« 青と赤 | Main | 日韓比較『8月のクリスマス』 »

太極戦士

週末の深夜です。
いつも以上に極めてマニアックですので
その手の趣味のない方はこれ以上読み進めないほうが得策です。

日本より一足早く、韓国代表が発表されましたね。
2002年組も10人と残っていますけど、だいぶ顔ぶれが変わりました。
実際、わからない選手が多い(笑)。
自分の中で韓国のディフェンダー陣は
ホン・ミョンボ、チェ・ジンチョル、キム・テヨンだったんだけど。
そう考えると今回も代表にいるチェ・ジンチョルってすごい。
あと、ユ・サンチョルとかファン・ソンホンとか。データ古いなあ。
というわけで、2006太極戦士を思いつく限りコメントです~。
※は2002年も代表の人。

GK
イ・ウンジェ(33・水原)※
→ 一人で勝手に中川家の弟と呼んでいます
韓国不動のGKですが最近肉がついてきた

キム・ヨンデ(22・城南)
キム・ヨングァン(26・全南)
→ この二人はまったく知りませぬ。ゴメン

DF
チェ・ジンチョル(35・全北)※
→ 2002のベスト4戦士。息が長い。見るからに真面目そう

イ・ヨンピョ(29・トテナム:ENG)※
→ 昨年までオランダのPSVにいたね。さりげなくプレミアでも頑張っとる

ソン・ジョングク(25・水原)※
→ かつて小野とチームメイトだった
大学時代の同級生とよく似ててちょっと親近感がある

キム・ジンギュ(21・磐田:JPN)
→ 言葉の苦労などを超えて磐田でもレギュラーですな
  ロングシュートがすごいよね

キム・サンシク(29・城南)
キム・ヨンチョル(29・城南)
キム・ドンジン(24・ソウル)
チョ・ウォンヒ(23・水原)
→ すいません。これから覚えます。

MF
イ・ウルヨン(30・トラブゾンシュポール:TUR)※
→ 2002年の後、真っ先に海外移籍決めたのはこの人じゃなかったっけ?
  「李 トルコへ」という見出しを見て、「どの李だ?」と思った記憶がある

キム・ナムイル(29・水原)※
→ イケメンです。女子アナと付き合ってるらしいよ

パク・チソン(25・マンチェスターU:ENG)※
→ご存知。智星です。まだ日本語ペラペラなんだよ

イ・ホ(21・蔚山)
→結構珍しい、ハングル2文字の選手だね

キム・ドゥヒョン(23・城南)
ペク・ジフン(21・ソウル)
→う~む。う~む

FW
アン・ジョンファン(30・デュイスブルク:GER)※
→ 韓国・イタリア・日本・フランス・ドイツと放浪中
  いい選手なのは間違いない。いい男だし

ソル・ギヒョン(27・ウォルヴァーハンプトン:ENG)※
→ 顔が濃い(笑)。海外派遣で化けた選手なんだよね

チョ・ジェジン(24・清水:JPN)
→ 今年は清水の柱になってる。去年はビミョーだったと思うけど

イ・チョンス(24・蔚山)※
→ またスペイン行くか?この前、ACLで観たぞ

パク・ジュヨン(20・ソウル)
→ 一時、「サッカーの天才」ともてはやされたが、最近は?

チョン・ギョンホ(25・光州)
→・・・は、わからない。

予備エントリー
キム・ビョンジ(33・ソウル)※
→頑張ってるね。かつては韓国のGKつったらこの人だった

ユ・キョンリョル(27・蔚山)
→何気に日本人には発音が難しい

チャ・ドゥリ(25・フランクフルト:GER)※
→オヤジそっくり

キム・ジョンウ(24・名古屋:JPN)
→名古屋での印象がないんだな

チャン・ハクヨン(24・城南)
→姿が思い浮かびません。すまぬ。

登録はここまで。
それに漏れたのは・・・
去年まで清水にいた一九分けの頭だったチェ・テウク。
ケガしちゃったイ・ドングク。W杯に縁ないね、この人。
東京にいたオ・ジャンウンはまだユースか。早く選ばれろよ。

さ~て、日本の23人は誰になるのかな。
サプライズはないと言われているけど。
残り1枚か?といわれるFWは誰になるのかいな。

そういえば、韓国で買わされたな。「W杯4強記念切手」を。
切手売りのオバちゃんに。
別にハガキが3枚くらい出せる分でよかったのに
勝手にシートを付けられてしまいました。
断れる勇気も語学力もなく・・・(笑)

|

« 青と赤 | Main | 日韓比較『8月のクリスマス』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55067/16383551

Listed below are links to weblogs that reference 太極戦士:

« 青と赤 | Main | 日韓比較『8月のクリスマス』 »