« 「大統領の理髪師」観たっすよ | Main | 重たい足取りで柏の葉をあとにする »

サッカーの韓流

k

本屋には全く別のものを探しに行ったのに
赤い表紙のこの雑誌に思わず吸い寄せられて買ってしまった。
「月刊ゴール 8月号」。9月号の特集は興味が無かったけど
バックナンバーとして置かれていた8月号には釘付け。
(この大見出し自体は気に入らないけど)「韓流」と書かれていて
韓国サッカーの現状やら何やらが紹介されていた。

この雑誌を出している会社は(株)エスパルス。
そう。清水エスパルスを経営している母体なんですな。
こういう雑誌を出していることで儲けになるのかどうかは知らないけど
サッカーどころの清水らしい気骨のようなものを感じてしまう。
広告に、静岡銀行や鈴与グループ、はごろもフーズとかあって
ローカル色がかなり出ていて良かった。

さて、件の中身はというと
最近「週刊サッカーマガジン」で韓国情報が流れなくなっていて
淋しい思いをしていたものだから、それだけでグッド。
内容もどっちかというとコアな方を攻めていて
「サカマガ」が“手広く”ならば
「ゴール」は“より濃く”という感じ。
まあ、そうはいっても「サカマガ」は週刊だし
何十ページもかけるような特集は組めないから
そのあたりは比較しても仕方ないけども。

記事を読んで驚いたのは、東大門競技場はサッカー場ではなく
変なものを売っている店に変わっていて
グラウンドはすでにコンクリート打ちされて駐車場になっているという現実。
電光掲示板と照明はそのまま残っているそうだけど。

私が初めて生観戦したプロサッカーはJじゃなくてKだったのだけど
その試合こそが、この東大門競技場だった。
カードは「一和(現・城南一和) vs 油公(現・富川SK)」。
当時のKリーグはとてもお寒い時期で観客も少なかった。
あの試合は誰がいたっけなあ。
まだ、シン・ウィソンに帰化していなかった頃のサリチェフがいたよ。
あと、後に日本にも来た選手がハットトリックをやった記憶があるんだけど
それが誰だったか思い出せない・・・。

それと、日本人は蚕室スタジアムって名前を聞くと
なんだか、胸がキューっとなるのだが(なるか?キミは)
蚕室もいまは、ワールドカップで作られたスタジアムに
主役の座を完全に奪われてしまっているのね。そうだったのか。

あ~。もっとコアな情報をどんどん仕入れたい。
ついでにタイのリーグとか、シンガポールのリーグとか。
あんまり仕入れすぎても訳わからなくなるけど。

|

« 「大統領の理髪師」観たっすよ | Main | 重たい足取りで柏の葉をあとにする »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55067/5755439

Listed below are links to weblogs that reference サッカーの韓流:

« 「大統領の理髪師」観たっすよ | Main | 重たい足取りで柏の葉をあとにする »