« 9월 2006 | Main | 11월 2006 »

ファイターズ特番を見た後に・・・

いや~。優勝しましたね。北海道日本ハムファイターズ。
ベタなネタだから、日記にするのはどうしようかと思ったけど
ネット放浪していたら

「日本ハム、30日から全国で日本一セール」
日本ハムは、プロ野球の北海道日本ハムファイターズが日本一になったのを記念して、30日から2日間、全国の食品スーパーや量販店約1万3000店で「ファイターズ日本一セール」を実施する。主力のソーセージ「シャウエッセン」などハム・ソーセージ商品を値引きするほか、10%増量した特別商品の「チキンナゲット」を販売する。値引き率は店舗によって異なる。
北海道や関東、関西などの一部の百貨店にある直営店舗では、日本一セールに先行して27日から特別セールを行う。
(asahi.comより引用)

・・・というのを読んで、「やっぱり書こう」と考え
現在に至っています。なんで!とツッコミしないでね。
うまいよね~。シャウエッセンって。
高いんだけど、あのパキってくる感じがステキ。
少々安くなるんだったら多めに買って冷凍しておくか。

今日は割と早めに帰りました。残っている仕事を放り出して。
帰宅した時は1-1でした。夕御飯を食べながらの観戦。
セギノールのホームランの時は大きな声が出てしまいました。

新庄は8回の自身最後の打席から号泣でしたね。
中日のキャッチャー・谷繁が
「泣くな!全部ストレートを投げさせるから」と言ったらしい。
でも涙でボールが見えなくて三振。
彼の笑顔の裏には気配りやら、根性やら、何やらが含まれていて
たぶん全てが終わった時はその反動で泣くんだろうと思ったけど
早く泣きすぎだし、いつまでも号泣しすぎ!
こっちもそれにやられてしまうではないかい!
あんな映画でも描けないような終わらせ方が凄かった。

やっぱ、昨日の金村投手の涙の謝罪あたりから
どうやっても今日決まる流れになっていたのかも。
もつれて欲しかった気もするし、決まって欲しかった気もした。
見ていてちょっと複雑だったな~。

テレビ東京では特番をやってましたね。伊集院光が司会でした。
ファイターズファンの有名人と言ったら
伊集院と、えのきどいちろうくらいなのかな。
そろそろ便乗タレントが出てくるかな。
「私、10年来のファイターズファンでした」「うそつけ!!」
伊集院の話すことがコアすぎて面白かった。
ラジオで東京のチームから北海道のチームに変貌して
「自分の知らないチームになってしまった」と寂しがっていたけど
今もそんな感じの感想なのかな。それとも単純に喜んだかな。

さて、次はアジアシリーズですか。
台湾はLaNewベアーズが優勝。通称・暴力熊打線なのだとか。
あの呂明賜(元・巨人)がコーチをやっているらしいっすよ。
韓国はサムスンとハンファの対戦でサムスンが王手。
ソン・ドンヨル(元・中日)監督のサムスンもいいけど
ク・デソン(元オリックス)が抑えのハンファも見たいな。
なんにせよ、東京ドームに行きますよ。
なにげに面白いんで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シンジラレナ~イ!

かつて、東京にいた頃の日本ハムファイターズは
シゴト帰りに東京ドームへ気軽に立ち寄れるチームでしたよ。
しかも、地下鉄の構内には割引券が置いてあって
それを持って当日券売り場に行ってチケットを買って
浮いたお金でドリンクを買うという共存共栄みたいのがあってね。
満員になることがまず無かったので、いきなり行っても大丈夫だった。

チケットを買うのに1時間以上も並んだのは
千葉ロッテマリーンズのジョニー黒木が数年ぶりに投げる!
・・・という日があって、その時は大変だったね~。

そんなファイターズが北海道に移転して3年目。
たぶん、最初は「巨人ならいいけどファイターズはいらない!」
な~んて言う人がたくさんいたと思うんだけどね~。
いいチームになったよな~。

で、関東にいる人間は、「どうせ新庄だけだろ」と思いがちだけど
この夏、実際に足を運んで感じたのは、けっこう浸透してるのよ。
マイナーな選手も割と認知されています。恐るべしですよ。

しかしなあ。投げていたソフトバンクの斉藤投手。
5日前に西武の松坂と投げ合って0-1の敗戦。
そして今日は日本ハムの八木と投げ合って0-1の敗戦。
しかもサヨナラ負けで優勝決定だって。気の毒ったらありゃしない。
日本ハムの選手が大喜びしている横で、完全に崩れ落ちちゃって
最後はズレータとかに脇を抱えられてたよ。
すごいんだから。このピッチャー。
2003年 20勝3敗(+17)
2004年 10勝7敗(+3)
2005年 16勝1敗(+15)
2006年 18勝5敗(+13)
・・・という、ありえない成績を残してきているのよ。
でも、優勝できないとダメなのよね。プロ野球選手って。厳しいのう。

来日4年目のヒルマン監督は選手としての実績はほぼゼロで
アメリカのマイナーリーグなどで指導者のキャリアを積んできた人。
日本に来て優勝までさせちゃって価値をあげましたな。
ゆくゆくはアメリカのメジャーチームで指揮を執るんでしょう。

今日の日記のタイトル「シンジラレナ~イ!」は
優勝監督インタビューでヒルマン監督が発した第一声。
誰だ!こんなのを仕込んでいるのは!!通訳か!!(笑)
まさか流行語にしようとか考えてないだろうな!?

次は号泣しちゃった落合監督との対決か・・・。面白そう。

最近は巨人戦の視聴率が壊滅状態なので
「イコール プロ野球人気の低下」みたいなことを言われておりますが
観客自体は増えているんですよ。実は。
地方で根を張り始めているんです。サッカーもそうですが。
これからは巨人のような“国民的チーム”というのは難しいのかも。
それが悪いということはないと思いますけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 9월 2006 | Main | 11월 2006 »