« 週刊朝日増刊「2005 甲子園」の個人的読み方 | Main | 「大統領の理髪師」観たっすよ »

世界陸上面白いっす

いま、TBSでやっている世界陸上をみております。
明日休みなのをいいことに夜更かしです。

面白いですなあ。世界陸上。
為末の400メートルハードル銅メダルには感激したね。
これはさすがに、オンタイムでは見られなかったんだけど
朝起きて、ニュースでやっててジーンときた。

お父さんが亡くなって、どん底に落ちて
そこから這い上がって・・・なんていうサイドストーリーが紹介されて
感情を入れやすくさせておいて、ドーン!というわけですよ。

しかし、ハードルを跳ぶといっても単に力と技の戦いだけじゃなくて
雨やら風やらの天候にスケジュール等、様々なものに左右されて
それに対して冷静に対処するという
フィールドに立つまでにあらゆる駆け引きがあるってのが奥深いね。

それは、12日午前2時にやっている棒高跳びもそうみたいで
一人に与えられている跳躍までの持ち時間ってのがあって
その間に風などのいい条件を模索したりとか。
5メートル35はパスして、50からトライするとかしないとか。
その間に天候が良くなったり悪くなったりもしちゃうと条件悪くなるし
いざ跳んでみたら、あまりいいジャンプができなくて
簡単なうちに跳んでおかなかったから
記録自体が残らなくて、そいつは大変だ・・・みたいなこともあったり。

今回で5回目の司会となる織田裕二。
賛否は当然あるんだろうけど、私は“賛”だな。
最初の頃はうるさいと思ったけど
一人ではしゃいでいるのがいいね。
織田のあしらい方を編み出した中井美穂もいい!(笑)

まあ、織田クンはちゃんと勉強してますよ。
かなりがっちり調べている。
その裏づけがあって、ああでもないこうでもないと話すから
文句の付けようもあまりない。いいんじゃないですかね。

|

« 週刊朝日増刊「2005 甲子園」の個人的読み方 | Main | 「大統領の理髪師」観たっすよ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55067/5428891

Listed below are links to weblogs that reference 世界陸上面白いっす:

« 週刊朝日増刊「2005 甲子園」の個人的読み方 | Main | 「大統領の理髪師」観たっすよ »