« 日本のサッカーも大詰め | Main | 謎の国との対戦 »

ロッソ熊本

 熊本でJリーグチームをつくる運動を進めている県民運動推進本部(本部長=永野光哉熊本県体協会長)は7日、新チームの名称を公募により「ロッソ熊本」に決めたと発表した。九州リーグに所属する地元のアルエット熊本を継承する形でチームを一新し、来春から同リーグに参戦。最短で2007年のJリーグ2部(J2)入りを目指す。  ロッソはイタリア語で「赤」の意味。熊本は古くから「火の国」とも呼ばれている。チームカラーは赤。  年内にチーム運営会社「アスリートクラブ熊本」(仮称)が地元企業32社の出資で設立される見通し。既に前柏レイソル監督の池谷友良氏が新監督に内定。入団テストなどを経て、年明けにチーム編成を決める。 

[時事通信:2004/12/07 17:23]

そうか。熊本もいっちょがんばるのか。
J1に大分トリニータ。J2にアビスパ福岡とサガン鳥栖。
まだ下のカテゴリーだけど、ヴォルカ鹿児島があって
宮崎はなんだ?プロフェソール宮崎って前はあったけど。
いまあるサン宮崎ってのが、その後継?

そいでもって、これまで全く動きがなかった長崎も
有明FCというチームと国見の小峯監督ルートを使って
いよいよ本格的に動き出すとか。

件のロッソ熊本も3年後にJ2を目指すとか。
ザスパもトントン拍子で上っていったからね。
まあ、あんなふうに色々なものを巻き込むのは容易ではないと思うけど。
ロッソはかなり本気だな。

そのうちJ3ができるから、多くのチームができるといいよね。
大金は稼げなくても、ずっとサッカーに関わっていられるっていいじゃないすか。

地域密着っていい考えだけど、サッカー以外ではなかなか上手くいかないのが
大変だけどね。今が時代の変わり目かな。

|

« 日本のサッカーも大詰め | Main | 謎の国との対戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55067/2186839

Listed below are links to weblogs that reference ロッソ熊本:

« 日本のサッカーも大詰め | Main | 謎の国との対戦 »