« 常磐線ダービー | Main | マニアですが何か? »

マニアック極まれり

日本が韓国に勝ったその翌日
いい気分の勢いで本屋へ。
「日本は恥の優勝だ」とかおしゃってるようですが
言いたい事は、わからなくもないですが
逆の立場になると・・・ね。

「韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2006」(小学館スクウェア)
買ってきました。
著者の室井昌也氏は日本における韓国野球研究(?)の権威。
ストライクゾーン(http://www.strike-zone.jp/)というHPがあります。

韓国プロ野球は8チームあり、7つの球場で試合が行われています。
ソウルの蚕室(チャムシル)だけは2チームが本拠地にしてます。
リーグはここ数年、観客動員の低迷に悩んでいる様子。

韓国の野球は観に行ったことないですね。
サッカーは行ったことあるんです。
96年に「城南一和vs油公(現・済州)」を。
東大門競技場でした。確か金度勲がハットトリックしたはず。
03年には「安養LG(現・ソウル)vs城南一和」を。
当時、前園がいました。しかし、現場に行ったのに雨で中止。
車で向かう途中、友人が電話したら「やりますよ」と
言っていたのに、辿り着いたら中止ですって。
「だからLGって・・・」と友人はぼやいてました。
日本人にはよくわからん、ボヤキでした(笑)。

で、この選手名鑑。
巻頭にオリックスからSKに移籍した塩谷が載ってました。
日本国籍で韓国でプレーする人は2人目だそうです。
最初は入来兄。이리키って一見、イ・リキという人っぽい。
そういや、塩谷ってショート守るらしいですよ。
イメージないなあ。最初、阪神に入ったときはキャッチャーだったし。

日本人は2人ですが、在日の選手はボチボチいるようです。
日本球界出身選手記録というリストがありました。
(日本球界を経ないで韓国で活躍した山本(崔)という投手がいますけど)
ただ、以前の福士や新浦のように活躍する選手はおりません。
日本でダメなら韓国でという時代は終わりました。
今は、台湾かな。そういうケースは。

さらに名鑑をめくってみます。
「あのライト」でおなじみの、イ・ジンヨンは塩谷と同じチーム。
首位打者を狙える選手だそうですよ。

かつて巨人にいたチョ・ソンミンって昨年から現役復帰してます。
今季が勝負の年になるようです。

いや~。面白いです。
スタジアム観戦ガイドとかその他の情報があって
観光面でも役に立ちそう。
今年は韓国野球とKリーグを観に行きたいですね。

あと、Kリーグガイドとか台湾野球ガイドってないかな。
あったら欲しいんですけど。

|

« 常磐線ダービー | Main | マニアですが何か? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55067/16383436

Listed below are links to weblogs that reference マニアック極まれり:

« 常磐線ダービー | Main | マニアですが何か? »