« 4월 2006 | Main | 6월 2006 »

太極戦士

週末の深夜です。
いつも以上に極めてマニアックですので
その手の趣味のない方はこれ以上読み進めないほうが得策です。

日本より一足早く、韓国代表が発表されましたね。
2002年組も10人と残っていますけど、だいぶ顔ぶれが変わりました。
実際、わからない選手が多い(笑)。
自分の中で韓国のディフェンダー陣は
ホン・ミョンボ、チェ・ジンチョル、キム・テヨンだったんだけど。
そう考えると今回も代表にいるチェ・ジンチョルってすごい。
あと、ユ・サンチョルとかファン・ソンホンとか。データ古いなあ。
というわけで、2006太極戦士を思いつく限りコメントです~。
※は2002年も代表の人。

GK
イ・ウンジェ(33・水原)※
→ 一人で勝手に中川家の弟と呼んでいます
韓国不動のGKですが最近肉がついてきた

キム・ヨンデ(22・城南)
キム・ヨングァン(26・全南)
→ この二人はまったく知りませぬ。ゴメン

DF
チェ・ジンチョル(35・全北)※
→ 2002のベスト4戦士。息が長い。見るからに真面目そう

イ・ヨンピョ(29・トテナム:ENG)※
→ 昨年までオランダのPSVにいたね。さりげなくプレミアでも頑張っとる

ソン・ジョングク(25・水原)※
→ かつて小野とチームメイトだった
大学時代の同級生とよく似ててちょっと親近感がある

キム・ジンギュ(21・磐田:JPN)
→ 言葉の苦労などを超えて磐田でもレギュラーですな
  ロングシュートがすごいよね

キム・サンシク(29・城南)
キム・ヨンチョル(29・城南)
キム・ドンジン(24・ソウル)
チョ・ウォンヒ(23・水原)
→ すいません。これから覚えます。

MF
イ・ウルヨン(30・トラブゾンシュポール:TUR)※
→ 2002年の後、真っ先に海外移籍決めたのはこの人じゃなかったっけ?
  「李 トルコへ」という見出しを見て、「どの李だ?」と思った記憶がある

キム・ナムイル(29・水原)※
→ イケメンです。女子アナと付き合ってるらしいよ

パク・チソン(25・マンチェスターU:ENG)※
→ご存知。智星です。まだ日本語ペラペラなんだよ

イ・ホ(21・蔚山)
→結構珍しい、ハングル2文字の選手だね

キム・ドゥヒョン(23・城南)
ペク・ジフン(21・ソウル)
→う~む。う~む

FW
アン・ジョンファン(30・デュイスブルク:GER)※
→ 韓国・イタリア・日本・フランス・ドイツと放浪中
  いい選手なのは間違いない。いい男だし

ソル・ギヒョン(27・ウォルヴァーハンプトン:ENG)※
→ 顔が濃い(笑)。海外派遣で化けた選手なんだよね

チョ・ジェジン(24・清水:JPN)
→ 今年は清水の柱になってる。去年はビミョーだったと思うけど

イ・チョンス(24・蔚山)※
→ またスペイン行くか?この前、ACLで観たぞ

パク・ジュヨン(20・ソウル)
→ 一時、「サッカーの天才」ともてはやされたが、最近は?

チョン・ギョンホ(25・光州)
→・・・は、わからない。

予備エントリー
キム・ビョンジ(33・ソウル)※
→頑張ってるね。かつては韓国のGKつったらこの人だった

ユ・キョンリョル(27・蔚山)
→何気に日本人には発音が難しい

チャ・ドゥリ(25・フランクフルト:GER)※
→オヤジそっくり

キム・ジョンウ(24・名古屋:JPN)
→名古屋での印象がないんだな

チャン・ハクヨン(24・城南)
→姿が思い浮かびません。すまぬ。

登録はここまで。
それに漏れたのは・・・
去年まで清水にいた一九分けの頭だったチェ・テウク。
ケガしちゃったイ・ドングク。W杯に縁ないね、この人。
東京にいたオ・ジャンウンはまだユースか。早く選ばれろよ。

さ~て、日本の23人は誰になるのかな。
サプライズはないと言われているけど。
残り1枚か?といわれるFWは誰になるのかいな。

そういえば、韓国で買わされたな。「W杯4強記念切手」を。
切手売りのオバちゃんに。
別にハガキが3枚くらい出せる分でよかったのに
勝手にシートを付けられてしまいました。
断れる勇気も語学力もなく・・・(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

青と赤

♪11時ちょうどの~
あずさ15号でぇ~
私は私は・・・・・甲府に行きました。ええ。
なんでかって?そんなの言いっこなしですよ。

最寄駅から換算すると片道約180キロの旅です。
運良く1週間前に指定席が取れました。
その前日は売り切れだったのですが
翌日にまた見てみたら空席がありました。ラッキーです。
ラッキーは実際に新宿駅へ行ってみて身に染みました。
だって自由席を狙う客の列がすごかったですからね。

悠々と眠りながら1時間半で甲府駅に到着。近いな。甲府って。
で、小瀬に到着。ゴール裏とメインスタンドは完売で
私が手にしていたチケットはバックスタンドでした。
FC東京サイドに行こうと思ったら、こちらはぎっしり。
こりゃあダメだと甲府サイドへ。っていうか思いっきりゴール裏そば。
まあいいや。郷に入りては郷に従えっていうし。

しかし・・・。
試合が始まるときに甲府サポはマフラーをグルグル回すんだけど
自分が持っているのはFC東京マフラーなんだよな。ここじゃ出せない。
それにしても・・・。
今日はすげえいい天気で暑い。長袖を脱いじゃおうかな。
ああダメだ。今着てるのはFC東京Tシャツだった。
メールしようかな・・・。
あ!自分のケータイにはFC東京ストラップがついてるわ。

でもまあ、甲府も好きなチームだし。山梨の血が流れてるし。
昇格したときは感激したし、DVDも買ったし。
今日はこっちで楽しもうかな。

・・・・・。
う~~~む。
そう思って試合を観戦していたのですが
甲府が先制したときはまあまあ喜べたんですけど
東京が追いついたときはもっと嬉しくてですねえ
ルーカスが逆転のヘッドを押し込んだときはもっと嬉しかったですよ。

あ~。わかった。
東京も甲府も好きだけど、順位は完全に東京が上だわ。
なんか気に入っている女性二人を天秤にかけて
やっと自分の気持ちがわかったよ!なんてほざくオトコみたいだけどね。
とにもかくにも、今日は甲府純度が高い客席の中にいました。
隠れキリシタンはこんな感じだったのでしょうか?
レベルが違うか。

今日の試合は3-1で東京の快勝。
川口がキレキレですね。ルーカスもすごいけど。
我が宮沢も前半はチャンスを作っていた。
甲府のファンが驚いていたのはノリカルこと鈴木規郎だったな。

お昼は山梨のファミマ約60店限定、期間限定という
ヴァンフォーレ甲府応援弁当を食べましたよ。
ファミマのHPによると“「高菜・とりそぼろ・たまごそぼろ」のごはんと、あらゆるチームに勝つ!!!ということで3種類のカツ(トンカツ・チキンカツ・メンチカツ)をおかずに取り入れ、さらにソースで、ヴァンフォーレの『V』・ビクトリーの『V』を形どり、ヴァンフォーレ甲府の勝利を祈願するボリュームたっぷりの弁当に仕立てました”と紹介されてました。
・・・はい。そうでした。なかなか美味しかったですよ。
特に美味しかったのは高菜でした。

この日の観客は15427人。甲府の歴史で最高記録なんですと。
ゴールデンウイーク、いい天気、相手の全てが揃いましたからね。

会場の雰囲気はアットホームでしたね。
場内のDJがアウェイに対しても親切だった。
遠路はるばる来てくれてありがとう。
ついでに観光してお金を落としてね!という意気込みを感じました。

帰りは甲州市(旧・塩山市)へ。
親戚がここに集中しているのでついでに墓参りもしましたよ。
いきなり一人でやってきたもんだからビックリしてた。
メールで塩山駅の画像を親に送ったら親もビックリしてた。
「オマエ、いまどこにいるんだ?」だって(笑)。
どこって塩山だよ。

そんな5月3日でした。
とりあえず青赤対決は東京の先勝です。
味スタでもきっちり勝たせていただきますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

立ったり座ったり繰り返す人々

小雨降る中、どういうわけか神宮球場へ。
しかし、身に染みる寒さ。昨日が夏みたいな陽気だったのに。

後輩から誘われました。
いきなり誘いの連絡があり驚きました。
さては、誰か別の人をデートに誘ったけど断られて
仕方ないんで職場と神宮が近い私に声をかけたのか?
・・・と思いましたが、どうやら違うらしい。

それにしても、彼の実家は気合が入っていました。
母上が広島出身ということもあり、バリバリのカープファン。
どれくらいバリバリかというとスカパーに入っていて
大方の試合を見ることができる環境になってます。
それにつられて(成り行き上?)父上もファンになったそうです。
もちろん、2006年度版のファンブックも所有してます。

しかも、彼が球場にいるということを聞きつけて
広島にいる親戚から「今日は君が行ったから勝つよ」
・・・なんてメールが届いていました。なんじゃそれ。

肝心の試合はというと、最初は小雨だし
雨がやんだら風が吹いてきて寒いし
なんだか点が入らない割には、ゲームは長いという
見ているほうには多少つらいものでした。

盛り上がりを見せたのは、ラミレスの打球でしょうか。
ライトポール付近に飛んだ打球を審判が本塁打とコール。
「今のファールじゃねえの?」と怒る広島ファン。
「今のファールじゃねえの?」と抗議するブラウン監督。
「今のファールじゃなかったんだ!」と喜ぶヤクルトファン。
レフト側に陣取る人間にはちょっと見にくい角度でした。

さっそく後輩は審判部(実家)に電話を入れて
ビデオ判定を依頼しておりました。「今のどーよ?」と。
審判部の判定はポールの・・・外!

「やっぱ今のファールだよ!」と疑念が確信に変わり
大いに盛り上がるレフト側スタンド。
そしてそして、なんと本塁打の判定は覆り、ファール!
いやあ、そんなことってあるんだねえ。
でもこれでラミレスが次の球をボカン!と
豪快にスタンドへ打ち込んだら面白いんだけど(笑)
まあ、結果はヒットでした。そこでヒットを打つラミレスも偉い。

あと面白かったのは、抗議でモメている間
待ってる選手も寒いらしく、レフトの廣瀬はなんと
ボールボーイとキャッチボールをしてました。
これまた珍しい光景。野球のできるボールボーイでよかったね。

時刻は9時半を回り
寒さが限界に来た事と、二人の電車の時間が気になり
最終回の攻撃を見ずに帰途へ。
結果は古田監督のサヨナラヒットだったそうですね。
見たかった気もするけど、もう無理でした(笑)。

先日は横浜、今日は広島と見て思ったのですが
広島のファンは元気がやたらいいです。
「前田!前田!前田!前田!」と
赤い服を着た人が、立ったり座ったりを繰り返しています。
最初から最後まで。いい運動だと思います。あれ。
ヤジも結構飛ばしてます。ムチャなこともたまにありました。
微妙なところに飛んだファールフライを新井が捕れなかった時
近くで投球練習をしていた永川に向かって
「永川!そこでオマエが捕るんだよ!」とか。
でも、基本的には試合を良く見ていて、声出しも盛ん。
いいなあとちょっとだけ思いました。

あ、別に横浜が悪いとはいいませんよ。
横浜のファンは優しいなあという印象があります。

次行くときこそ、暖かい日である事を祈ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 4월 2006 | Main | 6월 2006 »