« オレ流とはよくいったもので | Main | 戦力外通告 »

さらば。川崎

中日の開幕投手だった川崎投手が引退しましたね。
晩年は肩を壊して、投げられないばかりか
いたずらネットユーザーの標的にされて
登板がないのにオールスターのファン投票に選ばれちゃったりして
苦労の連続だったようです。

私の川崎投手の記憶といったら
津久見高校のエースだった頃まで話が戻ります。
これから書くことは、裏づけをしていない私の脳が語ることなのですが
(まあ、自分のページなんだからいいのか)
甲子園は出たけども初戦かなんかで敗退なんだよね。
相手のチームが「なかなか打てないから」と
とにかくファールで粘って球数を投げさせて
疲れが出てきた終盤に畳み掛けて勝っちゃった。
・・・そんな試合でしたよね。

それでも、甲子園での結果というのはドラフトには全然影響なくて
ヤクルトと巨人が1位指名して、ヤクルトが獲得。
巨人は左が欲しかったはずなのに
前田(福岡第一。現・巨人)、篠田(大垣商。引退)、今中(大阪桐蔭。引退)
といった好投手を回避して
それでもこの右の本格派が欲しかったんだけど
指名争いに敗れてしまったのよね。
かわりに指名したのが、たくぎんの吉田投手。
巨人ではパッとしなかったけど、ダイエーで花開いた人だね。
ちなみに、ヤクルトの2位指名は高知商の岡幸俊。
4球団が競合ということである意味、こちらのほうが注目度が高かった感じ。
しかし、彼は故障などもあり、投手では活躍できず
打者転向もしたけどダメでしたねえ。

で、件の川崎投手は1年目からそこそこの活躍を見せます。
当時の関根監督が「もう2軍レベルではないから、1軍で鍛える」といって
中継ぎとかでバンバン使ったはず。
それからの活躍は周知の通りなんだけど
なぜか私は、この川崎と今中の2人がいつもリンクしています。
高校から同期の入団ということはもちろんですが
その後の活躍もだいたい同じくらいで
勝利数や年俸などもいつも競り合っていたような気がします。
本人達が意識していたかは知りませんけどね。
今中投手も最後は肩痛との闘いでしたね。
あのスローカーブ。すごかった。
引退後に出した本のタイトルが『悔いはあります』だったっけ。
リアルなコメントです。

日本シリーズでMVPになったり、ヒジを痛めたり
そいでもってカムバック賞を貰って、最多勝を獲って
沢村賞を貰ってと色々のイベントを経て
FAで中日に移籍となりました。
行かないと思ったんだけど・・・。
当時はまだ特番だった「NANDA!?」の出演が後押しになったとか。
いや~。本当に、当時は残念だと思ったな。

中日では不遇のまま、昨日で引退。
相手は古巣のヤクルトで、しかも粋な計らいで
故障をしていた古田が「1番・センター」で打席に立ちました。
もちろん、一打席だけで守るわけじゃないですが。
最後の登板は三者三振で終了。
見事な幕引きでした。
お疲れ様でしたと言いたいです。

それにしても、ヤクルトからFAで離れた選手とか
契約の延長をしないで他球団に移った外国人とかって
あまりよそのチームで活躍したって聞かないですよね。
選手の見切りが上手なチームなのかしら。

|

« オレ流とはよくいったもので | Main | 戦力外通告 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55067/1593786

Listed below are links to weblogs that reference さらば。川崎:

« オレ流とはよくいったもので | Main | 戦力外通告 »