« 4월 2005 | Main | 6월 2005 »

なんでこんな日にホーリーホックは

今夜の帰りの電車はなんだかすいていた。
ガラガラということはないけど、「座るぞ~」とがっつけば
席をゲットできないということもなかった。

週末だから、早く帰ろうと思ったのかな。
でも、自分も割と早かったしな。
ゴールデンウイーク後の疲れがじわじわやってきたのかも。
これはありうる。
天気予報で、夕立が降るかもと言ってたから
降られる前に何とかしようと動いた人が多かったのかもしれない。
これ有力?

あ、あとはもしかしたら今夜は
「日本vsUAE」のサッカーがあったから
UAEということはアジアだから、これはW杯の予選か?
そいつは一大事。早く帰って応援せねば!
と、勘違いした人が多々いたのかも。
まあ、それはないか。“青ユニ = にわかファン”を決めつけすぎか。
いくらなんでもそこまではないだろう。
みんながみんなにわかじゃないことくらい、よくわかっているし。
しかしまあ、私は試合をほとんど見れなかったので
よくわからないんだけど、ガッカリしたでしょうなあ。
フレンドリーマッチとはいっても、負けてしまうとね。
これでバーレーン戦は大丈夫なのか?なんて、煽りが入るんだろうな。

よくわかんないといえば、我がJリーグの運営。
J2の水戸ホーリーホックはなんで今夜試合をしてたんだ?
土日にできない理由があったのか?
ど~お考えたって、集客が期待できないでしょ。
平日の夜に笠松(東海村)は。しかも、代表戦のあった晩に。
何か記念日マッチだったのかな。
でもね。やっぱ観客は2000人いかなかったし、ちょっとおかしいかなと思う。
ただでさえ、財政苦しいチームなのにマーケティングもへったくれもない
日程は厳しいんじゃなかろうか。

何も事情を知らないんで、無責任に綴っちゃってますけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

味スタ・・・落胆・・・

今日は母の日だから、実家に顔を出して
ついでだから味の素スタジアムに行こうと考えた5月8日。
まあ、むしろこちらがメインだったんじゃないかとも思われます。

なんといっても今、FC東京が大変な状況。
これはなんとしてでも駆けつけなければ!!!

しかし、今回は母の日云々で多摩地区へ行くのは一人じゃないので
そのもう一人も強引に味スタへ連れ込まなければならない。
だから、このたびは初めて指定席を購入。いつもの倍の値段だった。

ajista0508-1


ajista0508-2

指定席だから、急ぐことないから、ゆっくりと飛田給に参上して
座席に着いたらかなりビックリ。ピッチ近ええ!
いつもとは違う角度からサポの姿が見える。ぎっしり~!
しかも、当然ながらいつも以上の気合が入っている。
すげえぞ。

入場時に選手全員の署名が入った紙を配布したことでも明らかなように
この日のFC東京はボールのチェックが早くとても気合が入ってました。
それが時には空回りっぽくなっていた感じもあったけど
とにもかくにも、先制されながらも逆転をし、突き放し
こいつはいよいよなんとかなるかも知れん!
・・・と思ったのに、オウンゴール気味な点を決められ
最後はロスタイムに突入してから大宮の森田に同点ゴールを決められてしまいました。
私を含めて、周囲から「マジかよ~!!」という絶叫。
勝ったぞ!イエ~!と盛り上がる寸前に、大きな落胆・・・。
リスさんこと大宮も嫌いなチームじゃないけども
森田も出場時間の割に効率よく点を取る選手だということは知ってけども
この試合でそんなのをやってくれなくてもなあ・・・。・・・。

キレキレだった石川ナオは最後の最後にビッグチャンスを生かせず
しかも足を怪我してしまい、悔し涙(だと思う)にくれていた。
「あれはファールじゃなかったのかよ」という気持ちもあったのかな。

ajista0508-3

3-3だから負けたわけじゃないんだけど、へこみましたなあ。
でも、サポーターはこれまたいつも以上に拍手と歓声を送っていた。
それを見て、ちょっとジーンと来てしまった。
一説に「ハラヒロミ解任」という噂があるらしいけど
それをしてくれるなというアピールでもあるんだろうな。
確かにあのキャラは捨て難い。なかなかあんな人は出てこないよ。

さあ、次こそ頑張ろう。お前には俺たちがついてるぜってな。

そうそう。母の日は、夕食をご馳走して終わりました。
ご馳走といいながら、半分は私の愚痴披露大会だったけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

海浜幕張駅大混雑

快進撃を続ける千葉ロッテマリーンズを観に海浜幕張へ。
いい天気だし、ゴールデンウィークだし絶対に混んでると思い
集合は試合開始2時間前の11時に設定。
新松戸から武蔵野線に乗り、南船橋で京葉線に乗り換え。
南船橋ではマリンスタジアムの隣にある幕張メッセでやっている
「幕張メッセ“どきどき”フリーマーケット2005」のチケットを売っていて
その行列がえらく並んでいた。

南船橋から海浜幕張はすぐ。降りると人・人・人。
メッセに行く人、マリスタに行く人、その他(住人?ナンパ?勧誘?)・・・。
kaihinmakuhari

この日、一緒に行ったのは高校の同級2人。
二人とも夜中にシゴトをして、そのままの登場だった。
一人目は集合時間にきちんと登場。
しかし、コイツはメールを打とうが電話をしようが
つかまらないし、返事も来ないのでどうなるか不安だった。
「いやあ、メールの返事をしようと思うんだけど、忘れちゃうんだよねえ」
・・・。お前の言い訳はもう聞き飽きた。

もう一人は30分遅れて登場。
まあ、仕事柄、ナイーブなこともあるのである程度は仕方がない。

とにかく人が多い、海浜幕張駅周辺。
案の定、その多くは千葉マリンスタジアムへ向かっていた。
内野自由席の前売りチケットを買っていたのだけど
当たり前のように一塁側なんぞは座れない。開始1時間前じゃあね。
結局、座れたのは三塁側の二階席。座れないよりはいいけども。
mari-sta

そんなギリギリに近い入場だったので、ベニーの弁当は仕方ないにしても
普通の弁当も購入できず、おにぎりと焼き鳥が昼食に。
それを食べていると、Mスプラッシュというダンスをするガールズが
新しく生まれ変わるということで、派手派手しく登場してきたんだけど
マイクを持っていたオネエちゃん、緊張してたんじゃないのかな。
「イエー!」とか「フー!」とか言ってたけど、少なくとも私の周りは引いていたような・・・。
これから徐々にこなれてくる・・・んですよね?たぶん。

国家演奏の時は、バイオリン奏者の人がホームベースそばにいたのに
なんと音が流れず。えー。スタッフ~~!
結局、テープで音楽が流れて、奏者の方はその場を去りました。気の毒。

試合は10連勝中のマリーンズと100敗ペース驀進のイーグルス。
そのとおりの試合になるかなあと思ったら
イーグルスが案外と粘っていて、良かったですね。
でも、マリーンズが負けるような雰囲気はなかったなあ。

イーグルスの打線が本当に弱くてね。
ロペスとディモンが打てそうな感じしないもの。
いくら高須、酒井が打っていても繋がらないとね。
ラス。巨人の頃の記憶ってまったくないです。
小山。いい速球を投げていたんですけど
それを福浦が10球ねばって、走者一掃のツーベース。
すごい打球だった。

9回表はコバマサがビュンビュンと速球でイーグルス完全封じ込め。
も~お、これこそ、まったくヒットを打たれるような予感なしでございました。

一緒に来ていた友人は別にマリーンズを応援していなかったけど
あの応援にはびっくりしておりました。
一度現場を見てみたいと思っていたそうですが、想像以上だったとのこと。
そうなんですよ。ふっふっふ。
でも、それぞれ別に贔屓のチームがあるので
ハラハラドキドキしながら観戦するほうがいいと申しておりました。
でも!でも!マリンはまた行きたいとも言っておりました。
mari-sta2


帰りの道のりは当然のことながら、行きよりも混雑。
マリーンズショップは入場規制をするほどに混雑。
あ~あ。小林雅英か渡辺俊介のユニを買おうかと思ったのに。

keiyo-line

混雑を抜け、東京駅の長い通路を抜け(行きは使わなかったけど)、新宿へ。
夜はさらに2人を加えて、アジア料理を楽しみ
この日は終わりました。疲れました。
でも、千葉マリンはまた行きたいですな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 4월 2005 | Main | 6월 2005 »