« オークランドvs全北 | Main | 今日の出土品 »

箱根が終わり、正月も終わる

■順大が総合優勝、6年ぶり11度目…箱根駅伝(読売新聞 - 01月03日)

同居人の冷たい視線に耐えながら
2日もの間、私はテレビの前から動きませんでした。
別に母校が出ているわけでもないのに。
いいんです。それでも。箱根駅伝には色々な話が詰まってます。

だいたい20キロを走れる選手が10人いないと勝負にならないなんて
考えるだけでしんどいことです。
それに加えて、スーパーエース、山登りの神、山下りのスペシャリスト
ケニアからやってきた留学生ランナーなどキャラも多彩。
ひとりだけが早くてもダメ。
ひとりがダメだからといってレースは諦められない。
それが襷の重みってやつです。

個人的には親が山梨出身なので山梨学院を応援していましたが・・・。
伝説のランナー・オツオリさんが亡くなってしまったので
その系統を継ぐモグスが頑張るかと思ったら
前半のオーバーペースがたたって最後は沈没。難しいものです。
来年はまた予選会からですか。残念。

優勝は順天堂大学。
昨年はキャプテンの難波選手が脱水症状で意識朦朧となり
フラフラになりながらなんとか襷をつないだというドラマがあって
その難波選手の気持ちも受け継いでの優勝だったのですよ。
ゴール付近にいた難波選手の号泣を見てこちらもちょっとグッときました。

シード権争いも混戦でした。
最後は伝統の力というか、新興勢力の限界なのかな~。
残るところが残りましたね。中央大学とか。
この壁を突破するのは大変です。城西、中央学院・・・。

しかし、あれですよ。
往路はどんどんと景色が山とか川になっていくのでよろしいですけど
復路は逆だからどんどんとアスファルトとビルになるじゃないですか。
それがなんだか、どんどんと現実に引き戻されている感じで
「お前も明日からシゴトなんだろ?」と言われているみたいで
とてもブルーな気分です。
日曜夜のサザエさん的な感覚っていうんですかね。
どうせ明日なんか大したシゴトはないと思いますけど
それでもとても悲しいです。あれだけ楽しみだった正月休みも
あっという間に過ぎていってしまいました。

まあ、箱根のランナーに今年もパワーを貰ったので頑張りますよ。
自分なりに。

|

« オークランドvs全北 | Main | 今日の出土品 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55067/16391700

Listed below are links to weblogs that reference 箱根が終わり、正月も終わる:

« オークランドvs全北 | Main | 今日の出土品 »