか味わえない素材を折込んだ
36種類のスティックタイプスイーツを売っているのだとか。
ビアード・パパを展開している会社の系列みたいです。
今日もシゴトの相方へのお詫び(なんでだ?)と
自分自身への慰めで6本セットを買いました。

そういえば、同時刻に国立競技場で行われていた
「東京ヴェルディvs水戸ホーリーホック」は
なんと1対5というスコアで
これまで0勝8敗3分だった水戸が勝っちゃった。
観に行くならこの試合だったか・・・。
よそのチームを心配している場合じゃないけど
あの開幕した頃の爆発していた緑チームはどこへ行ったのだ。

とりあえず、6日の「多摩川クラシコ」には行けないので
リーグ戦ではなくカップ戦だけど9日の横浜FC戦に行こう。
シゴトを早く終わらせて、国立競技場に飛び込みます。

さて、明日は千葉方面へ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 4월 2007 | Main | 6월 2007 »