« 昨日のデーモン閣下 | Main | 「FC東京vs大分」(別名:リチェーリ祭) »

さよなら。スン様

こともあろうにスン様ことイ・スンヨプ選手が
巨人に移籍してしまいました・・・。2億1000万か・・・。
カープからスワローズに移ったラロッカなんて8800万だぞ・・・。
(スン様→2年間で打率.251 44本塁打、132打点)
ラロッカ→2年間で打率.317 58本塁打、156打点)
単純な比較はできないけどねえ。

残留で合意とは言っておりましたが
朝鮮日報を見ていると
色々と不満タラタラだったようなので「出て行くだろう」と思っておりました。
「守備機会を保障しろ!」って言われてもね。
福浦よりうまくなかったらそう簡単にはいきませんよねえ。

やはり頂点を極めた韓国の至宝ですから
会社としては有名でも(しかも日韓で)
野球チームとしてはマイナーの部類に入るマリーンズは
プライドが許さなかったのでしょう。
根拠があったのだかなかったのかわからないけど
韓国では「巨人入りか!?」なんて前から言われていたし。
まあ、“巨人が動いた”というよりは、“巨人に入って欲しい”だったんだろうと思う。
ブランドですからね。

ちょっと前の巨人だったら動きは取れなかったんだけど
東大和の星・江藤を不本意ながら(かどうか微妙)ライオンズに持っていかれたので
「ん?!ファーストが空いていないとも言い切れないぞ」という状態になり
「マネーゲームしません。ポジション確約しません。それでどう?」なんて条件出したら
もうスン様サイドはノー問題。要するに巨人に行きたかったのよ。
箔をつけて来年はメジャー挑戦!という算段でございます。

スン様も好きな選手だったけど
ああやってチームを去ってしまったら、なんか応援できなくなるね。
そのあたりどうなのかと思い、私の好きなマリーンズファンサイト
「我が愛する千葉ロッテマリーンズ」を覗いてみたら
結構、皆さん冷静だった。
マリスタにやってきたら、ブーイングで迎えてあげましょうという雰囲気かな?
セラフィニもスン様もいなくなったって、戦力の底上げがあるという
明るい見通しもあるんでしょう。

色々な意味合いをこめて、イ・スンヨプ選手には頑張ってもらいたいね。

そういえば、サッカーの話なんだけど
グランパスのアン・ヨンハッがKリーグ・釜山に移籍だってね。
当初は仁川じゃないかと言われていたらしいんだけど。
北朝鮮籍の選手では3人目、現役代表では初めてらしい。
あの無尽蔵の体力を韓国でも生かしてほしいね。

入れ替わるように、鳥栖にはユン・ジョンファンがまた来るんだって。
ちょっと鳥栖の本気を感じた。

今年は若い韓国人プレーヤーがたくさん来たね。

そんなことを考えていたら、もうスン様のことはどうでもよくなった。
マリーンズの若手はチャンスが増えた。大松や竹原とか。

|

« 昨日のデーモン閣下 | Main | 「FC東京vs大分」(別名:リチェーリ祭) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55067/8240014

Listed below are links to weblogs that reference さよなら。スン様:

« 昨日のデーモン閣下 | Main | 「FC東京vs大分」(別名:リチェーリ祭) »