« 6월 2005 | Main | 8월 2005 »

MXは今年も高校野球を・・・

7月18日(日)
◆とちぎテレビ◆
足利工-馬頭
宇都宮北-作新学院

23:40からダイジェスト


◆テレビ埼玉◆
浦和学院-狭山経済
埼玉栄-埼玉平成
入間向陽-鷲宮

23:15からダイジェスト


◆ちばテレビ◆
桜林-若松
市川-犢橋
白井-成田国際

22:30からダイジェスト


◆群馬テレビ◆
富岡-前橋商
前橋育英-関東学園大付
明和県央-高崎東

22:00からダイジェスト


◆テレビ神奈川◆
百合丘-横須賀
横浜商-足柄
七里ガ浜-平塚工科

21:40からダイジェスト


◆東京メトロポリタンテレビ◆
テレショップ
テレショップ
テレショップ

ダイジェスト?ないよ

はあ。今年もか。MXは高校野球中継をまともにやらんのか。
開会式と開幕試合と、あとは準々決勝から・・・。
神宮球場以外はいかないってことね。
最初の頃は序盤から中継したじゃん。
ツッコミどころ満載の直前特集番組もやってたじゃん。
今年は、都内の高校の放送部が番組に携わるとか
それはいいんだけど、早々と消えてしまう学校には
光が当たらないのだろうかいね。毎年思うんだけど。
それはお金にならないのだろうか。厳しいね。

MXの数少ないいいところは、FC東京の中継かな。
今日は横浜Fマリノスとの録画中継を見た。
4-0だって。こういう試合を見たかったんだよ~。
勝ててバンザイ。ライブで見れなくて残念。
43000人も来たんだとさ。ますます残念だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

巨人戦の視聴率

巨人、もう終戦…!? 2試合連続の大敗となった13日の中日戦の平均視聴率(日本テレビ)が、今季最低の6・0%だったことが14日、分かった。サッカーW杯アジア最終予選の北朝鮮戦と重なった6月8日のロッテ戦(テレビ東京)の6・1%をさらに下回り、オールスター戦前としては異常な低空飛行に、系列の日本テレビも「(メークドラマの)最後の期待が裏切られた結果」とさじを投げたようなコメントだった。  ビデオリサーチ(関東地区)によると、13日夜の巨人-中日戦中継は、同時間帯のテレビ東京「いい旅・夢気分」(午後8時)の10・4%にも完敗し、全局で最低。テレビをつけている世帯の何割が番組を見ているかを示す占拠率も8・1%まで落ち込んだ。(以下略) <日刊スポーツ> - 7月15日9時56分更新

大変ですなあ。
年代別に見ると、若い層が壊滅的だとか。
そういや、私もあまり見てないよ。
野球やってる時間に帰ってくることもあまりないし
たまに早く帰ってくると、試合も早く終わったりしやがるし(笑)。

ゴールデンタイム6%なんていってたら
普通の番組だったら、絶対に打ち切りの数字でしょ。
ほら、久米さんの番組も見ないまま終わっちゃった。
それに、巨人戦の放映権料って1試合1億円とか言われてるじゃないですか。
1億も払えるのはそれだけ多くの人が見て、宣伝の効果があるわけで
その効果が見受けられないのならば、そんなにお金は出せなくなるでしょう。

さらに厄介なのが、その放映権料をアテにして年間の運営をしているチームがあって
巨人戦が26試合あって(だっけ?)、うち13試合がホームで
そのたびに全国中継で1億円が入って、13億。
それをあれに使いこれに使い・・・なんて考えてるのに
「1億の価値はねえ!」ってことになったら、見入りも減るし
そうなっちゃうと選手を獲得するのにおちおち裏金なんぞ使ってられないし
今いる選手にだって、高額なサラリーは払えなくなるし
「やってられねえよ!メジャーへ行く!」と選手に逃げられて
(安い!という選手も大半は思い上がり?空気読め?)
あとはズブズブズブ・・・・・。

まあ、サッカーだって視聴率が取れるのは日本代表だけで
Jリーグ中継の数字なんてそんなたいしたことはない。
ボクシングだって、数字が読めるのは世界戦くらいでしょ?
そんなもんなんでしょうねえ。

だからといって野球の人気がどんどん落ちているってわけでもなくて
地方に分散したっていうんですか。選択肢が。
北海道、仙台、千葉、大阪、福岡とかね。
東京で流行ってないからといって全国でもそうだと思ったら大間違いなのよね。
それはもちろんJリーグにも同じことが言えて
いま、「Jを目指そう!第2次ムーブメント」が起きてるよね。
第1次は、チームを呼ぼう!だったけど
第2次は、地元から昇格しよう!
石川もだって。地域リーグの金沢SCを母体に2007年のJ2を目指すって。
それも気が早い。ザスパが見せた強力なトップダウン方式かな。ここは。

でも、そんな大変なジャイアンツですが
スポーツ紙情報だと来年は谷とカブレラを獲りに行くのだとか。
まじっすか。まだやるんですか。そういうの。

どうするんですかねえ。
オリンピックの競技から2012年は外されちゃったし
ワールドカップやるとかいってるけどよくわからんし。
サッカー選手は海外のチームに移籍しても日本代表として帰ってきて
色々なものの還元があるけど
野球はメジャーに行ったらそれまでだもんな。
基本的に移籍金みたいなものは入ってこないし。
この閉塞感・・・。
ああ、巨人だけの話じゃなくなっちゃったね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー移籍あれこれ

アン・ジョンファンの移籍が決定ですか。
メッスというフランスのチームだそうで。
最初、yahooの速報では「メッツ移籍」とあって
何だ?アン・ジョンファンはニューヨークで野球やるのか?
なんて思ったけど、そんなわけないか。
出場機会の多いチームで頑張って
翌年にスペインやイングランドを目指すのだとか。
頑張って欲しいよね。
2005-2006シーズンのリーグ1は
アン・ジョンファンに中田、松井が戦うわけだ。

エメルソンも移籍・・・。
どこへ行くのかと思ったらカタール。
なんだ。スペインじゃなかったのか。
遅刻遅刻の繰り返しだったエメも最後はチームが切れて放出か。
なんなんだろうなあ。
日本国籍取る取らないとか話題になったんだけどね。
「エメ丼」はどうなちゃうんだろうか。

しかも、入れ替わりでやってきているMFのブラジル人選手が
ものすごい真面目なんだってね。えらい違いだ。

シュンスケはどこに行くのかねえ。
スコットランドっていうのは日本にはなじみがないけど
どんなレベルなんでしょうかね。
それともスペインに決まるのかな。


サッカーの話じゃなくなるけど
“破壊王”橋本真也の訃報には驚いた・・・。
彼が全盛の頃はプロレスもよく見ていたっけ。
40歳はまだ早いよね。合掌。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

またもロスタイムか!!in味スタ

050702-1846
試合開始を待つ

行ってまいりましたよ。味の素スタジアムに。
J1が再開されて、さっそく行ってきたわけですよ。
中断前のわがFC東京は、全く勝てない日々が続いて
悶々とする日々が多かったわけだけど
インターバルを経て心機一転頑張ろうということになったわけです。

チームにどうも馴染めなかった、“ダァニィロゥ!!”を
メキシコリーグに放出し、変わりにパラアグイ代表を獲得しましたね。

そんな巻き返しに期待が集まって
この日の味スタも多くのサポーターが来ておりました。
相手がセレッソということで大阪からはあまり人が来なかったけど
青と赤を身に着けた人はたくさんおりました。

前半は0-0。決め手に欠いておりました。
「でも、久々の試合だし・・・」となんとなく心の余裕があったかな。

050702-2004
後半を待つ

後半に入っても、すっきりしない展開。
ゴール裏からは、この日ベンチスタートのルーカスを求める声。
そしたら、すぐ出てきました。監督も出す必要を感じたんでしょ。

その直後、戸田がヘディングであわせて先制!
2分後には、ルーカスが詰めて押し込んで追加点!
いや~。これは気分がいい。大変に気持ちがよろしいぞ
・・・と、機嫌よくゲームを見ていたのに

75分、セレッソがまずPKで反撃。
遠くでよく見えなかったけど、PKになるようなプレーだったのかなあ。

そうなると、ちょっと前の“おびえるFC東京”の姿に逆戻り。
見ているほうもだんだんと不安になってくる。
守れよ。何とかしろよ。押さえてくれよ。
そんな願いもむなしく、ロスタイムにフリーキックが直接入って同点に。

「あ~!まただよ!!」
異口同音に、みなが発する。
一同、がっくし。本当にがっくし。
ロスタイムの最後にやってきたフリーキックのチャンスも
ルーカスのキックはブロックされてしまい万事休す。

ひきわけ~。負けなかったからいいのかもしれないけど
勝てた試合をまたモノにできなかったという感じが強い~。

今日は珍しく、選手が挨拶へ来る前にスタジアムを後にしました。
落ち込んでしまったということもあったし
前後半ともロスタイムが長かったので、帰りの電車が微妙だったので。
あ~。今日も悶々と電車に乗ることとなってしまった。
あの後、どうなったんだろう。拍手で迎えたのかな。ブーイングだったのかな。
誰か暴れたりしていないだろうな。ちょっと心配。

来週は“東京ダービー”なんだけどね。
試合開始早々のゴール裏は
♪ヴェルディだけには負けられない
と歌っていたけど、いやいやよそ様のことを言ってる余裕はないよ。
それに、一部のおバカちゃんが看板を汚したりしたから
まずは、ヴェルディに謝らないといけないし(笑)。
なんて思っていたら、そのヴェルディはガンバに7点取られてた。
おいおい。それもどうなんだと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 6월 2005 | Main | 8월 2005 »